2017年06月09日

比較的早く目覚めるが

seisaku.jpg
今日は、はっきりと夢を覚えています。

何かの研修旅行のような感じの夢で、船に乗って出かける。
世界や登場人物は、なぜかドラえもんのような絵柄
おそらく学校の研修なのですが、3人組で、行先で遺跡調査しようという話になる。
到着後、水の中にアクアラングを付けて潜る。
調査を続けようとしていると、アクアラングを付けた他の男が調査を阻止しようと潜ってくる。よく見れば、研修先の講師のようだ。
自分以外の残りの二人、一人は女性で一人は遺跡が専門の男の学生だが、調査を諦めてしまう。
講師が多くの人に説明して、結果としては、夢物語を探そうとしていると、他の研修生たちにバカにされることになる。
自分だけ再び潜る。これは海ではない。水は汚い。
今度は講師三人が阻止するために潜ってくる。
なんとか戦っているうちに、水の入り口の水門のような部分の壁に、メガマウスザメらしい化石を見つける。
全身の化石なのだが、軟骨魚であるサメの全身の化石なんかあるのだろうか?と疑いを持つも、諦めてしまった二人に報告のために水の中から顔を出して。
「メガマウスの化石があった」「遺跡ではないけど、学生としての成果としては十分なものじゃないだろうか?」
と話しかけたところで目が覚める。

こんな感じですが、色々と半信半疑な気分はあるものの、気分の良い目覚めを迎えました。
その後すぐに制作にとりかかります。
これは一種の覚え書き。
posted by 超画伯 at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | きよこのくら関連

2017年06月08日

意識高い系と関わるとろくなことがない

SNSとか見てたら自己啓発かなんか知らんが、こんなんばっかが一日中貼りついて忙しいとか言っているが、ともかく、こういうのは意識がそもそも低い人間が、セミナーやら本に触発されて意識が高い気分に浸っているのにすぎない。
つまるところ、そういう中身が無い人間が踊っているのにすぎないと思うのだが、同じくそういうのに触発された人間が、それに共感して讃えあって持ち上げあっているのにすぎないのではなかろうか?つまるところ実態の無い実力を讃えあっているのにすぎないと思うのだが、トータルで見れば大したこともない群れになるのだから、こういうのでヒエラルキー作って、そこのハッタリ詐欺師を良いということにしてしまったら、社会が劣化するのも当然だと言える。
こういう風潮が蔓延すれば、自己啓発無くても、理由はどうであれ動く人間は、更なる負担を強いられることになるだろう。ほっといても動くのに、更なる目標を強いられるというのもある。下手をすれば致死量の目標を強いられるかもしれない。
意識高い系はと言えば、実態の無い張りぼてにすぎないのだから、経験は当然ながら無く、本やセミナーに登場する、至言を言っている偉人とやらを脳内に降臨させて適当な事を言っているだけなのだろう・・当然ながら無責任なことは言うまでもない。
とりあえず、一生イノベーションすれば良かろう。
要は動かない人間を動かそうとした試みに、社会がどっぷり浸かっているのが今の状態だろう。
疲弊するのも当然だと思える。

まぁ愚痴です
posted by 超画伯 at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月05日

長くて短い労働時間

kiyoko_01.jpg
朝の8時前後から、夜の12時前後までが、今の労働時間・・”きよこのくら”は今までで一番時間当たりの労力を必要とする作品になってしまいました。
集中力の必要な作業ですが、絵を描く行為そのものは、通常6時間ぐらいで一つのピークをむかえるように思えます。
食事をとり、風呂に入る時間以外は正直惜しい・・
夜の12時が来たら、睡眠導入剤を飲みます。そうしないと、ブルーライトでおかしくなった頭は寝ようとしてくれません。
労働時間は長いのでしょうが、非常に短く感じます。
いくらやっても先が見えない日々。
posted by 超画伯 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | きよこのくら関連

2017年06月02日

長島愛生園に撮影許可を

SDQH0387.jpg
(SIGMA SD Quattro H/SMC PENAX-F 28mm F2.8)
時間の都合上色々と同時進行しなければならないのですが、行動にはものすごい合理性が必要になってしまいました。
まず第一に、長島愛生園での撮影許可と、資料を撮影するための機材のチェックを兼ねての行動・・
大変に助かることに、永瀬清子保存会の香川さんが応援に駆けつけてくれました。
どうこう言いながら、面識のない人間が、いきなり行くのは怪しいのです。
それに、ぼくはそのあたりが直球なので、ワンクッション置いていただかないと、けっこう失敗率が高いのです。
なので、これで万全の状態に近くなったのです。

ここで学芸員の田村さんと色々とお話をしたのですが、直接的には永瀬清子の話はあまり出ることは無く、キーマンは今のところ一人に限定するという結論に達しました。

SDQH0396.jpg
(SIGMA SD Quattro H/SMC PENAX-F 28mm F2.8)
一応話が、ある程度まとまったところで、少しだけ島の中を歩いてみます。
ここは何か重要な場所のようでしたが、名前を忘れてしまいました。
次にもチェックが必要ですが、何分ぼくには学習力やら色々な能力は無く、つまるところ、ぼくもいわゆる手帳を持っている者ということです・・
それだけに、詳細な記録が必要となってくるのですね。


つづき
posted by 超画伯 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | きよこのくら関連

2017年05月29日

SIGMA SD Quattro H(SIGMA SAマウント)にはPENTAX Kマウントのレンズが一部付くようです

DSC01552.JPG
もう気が付いておられる方もいるかもしれませんが、SIGMA SD Quattro HにはPENTAX Kマウントのレンズが付くようです。
これを、たまたまなんですが、PENTAX KマウントのSIGMAレンズを間違えて付けてしまって、あれ?絞りが動かないな?と思ったわけですが、当然電子接点も繋がらないし対応していないわけだから動くわけがありませんね・・
なのですが、これからAポジションを外して中途半端にレンズをはめてみると、手動ですが、絞りも使えるではありませんか・・
レンズを外すときは困ったのですが、これは再びAポジションに絞りを戻せば、外れるようです。

DSC01553.JPG
FA50mmならば、絞り解放でこのくらいの位置で付けると、すべての絞りが使えます。


DSC01556.JPG
解放

つづき
posted by 超画伯 at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

2017年05月23日

詩人に尋ねに行く

SDIM0004.jpg
先日まで、一日中アニメーションの制作で、労働時間が過密ながら、この作品”きよこのくら”はインタビューも必要なため取材に出かけました。
訪ねたのは、詩人の井奥行彦さんと、難波道子さん。
ここでは、かなり深い話を聞くことができました。
時間的には短い作品のため、多くをカットしなければならないのは残念です。

PK_15664.jpg
こちらは、生前の永瀬清子さんと、今日インタビューした、難波道子さんです。
今日取材した家の中での撮影だそうです。
永瀬さんは、非常におしゃれな方だと繰り返しおっしゃっていました。

PK_15672.jpg
現在も続いている黄薔薇です。
これは、創刊からの3冊です。
創刊メンバーの中に二人の名前がありました。

つづき
posted by 超画伯 at 23:13| Comment(2) | TrackBack(0) | きよこのくら関連

2017年05月04日

再び家内制手工業・・+アニメーション

137485.jpg
こういったものの注文がありまして、来週の上映会までに完成させなければなりません・・
というわけで、ヘトヘトになるまで労働・・
まぁ、色々と効率の悪いことをしているわけです。
これは下塗りの段階ですね。

137492.jpg
もう一枚下塗り・・わりと手間なんですね
ここまでする必要もないのかもしれませんが、個人的な経験としましては、ここまで必要です。
これを明日まで乾かしてから本塗装1枚目・・何枚か色を重ねます。
質感+強度が必要ですしね。

E5A5B4E99AB7E794A8E695A3E6ADA9E382B7E383A5E383BCE382BA-0ec73.jpg
奴隷散歩用シューズけっこう出ましたね・・
今回新たにインコ追加

posted by 超画伯 at 23:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 絵をひたすら描く日々

2017年05月03日

帰ってきた変態まつり第二弾「中村智道アニメーション作品特集」

帰ってきた変態まつり第二弾「中村智道アニメーション作品特集」

映像デビュー当時からお世話になっている映像作家の小口容子さん主催のイベント、帰ってきた変態まつり第二弾「中村智道アニメーション作品特集」!!が行われます。

以下、とびうおkitchenホームページより転載

帰ってきた変態まつり第二弾は、中村智道氏のアニメーション作品上映です!

過去の「変態まつり」最多出品者であり、海外映画祭での上映が数多く評価も非常に高い中村智道氏の、「変態まつり」未上映問題作品を含む集大成!これを上映しないことには、始まらない!必見!

5月11日(木)、25日(木)上映
19時開場、19時半開映

料金 1400円(1ドリンク付き)
上映後は懇親会あり:料金1500円にて、1ドリンクとおつまみ数品とおにぎり付き(ドリンクの追加は、別料金で承ります)
お値打ちの品数ですので、是非ご参加ください!

席数が限られているため、事前予約も可能です。
予約・問い合わせ:tobiuo@asahinet.jp
よろしくお願い致します。

プログラム(11日・25日とも、同プログラム)

ぼくのまち音楽つき完全版一般.jpg
『ぼくのまち』 2007年 カラー 17分
監督:中村智道 音楽:上山朋子
中村智道、アニメーションデビュー作。2004年より、重度の適応障害に陥った中村が、自分の精神の断片を拾い集めるべく、まずPCを覚えるところから開始した、まさに初心者作品。
イメージフォーラム・フェスティバルで受賞後、映画評論家トニー・レインズ氏に認められ、バンクーバー国際映画祭に正式招待。その後も評価され、世界各地で上映された、原点にして傑作。

蟻.jpg
『蟻』 2008年 カラー 11分
監督:中村智道 音楽:坂本竜一
アニメーション作品2作目。「ぼくのまち」にて採用しなかったシーンと、新たに作られたシーンを再編集して作られた。「ぼくのまち」と同時に制作されたが、より実験色は強く、ドイツのオーバーハウゼン国際短編映画祭をはじめ、ポンピドゥーセンター、ソフィア王妃芸術センター等、各地の美術館でも発表された、コンテンポラリーアニメーション。

天使モドキ8_8___.jpg
『天使モドキ』 2014年 カラー 13分
監督:中村智道 音楽:石田雅彦 池田洋子 声の出演:大西千夏 他
中村初のストーリー作品。特殊な視点から構築されるストーリーは、難解ながら話題となった。
フィンランドのタンペレ映画祭でインターナショナルコンペティション部門にノミネートされた他、スウェーデンのウプサラ映画祭でもインターナショナルコンペテイション部門にノミネート、イメージフォーラム・フェスティバルに正式招待、他多数発表されている。

オマケ
ホモサピエンス.jpg
『ホモ・サピエンス』 2016年 カラー 4分
監督:中村智道 音響効果:ウエヤマトモコ
今回はオマケ扱いだが、ただのオマケと思うなかれ。2週間少々で制作されたが、意外にも本格的な、新自由主義を揶揄した中村初のコメディー作品。

東京都杉並区西荻北3-18-6 TEL:03(6454)7745
tobiuo@asahinet.jp

もう見た方も、まだの方も是非!
posted by 超画伯 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 上映会

2017年04月14日

動画の動きもテストしてみる

名称未設定-1 (1).jpg
とりあえず、動かさないとはじまらないので、動くように何枚も描かないとな・・
ひたすら描くべし

posted by 超画伯 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | きよこのくら関連

2017年04月10日

”きよこのくら”キャラクターデザイン

清子少女ポーズキャラ01_03_.jpg
とりあえず、小〜中学生ぐらいの永瀬清子のキャラクターを描かなければならないのですが、こういったタイプの絵を描いてきていないため、けっこう苦労します。
絵柄としても定着させないといけませんし、けっこう大変です。
少し大人びていますね・・もう少し子供感出すためにはどうしたものか・・
なぜ今キャラデザインかと申しますと、最初のうちに素材を撮影しておくということから始めたため、それ以外が後回しになっていたからです。
そもそも、制作決定から制作開始まで、1週間も無かったため、時間もなく、やることは一気にやらなければならなかったのです。

清子少女ポーズキャラ02_03.jpg
一応大正時代ぐらいの服装を参考にデザインしているのですが、履いているものが何なのか分かりません・・
普通に靴を履いている人も多かったみたいですが、資料の中の小学生時代はゾウリに見えましたので、それを採用しています。
あと、地域とかで服装差とかあった時代ではないかと想像しますので、何種類かの組み合わせでこうなっています。
とりあえず、動画も描かなければならないので、素早く作業を決定していく必要がありそうです。

posted by 超画伯 at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | きよこのくら関連
リンク集