2022年04月19日

今年は頑張ると言った手前

今年は頑張ると言った手前、なんとか動こうとしているものの、状態が明らかに良くない。。
当初は、攻勢をかけようと思っていたものの、思うように体が動かない。展覧会も行くのは一週間に一度だが回復には5日ぐらいかかる。
治ったら、まともな映像作品も考えていたが、夢のまた夢かもしれない。
ペースを落とそう。
パートナーも呆れている。なんか、作品出すところも間違えてるんじゃないか?と。
天才、天才、天才 何度も聞いたが、ぼくは重度の学習障害。考えるしかないから考えてるだけ。字も書けない。
毎日雑音もうるさい。独学なんてあり得ない、機材が間違っている、賞ばかりとって何がしたいの?まぐれ、裏工作、そして手のひら返し。最初の優秀賞の時から聞こえてくるようになった。ここは村なんだろうな。
勝ち続けないといけないのも疲れた。
posted by 超画伯 at 03:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年04月18日

疲労

ここ最近、想像以上に疲労が酷い。
今年は何とか動こうということで、昨年よりもアクションを増やしてはいるが、ここまでしんどいとは。。
基本的に、昨年より体力が向上しているわけでもないが、そろそろとも思っていた。しかし、乗りきろうにも乗りきれない。
まぁ仕方がない。そういうものなんだろう。
それはそうと、以前仕事をした山崎樹一郎監督が展覧会に来てくれたのだが、随分と穏やかになり、余裕のようなものを感じた。おそらくは、何かを掴んでいるのだろうが、この時期だとすれば、あれだろうかな?
たしか、2008年ぐらいに最初にお会いしたと思うが、その昔は、それほど余裕を感じるわけでもなく、わりと大変な感じだったことを覚えている。
何にせよ、それが良いことであることは間違いなく、歓迎するべきだろう。
まぁ、その方面では、ぼくは脱落者だが、ともかく表現活動は続くわけで、ここまでの経緯も踏まえて動く事だろう。
何にせよ、余裕ができた事は望ましい事だ。
多くの人がいた。かつての競争相手は、怪物のような面々たちとの闘いでもあったが、今を思えば、彼らもまた人間だ。ぼくが勝手に越えられない壁を作っていた。皆、勝って当たり前の態度でもあり、不敵な態度でもあったが、ただ自分が出来ることをやっていたのにすぎない。今は、よく見える。

posted by 超画伯 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

蟻って思ったより成長ゆっくりだな・・

K_5S0013_DxO.jpg
トビイロケアリがついに羽化するのか?と思ってマクロ撮影してみたら、サナギでした・・しかし、他のサナギはすべて繭の中なのに、なんでこいつだけ繭の外なんだ?と疑問が残る・・他の蟻のサナギが紛れているわけではなさそうだ・・

K_5S0007_DxO.jpg
キイロシリアゲアリの試験管飼育ですが、卵のまま・・しかし、他の試験管の卵より、内容が濃く見えるので孵化は近いのかな?

K_5S9999_DxO.jpg
今日はトビイロシワアリの女王10匹のコロニーの引っ越しをした。しかし、なかなか巣の中に入らず、途中の空洞の中に密集している。この角度からは見えないし、正面からも見えないけど・・
posted by 超画伯 at 02:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年04月15日

明日はアーティストトークなんですが

明日は、奈義町現代美術館でアーティストトークなんですが、とくに話す事は考えていません。というか考えても無駄というか、そういうものは都合良く話せないので、流れのなかで話をできたほうが良いと思っています。
とりあえずは本当の事しか話しませんので、聞かれれば本当の事を話す予定。
写真に関してのうんちくは出てこないと思います。蓄積がありません。
年齢的にも、誰かの影響を受けるという感じでもなく、何かを聞けば、そういう事実があるんだなという程度でしょうか。鈍くなって、何が凄いのか分からないというのもあります。30代までは、衝撃の連続でしたが、そういうのは慣れてしまいます。下手をすれば、癖になり、勝てないほうに慣れてしまいます。あと、衝撃は良いこともありますが、脱線して表現が悪化する事のほうが多いというのが経験上感じることです。
ぼくは、コンペでも、傾向と対策をしません。作った後に、自分に合いそうなところを探すタイプです。映像時代は、一度は目指したところもありますが、そういうのは良い結果になりません。ほどほどの結果は出せますが。。これが参考になるかどうかは分かりませんが、合わない事に関しては、少々頑張っても結果は出ないということです。最近は、そういう研究結果も出てますし、今は物事が多すぎて、努力でどうやってでもできるようにするという時代でもないでしょう。例えば、成績2の人が努力しても、3にはなっても、ほとんどの場合は5にはならないとか。。そうあるべきという人はいるでしょうが、ここに破綻した人がいるわけですし。そもそも、そうあるべきと言ったところで、そうなることもできず、他者にはそれを要求して、下手をすれば正義マンになってしまって個人攻撃ばかりしている知り合いも、この年齢になると増えている状況です。要は粗探しですが、粗にも可能性がある場合もあって、それをすることは、自分の選択肢を減らすことにもなりかねないわけです。
比較的楽にできることというのは、自分に向いているということ。そこにほどほどの努力という感じでしょうか?
posted by 超画伯 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会

2022年04月13日

多動が酷い

一応、多動を抑える薬を飲んでいるわけですが、多動が酷い。。現在は多動だと、持病と化した頭の左側の片頭痛に悩まされるわけですが、このままでは数日頭痛というコースもあり得ます。。
ですが、頭の中の思考回路が止まらずで、もはやどうにもならない状態です。せっかく静かに過ごしていたわけで、刺激も避けていたのですが、残念なことに、ここ最近の多忙で、躁状態が覚醒してしまったようです。
この状態の時の知能は、平常時に比べて明らかに高い気がしますが、弊害のほうが多く、作品制作をするにも冷静さを欠きます。今までは制作で負荷をかけて抑えてきたわけですがそれはもはやできません。
ろくなことにならないので、早く収まってほしいのですがどうしたもんでしょうかね。

撮影できない

なんというか、撮影準備はするものの、撮影はできないという。ネタとしては盛りだくさんながら、やはり時と場所を選んだりするものなわけだ。
そういえば、レンズカルチャーから出品の催促が来るわけだが、そんなにぼくに撮影の歴史があるわけでもなく、はい出しますよと簡単に言えたものではない。いや、乗せられても無いものは無い。その昔、映像時代に催促に応じて痛い目を見たことがある。ボツ写真という方法もあるが、それも大してあるわけではない。ぼくの場合は、最初から撮るものを決めているのであり、だいたい失敗もしない。イメージできているなら、そういうことはあまり起こらないのだ。これは、アニメーションをやっていたことによる癖かもしれない。失敗すれば、下手をすれば数ヶ月の損失なのだ。一つあるのは微ブレ写真だが、そういうのは論外だ。
そういえば、ヤドカリの家の補足写真を撮りたいと思いながら数ヶ月。。何故かやる気が起きない。それよりベターなアイデアがあるからだが、一応完成させておいて良いものかもしれない。
あれは、ぼくの哲学的な背景を作品にしたものだが、出来としてはこれまでの作品より良いと思っている。ただ、地味かもしれないとも思っていた。
写真は、全体として、アートのようなものとしては、わりとデザイン的で商業主義的だと思ったが、地味かもと思ったのはそういう意味合いからだ。もの申したい事もけっこうあるが、仕方がない。そうではないものもあるのかもしれないが今のところ分からない。自分を曲げないためにも、それに合わせない事を心がけるだけである。実のところ、合わせない事は、非常に重要な要素だと思う。自分の物差しをフルに発揮すれば良いのだ。アートのようなものだとすれば破壊は重要な要素だ。それを行った人物こそが偉大と言われているのには意味がある。それがイメージの更新に繋がるからだ。批判はされてナンボの世界だろう。それが当たり前で無いほうがおかしい。チンケな成長にも繋がらないものはいらないが。
補足としては、あと数点あったほうが良いのは確かだ。複数枚で意味を循環させている作品なので10枚では意味が希薄だ。世界観の構築にはあと何枚か必要だ。ただそれはフィルムを使うので面倒くさがっているわけで、どうしたものかと悩んでいたりする。
posted by 超画伯 at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

2022年04月11日

絵を描く能力

軽く1時間程度絵を描くことはできるのだが、それ以上描くことに問題がある。頭の左側に異様な頭痛が起こるからだが、今一度まともに長時間絵を描く能力がほしいと思っている。
ぼくは元々そちらの側の人だし、それで満たされていた部分もある。
写真を写真のように撮る事に関心が薄い。それは良いのだが、カメラに関心が無くなれば、撮ることはけっこう辛い事だ。ただ、車に飽きたようにカメラは飽きるだろう。
元々写真に興味があったわけではなく、そこに絵としての側面や、何らかの意味がなければ退屈だ。映画とかにしてもそうだが意味の薄いものを見るのは辛い。同様に綺麗なだけの絵にも関心がない。
ぼくは、思われているほど、作業に興味がない。興味のあるビジュアルが浮かんだら視覚化して眺めている。それも苦痛が伴うが、興味がないビジュアルを起こすのは苦痛でしかない。思いついたものを、すぐに視覚化できるツールが欲しいが、それはドラえもんの世界だろう。
けっこう人生は時間が無い。関心があることを最短で行うような手法があったらなと思う。
蟻の種類を増やしている事には意味がある。実際に、これにより何かができるのは来年だろうが、物事には時間がかかるというのが残念だ。

2022年04月06日

蟻のような+ 山陽新聞に掲載されました

K_1N6710_DxO.jpg

山陽新聞に、個展、蟻のような+の記事が掲載されました。
記者は山本恭子さんです。
ありがとうございます。

山陽新聞による記事が更に書かれました。
IMG_20220410_123708-01.jpeg
ありがとうございます。

posted by 超画伯 at 22:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 記事

2022年04月02日

蟻がきちんと繁殖してくれている

K_1N6692_DxO.jpg
トビイロシワアリの女王と羽アリが+守っていますが、その中に卵があります。これは、先月採集してきた女王とワーカーたちですが、無事に卵を産んだようです。新しいアクリル製の観察キットで飼っているのですが、石膏に対して保湿などどうなんだろう?と思っていましたが大丈夫なようです。正確には数える事はできませんが、卵の数は、数十個あると思います。これらが成虫になるには、一月ぐらいはかかると思いますが、おそらくはゴールデンウイークに入ったころから増え始めて、その後は爆発的に増えるのではないかと予想。女王は3匹います。
ただ、女王にも性格があるようで、この写真の女王は、卵をすぐに産みました。もう一匹は、巣の中にいるものの、何もしていない感じで、もう一匹は、放浪癖があるのか、巣の外をうろうろしているので、他の自作石膏巣に移しましたが、そこでもうろうろしてる感じですね・・卵を産んでいる気配はありません。

K_1N6688_DxO.jpg
こちらは、最初にお迎えしたトビイロシワアリのコロニーなんですが、既に数倍に膨れ上がっている感じで、今あるサナギが孵れば、数百匹になるのではないかというぐらいサナギの山が何か所かに山積みされています。一月後は、更に数倍という感じで、上の採集してきた蟻たちが、今後どういう増え方をするのかの想像もできます。
撮影予定の6月にはかなりの数になっていることでしょう。

K_1N6686_DxO.jpg
こちらは、トビイロケアリの初期コロニーですが、幼虫が繭になっています。この中にサナギがあるわけですが、同じ蟻でもトビイロシワアリとは異なり、繭があるんですね・・トビイロシワアリの場合は、普通にサナギが外に出てるわけで、引っ越しをしている蟻でも、繭があるものはトビイロシワアリではなかったということですね。
このトビイロケアリですが、お迎え時は初期コロニーだったので、ワーカーが14匹程度・・そのため多くの卵は産んでいなかったようですが、(蟻の女王はワーカーの数に合わせて世話の出来る数の卵を産むようです)この繭から成虫が出てくれば、成虫は一気に数十匹になります。そこからは爆発的に増えると予想します。案外6月には、こちらも撮影可能かもしれませんね。ただ、トビイロシワアリとは身体能力が違うようで、スピードパワーともにトビイロケアリが上のような気がします。撮影は難度が高いかもしれません。
とりあえず、今後が楽しみです。
posted by 超画伯 at 03:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物・ペット

2022年03月31日

カメラもって歩く

645Z3278_DxO.jpg
春になりましたし、歩くのには良い季節になりました。
ところで、歩けば、妙な物があったりして気になるものです。この猫なんですが、歩いてて、臭さっ!と匂いを感じて振り向くと猫がいたりするのです。しかし、なんか妙な感じです。この囲い込みと言いますか・・

645D2239_DxO.jpg
これなんか、どこにでもありそうな風景なんですが、何かおかしくね?いや、爺さんとの関係性というか通行人との関係と言いますか、なんでこういう像が立ってるの?

645Z3094_DxO.jpg
少し大きく写してみたけど、やっぱりおかしいと思う。というか、これの作者おかしくね?布で隠してるのか隠してないのか分からないよ。。しかし、桜は満開ですね。

645Z3196_DxO.jpg
なぜか家の中に広がる草むら。

645Z3195_DxO.jpg
水の入ったペットボトルが半端ない。これだけ置くのしんどかったでしょう。。

いや、街というのは、まだまだ未開拓なところがありますね。普段見ていなかった風景を再発見です。もう少し妙な目線で撮れれば良いのだけれど、体力不足です。

ところで、今日はたまたま天神山文化プラザに行ったのですが、何かの写真展やってて、せっかくだから自分の展覧会の案内を渡したら珍しく歓迎されました。ここ最近、くそみそに言われてたので少しばかりうれしいですね。展覧会にも来てくれるみたいだし、紹介してみるものです。
posted by 超画伯 at 01:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真日記