2016年10月20日

一番食園

K_1R3763.jpg
以前も行った広島県福山市の一番食園なのですが、気に入りまして、また行かせていただきました。
平日のみのメニューですが、ここのミックス定食は最高です。
かなり満足のいくメニューだと思います。

K_1R4884.jpg
一番食園にて・・ミックス定食を頼みました。700円です。


つづき
posted by 超画伯 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

2016年10月13日

さっ・・制作制作

PA130763.jpg
オキナインコの荒鳥の”オクラ”さんです。
2歳で、手乗り経験無し・・人を見れば、この世の終わりのように心臓バクバクの慣れていない鳥さんです。
ぼくの使命は、このオクラさんから、人間に対する恐怖を取り除いてやることです。
ひたすら絵を描きながら、近くに寄り添ってもらうのです。
恐怖は恐怖のままで良いか?いんや、良くない。
ここは日本だし、彼(彼女?)の故郷からは、はるかに遠い・・ならば人間と楽しく暮らして美味しいご飯でも食べているほうがストレスなくて退屈も無いでしょう。

先日、とある劇団の劇を見ました。けっこう長かった。腰が痛くなりましたが、それ以上の感想はありません・・申し訳ありません。
最初に、「意味はありませんので」と、ことわりがありましたので、最後までそれを貫いたのだから、嘘偽りは無いのです。
そう、現代の最も崇高な使命というのは、従順な労働者の育成であり、ゆとり政策や、派遣労働における政策等を見ても分かる通り、思い通りになる従順な労働力が不可欠なのです。
そういう人たちに必要なのは喜怒哀楽の中の喜と楽だけであって、4つが揃えば思考に変わってしまうので、従順さも失われますし、疑いを持つという不幸を嚙み締めなければならないのです。
そう、成長することを諦めて、無力感からも脱却して、小さな喜びを噛み締めようと啓蒙する必要があるでしょうし、お上の言葉にあふれるネットやらTVやらセミナーやらこそが真理なのであり、ここに階級が固定されることにより、上流には安定を、下層には心の平穏を・・というのが、芸術の役割なのでしょう。それ以外をやろうものなら、皆様がネットでも監視しておられる!
すぐに切られる社会に必要なものは従順さですし、もしそこで矛盾を感じるならば、この世を去ってくれてけっこう。そういう社会こそが、これからの人間に必要な社会であり、そこに住む進化した人間なのであります。
そう、考えてはいけない。もう一つ必要なものがある。従順な労働力の繁殖と職からの離脱を避けるために必要なものは飢えでしょう。
そうなっても小さな喜びを噛み締めよう。考えてはいけない。魔法の言葉で世の中を覆いつくそう。そう、あなたは幸せなんだよ。
お上に逆らっては芸術は成り立たないのだから、それを啓蒙するのが芸術の役目なのです。お上は自らの声を発する芸術を求めているのでしょうか・・深層の部分で。

というわけで、それとは関係のない制作をだらだら始めます。
posted by 超画伯 at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月08日

名曲喫茶 時の回廊 中村智道ミニ個展 「パーツ」

以下の内容で、個展+上映会を行います。画像はクリックで拡大します。
パーツ_表面-[更新済み].jpg

パーツ.jpg

中村智道 ミニ個展  パーツ
会期:11/12(土) 〜 12/3(土) 定休日(水)
営業時間 ◆   10時〜18時まで 

現在制作中の映像作品「スピリッツ」を制作するために作られている映像の主要な部品である絵画「パーツ」を一部「名曲喫茶 時の回廊」にて展示いたします。

つづき
posted by 超画伯 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会

2016年10月04日

蟻んこ/角南育代・Yunkyung Lee・大西千夏-三人展-写真

SDIM7944 のコピー.jpg
こちら、大西千夏さんのパフォーマンスの写真を記録させていただきました。
この展覧会は、角南育代さん・Yunkyung Leeさん・大西千夏さんの-三人展-とのこと。
会期は2016/10/1〜10/10まで倉敷市東町1-24 町屋トラスト「蔵」であるようです。毎日やっているわけではないので、事前確認お願いいたします。詳しいことは、ぼくは知りませんので、関係者の方にお伺いください。
情報などはDMで告知されていると思いますので、興味のある方は是非。

K_1R4487.jpg


つづき
posted by 超画伯 at 01:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真日記

2016年10月02日

K_1R4284.jpg
(PENTAX K-1/CHINON 500mm F8)

だんだんと体が動くようになってきました。
惰性なんですが、今日はミラーレンズ一本のみです。撮影時間もせいぜい30分、近場の高速道路の高架橋付近をうろうろしました。
というわけで森ではありませんが、なんとなく森のように見えたので、そのように書きました。
このミラーレンズ、重いわでかいわ解像しないわで、一見良いところ無さげなんですが、ぼくが好きなレンズです。
絞りもないので解像や被写界深度の調整すらできません。
ですが、光に対する角度で大きく表情を変えます。
最近のコーティングの優れたレンズは何でも綺麗に撮れるのですが、絵描きのぼくには面白くない描写でもあるんですね。
まぁ、人によってはクソレンズだと思うのですが、いちいち変な光が出ても、絞りも無いので、そのまま見えるのが良いところといえば良いところです。案外、思った通りに撮らせてくれるレンズなんですね。

K_1R4283.jpg
(PENTAX K-1/CHINON 500mm F8)
周辺減光も酷いもんですが、これも利点になりうると思うんですね。後処理で出来るとおっしゃる方もいるかもしれませんが、そういうのって、本来の諧調を殺しませんか?もとから周辺減光があるのと無いのでは、色々と処理をするにしても違うと思うんですね。
これは、カスタムイメージの銀残しです。
ものすごく狭いところを撮ってるんですが、なんとなく森っぽいです。
というか森に見えたから撮ったわけです。

K_1R4297.jpg
(PENTAX K-1/CHINON 500mm F8)
高架橋の下です。この下のコンクリートの上にも植物が自生してるわけですね。


つづき
posted by 超画伯 at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

モデルは鳥さん

K_1R4005.jpg
とりあえず、コイネズミヨウムの濃太郎さんです。
撮ろう撮ろうと思いながら、何年も撮っていませんでしたし、撮影のテストもしたいので、撮りました。
機材は、すべて(PENTAX K-1/Sigma 50mm F2.8 EX DG Macro)の構成です。

K_1R3999.jpg
何故か発情

K_1R4015.jpg
羽の手入れはじめました。

つづき
posted by 超画伯 at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

一番食園で焼き肉など食べたり、歩いて撮影など体力作り

K_1R3763.jpg
(PENTAX K-1/SMC PENTAX-FA 50mm F1.4)
一番食堂という、福山駅に比較的近い焼き肉屋なのですが、ここの昼の定食は安くて美味いのです。
非常に体力を失っていたため、肉など食って、歩いたりするスケジュール。

K_1R3758.jpg
定食の名前は忘れましたが、平日のみのメニューで700円だったか、750円だったかで、非常にボリュームがあります。
個人的に、個人経営の店が好きで、この店に関しては、表に書いているとおり、昔ながらの感じの店です。
最近は、企業理念がどうやらとか、セミナーで洗脳されたようなマニュアル通り動く店員の店ばかり増えてしまって、疲れているときには息がつまりますね。。

K_1R3760.jpg
(PENTAX K-1/SMC PENTAX-FA 50mm F1.4)
ワンコがいます。

こういう感じで食事しながら、日々散歩をして体力作り。カメラを持ち歩いているので、計10キロ程度の負荷があります。重いですが、これで歩くことが重要です。

K_1R3766.jpg
(PENTAX K-1/SMC PENTAX-FA 50mm F1.4)
海へ

K_1R3795.jpg
(PENTAX K-1/Samyang 14mm f2.8 IF ED UMC Aspherical)
草ぼーぼーの廃墟などありました。
鞆の浦です。

K52S8386.jpg
(PENTAX K-5Us/Samyang 8mm F3.5 Fisheye CS)
猫発見


つづき
posted by 超画伯 at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

2016年09月24日

動かねば

しばらく体調不良のため、あまり動かなかったのですが、あまりの運動不足で足腰が弱って、体が非常に重くなってしまいました。
あまり気が乗らなかったのですが、口実として、つまらない写真でも撮ることに。とりあえず行った先でうろうろすることにしました。
これを週に何回か行うことで、体力を戻さなければなりません。
ただ歩くだけでも良いのですが、それだと退屈すぎて続かないため、とりあえず機械を持ち歩きます。
持ち歩いたのはPENTAX K-1とSIGMA SD14の二台です。レンズと合わせると、重量はけっこうなものでしょう。
最新と古いカメラの組み合わせなんですが、パッと見では、昼間の明るい時間ならばSIGMAが綺麗に見えますね。センサーも小さいですが、出力500万画素に満たない三層ローパスレスの画質は健在です。
最新のK-1に関しましては、これまで持ってたレンズでやっていこうと思います。ここでは使っていませんが、思いのほか昔の小さく軽いレンズでも綺麗に写ります。もちろん、細かく見ていくと、そうでもないのでしょうが、重いレンズだと3本ほどしか持ち歩けませんので、相変わらず小さいのばかり運んでいる状態。SIGMAは仕方ありませんが、PENTAXだと、どうしても軽いものを持ち歩きたくなりますね。
ぼくには、このくらいで十分なのかもしれませんね。
以下写真のみ

SDIM7748.jpg
(SIGMA SD14/Sigma 30mm F1.4 EX DC HSM)

K_1R3338.jpg
(PENTAX K-1/Sigma 50mm F2.8 EX DG Macro)

K_1R3308.jpg
(PENTAX K-1/Tamron SP AF 28-75mm F2.8 XR Di LD Aspherical)

SDIM7789.jpg
(SIGMA SD14/Sigma 50mm F1.4 EX DG HSM)

SDIM7818.jpg
(SIGMA SD14/Sigma 105mm F2.8 EX DG Macro)

SDIM7772.jpg
(SIGMA SD14/Sigma 30mm F1.4 EX DC HSM)

SDIM7782.jpg
(SIGMA SD14/Sigma 30mm F1.4 EX DC HSM)

K_1R3341.jpg
(PENTAX K-1/Samyang 14mm f2.8 IF ED UMC Aspherical)

K_1R3323.jpg
(PENTAX K-1/Samyang 14mm f2.8 IF ED UMC Aspherical)

つづき
posted by 超画伯 at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

2016年09月16日

家ネズミ(ハツカネズミ)もそろそろ成長したので 飼育の感想も兼ね

K_1R3104.jpg
家で駆除のために捕獲したハツカネズミなんですが、結局殺すことは出来ず、小さな子供から随分大きくなりました。自力で餌が食べれますし、そろそろ逃がしても問題の無い時期にきていると思います。ですが、おそらく、このネズミが天寿をまっとう出来る可能性は極めて低いでしょう。というのも、ネズミ算というように、ネズミは物凄く子供を産みます。それでも、2匹の親から、2匹以上増えるということは、数が増加し続けることで、どんな多産な生き物でも、これは当てはまります。おそらく、普通に飼育して、長くて2年程度の寿命なのだと思いますが、それよりずっと短い一生を終えるのが普通という動物ということです。

K_1R3110.jpg
ハツカネズミの見た目は最高に可愛いですね。
餌は、特別にネズミ用の餌を与えるわけではなく、数日間はミルクの強制給餌→自力になってからはインコの栄養補助用の動物たんぱく質の入ったウズラの餌、そして、インコの雛に与える一人餌練習フードという感じです。
ここまでは、ぼくが選択した餌を食べていますが、これからは野生で、自分で餌を選んで食べる必要があるでしょう。秋になってきてますので、餌は豊富にあると思います。


IMGP9838.JPG
関係ありませんが、ぼくは最近抑うつ状態で、薬を飲みながら、極力外の人との接触を断っています。そして、ネットもメールの確認ぐらいしかとっていない状態です。その間ですが、色々と、ぼくを動かしてくれた存在でした。飼育のための工夫とか。
小鳥よりももっと小さな生き物で、繊細で可愛らしい生き物ですが、家の嫌われ者でもあります。
ぼくも、家の中を荒らされれば嫌ですが、ネズミそのものが嫌なわけではありません。かといって飼い続けるのも大変なことです。それに慣れていません。逃げられれば、再び家に居つきますので、出して触ることもできません。なので、慣れないという感じです。


つづき
posted by 超画伯 at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物・ペット

2016年09月08日

体調不良改善のため少々歩くことに

歩くとは言いましても、数キロぐらいは歩かないと、あまり運動としては意味が無いかもしれません。
以前は口実として、カメラを持って散歩していましたが、毎日同じような風景、ありきたりなものに飽きてしまいまして、いつの間にか、そういう散歩はやめていました。
写真というものもネットにあふれ、色々な地域の人が、スマホ等も含めて様々なロケーションで撮られるようになって、ありきたりな構図のみの写真では深い意味は無くなってきているのかもしれません。散歩の写真というのは、惰性でもありますので、深い意味の無い絵でもあります。
何十億とネット上にアップされる写真の中には、おそらく傑作もあるのでしょう・・もちろん素人を含めてのことですが、狙うわけでもなく、その現場に居合わせていたり、偶然物語性を産んでいたりのものも無数に存在するでしょう。
玄人と言いましても、もはや写真が良いというよりは、名前が先行して有名なだけという印象が深くなってきています。これ、有名な人の作品とか言われて、「は?」ということも多々・・そういう人に限って言う事は大きく、ビッグマウスの芸術として認識するに至りました。
よほどのロケーションやセットされた環境でなければ、作品として撮る必要は感じませんし、それを行う時間も労力も、持ち合わせていないというのが実情です。
ですが、作品の記録の道具としてのカメラは健在で、細々と使っておりました。
ここ2か月ほど、あまりにも精神的にも体調的にも悪く、久々に散歩の口実としてカメラを持ち歩こうと思いました。

IMGP3461.jpg
(PENTAX ist*D/smc PENTAX-F 28mm F2.8)
久々に持ち歩いたのはPENTAX ist*D・・PENTAXの初代デジタル一眼レフですね・・面白いことに、現在でも、カメラのルールのようなものは変わっていなくて、この機でも十分に写真を撮ってまわることは可能です。
個人的にはフルサイズ幻想は無くて、それよりも、これがどういう意味を持つのかのほうが興味があります。しかしながら、世の中は経済中心の世の中ですし、これに変わるものが次々と誕生していく必要がありました。
絵としての本質というよりは、高感度性能やAF性能等、機械的な性能向上そのものが重視されることは、今の世の中を維持していく上で要なことだというのは良く理解できます。ただ、個人的にそういったものに対する驚きというものが喪失していたという感じです。本質的に同じような道具の機械力で出来ることに、さほど驚きが無いということです。美しいかどうかということも、数字上のものになりました。

K_1R2762.jpg
(PENTAX K-1/smc PENTAX-F 70-210mm F4-5.6)
状況は刻一刻と変わっていきます。先ほどの写真には日光が当たっていなくて、こちらは当たっています。たまたまです。散歩に使える時間は少ないので、ぱぱっと撮る感じです。こちらの機のセンサーサイズは135フルサイズで、ローパスフィルターレスで画素数は3600万画素・・600万画素のist*Dから数字的に随分と進化しました。画素数6倍で、流石に画像処理にも慣れてきている感じもありますし、画素ピッチとしてはist*Dのほうが大きいにもかかわらず、K-1は、ノイズも明らかに少ない、ist*Dは、画素が少ないにも関わらず、それゆえに分厚いローパスが必要なため、モヤっとした画像・・たかが十数年で、世の中の大きな流れとしては短い時間ではありますが、デジタルの世界は数倍の進化を遂げています。個人的に見た目の印象が変わったと思うのは、CCDからCMOSに変わったとき、次にローパス有りからローパスレスになったときです。パッと見の印象としましては、APS-Cと135の差は分からないという印象です。なので、K-5Usから何が変わったのかはあまり分からず・・等倍で見てもピッチがほぼ同じこともあって、同じレンズなら同じような感じ。全体の諧調というところで、よく見ると差があるという感じです。他はやはり非常に似ているという感じでしょうか。もちろん高感度だと、相対的に画素が多い分ノイズが小さいということにもなりますし、画像処理エンジンの進化で減っているというのも確かでしょう。
それ以外はそっくりな画像というのが第一印象でした。


つづき
posted by 超画伯 at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記
リンク集