2018年11月24日

人は格言を好む

SDQH0480.jpg
以前から思う事ですが、ぼくが話をするとして、人は格言を求めていると思います。
何かをするとして、その行動の大義名分も必要らしい。
例えば、作品トークの時に、永瀬清子は根っからの平和主義者であると断定する発言を求められたときに、ぼくは、分かりませんと答えました。
人には側面がありますし、永瀬清子が戦争当時に戦争を反対しなかった事は事実で、肯定するような詩もあったらしい。戦後の戦争反対というのは、それが許された世の中でのものです。だからと言って、平和主義者ではないとも断定はできません。その時代によって、平和の概念というものは異なるわけで、現在の価値観のみで、本人が平和を求めていたか否かは分からないのです。当然ながら、ある程度生きている方ならば、ある時代、良いとされていたことが、実は悪いことだったという出来事の経験ぐらいはあると思います。それも、また逆転するかもしれません。
なので、「永瀬清子は根っからの平和主義者だ!」「平和とは、このような行動をすることだ!」とは言う事はできませんでした。そういうことは断定せず、何かをつくるという意味でも、常に考えていたいとも思います。
基本的に嘘は綻びが生じるので、作品については極力言わないようにしていますが、個人的に格言らしきものは持っておらず、そのような発言は出来ないわけです。
ですが、格言が重要な事は分からないでもなく、その格言を聞いたところで、人は物事を考えなくてもすむようになります。ある種の出来事や、人物像、思想的なものは、そこで固めることが出来ます。
最も重要な事は、そこで何かを考えなくても良くなることだと思います。
善悪の概念もしかりで、その善悪の定義が固まっていれば、そこからは何も考えなくても、それに従えば良いわけです。事実として起こりうる弊害については、誰も考えなくても良いわけです。
常に物事を考えることは不安が付きまといますので、そこで思考を停止させてくれる発言があれば、問題は解決された気分になれます。格言にはそういった意味もあるように思いますし、故に権威ある、もしくはありそうな人が言う事に意味があるのでしょう。
ですが、問題としては、それでは破壊と創造というものは出来ないわけで、新たな考えを導きだすこともできません。
思うことは、この格言でガチガチに固められた世の中というものは、変化よりも維持する力のほうがはるかに強いということ。
流れとしては、現在の格言の力として、商業の力が圧倒的に強いということ。そして、彼らの格言によって、実は、ほとんどの人たちが生きにくい世の中が維持されているということでしょうか。
しかしながら、その格言は多くの人たちを救うことは、おそらくは無いということは、薄々知られていくことのように思います。
格言の主を支えるために、その格言に乗っているだけであり、馬車馬のように働いても、ほとんどの場合、その対価はいつになっても帰ってはこないでしょう。
そういうピラミッドを形成して、現在の形を維持しているように見えます。その維持しているものとはトップの安泰であり、搾取のテクニックのようにも思えたりします。

posted by 超画伯 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月20日

きよこのくら 福山上映


きよこのくら_表面-[更新済み].jpg
2018年12月 サロン薔薇と迷宮にて上映
12月12日(水)19時開場 19時半上映 
12月16日(日)14時開場 14時半上映
中村監督のトークあり 
今年1月の上映会は、中村が入院したことにより中止になり、多大なご迷惑をおかけしました。お詫びとして、未公開映像を公開予定 20分程度
※入場券の他、ワンドリンクオーダーお願いいたします。
サロン薔薇と迷宮 広島県福山市東桜町8-2マルイビル1F
上映案内は随時更新してまいりますので fb永瀬清子生家保存会 及び
公式サイト www.nagasekiyoko-hozonkai.jp を閲覧ください!
入場料金1000円
※制作支援のお礼としてお送りした鑑賞券は、こちらの会場でもお使いいただけます。
サロン薔薇と迷宮上映会でのお問い合わせ、ご連絡は 090-7377-8618

きよこのくら_裏面-[更新済み].jpg
↑クリックで拡大します。

制作 永瀬清子生家保存会
監督 中村智道
プロデューサー 月影詩歩
詩の朗読 二階堂和美
音楽監督 坂本弘道
チェロ独奏 坂本弘道
ヴァイオリン・ヴィオラ演奏 向島ゆり子
効果音 岩野直人
出演 横田都志子 小林一郎 井奥行彦 なんばみちこ 疋田邦夫 白根直子 村橋こまち
撮影 中村智道 川端路子 
アニメーション・編集 中村智道
英語版字幕 川端浩平 Sean Mahoney
posted by 超画伯 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 上映会

2018年11月16日

リストカットシンデレラ

PK1N0026_.jpg
今日は体を動かすことができず、たまたま置いてあった本を読んでみた。
春崎代さんの”リストカットシンデレラ”という本だ。
関係ないことだが、ぼくは、この作者が描いた絵のTシャツを時々着ている。
まだ、全部は読んでいないが、主人公の記憶のある限りの幼少時代〜青年期のことを前半は描いている。
いくらかの家庭ならばむかえるであろう、家庭の問題、とか自分の嘘のこととか、色々と書いている。

時系列が突然飛ぶので、家族が突然離れていたり、仲良くしていたりなんだが、とても素直な文体で胸を打つ。
個人的に驚くのは、幼少の記憶だ。
ぼくには、そのようなものは、ほとんど残っていないのだ。
おそらく、ぼくは幼いころは家族に恵まれていて、普通の日々を生きていた。しかし、それは自分の脳内でだけそうだったのであって、偽の記憶かもしれない。事実としては、普通の教室と特別教室を行き来していた。知的障害ではなかったが、普通ではないと学校から認識されていたからだ。
幼稚園時代の先生も、今まで見てきた中でも一番変わっていたと言っている。やることが、ことごとく他人と異なっていたらしい。
ぼくは2016年に自閉症であることを検査で知った。あと、聴力による重度の学習障害を持っていて視覚に関しても、ある程度そうだ。その前の診断では双極性障害の診断を受けていて、それよりずっと前は適応障害の診断で、ADHDを告げられていた。
個人的には、2017年を最後に躁状態にはなっていないと思う。その年の秋ごろに倒れ、それまでは頻繁だった。今では疲れてしまって、チックに悩まされている。

それは、まぁよい
主人公は、作者である本人だ、若いころにある色々な家族の問題や色々な感情は多くの人が共感できるというか、多かれ少なかれ、生きていく上では色々とある。
ここで重要な事は、主人公の恋愛対象は同姓だということ。
多くの人は、自分と違うものに感しては、おそらく共感はしない、というか奇異の目で見るか、関りを持ちたくないか、或いは見えないふりをするか・・その事は、よく知っている。
ぼくの場合は、恋愛対象は異性なので、その点では多数派なのだ。当然ながら、男に告白されても、すぐに断るだろう。
一つ分かることがあるとすれば自分にとっての世界というのは、自分を通して見えた世界であること。これは誰だってそうだ。同性が好きだということは、その体と脳が、そうだと判断しているし、それが正しい事実だということだ。体感する世界というものは、平均はどうであれ、それぞれに異なっている。
世の中というものは、基本的に多数派のために出来ている。例えば少数派の左利きのための機材がほとんど売られていない事からしてもそう。
その多数派の世界と、自分から見た世界のギャップだろう。
そこで、一人の少女が悩んでいるところまで、今のところ読んでいる。
感じたことは、主人公の感性は非常に女性的なこと。自分は男だが、その感性は男には見えず、明らかに女性に見える。つまるところ、女性として女性が恋愛対象という感じに見える。
その感情表現が女性的で、理屈や予定調和などではなく、ダイレクトに心を打つ。

表現というのは、やむにやまれず、身から出てくるものだと思っている。それは、排泄のようなもので、ある意味仕方のないことだ。そうしないと、生きていけないし、どうにもならないから。
何かにカッコいい目標を立てて、未来を指標し、「世の中のために作ります!」というのは、今の世相だと思うし、そういったスマートなものを多くの人は好むし。ある種、企業セミナーに近いような事を言っていれば、自分もそういう意識の高いカッコいい人間なんだよ!と多くの人は称賛するかもしれない。TVやネットや本で垂れ流され、そう洗脳されているし、そういうアンテナに引っかかる。その中で、笑いや、お涙頂戴のテクニックをマニュアル通りに使い、それを笑ったり泣いたりする。それも成功の道しるべだと信じている。普遍ではなくブームだと気が付いていない。約束なんか守らなくていいし、皆次のブームに行くのだから何かの達成など嘘でも良いのだ。本気ではないから、皆すぐに忘れる。

ぼくのマイノリティー要素があるとすれば、自閉症だろう。この体から見た世界は、そういったものは虚構の世界に見える。世の中はそんな善意で動いていない。多くの人は、ぼくに近寄ろうとはしない。奇異の目で見ている。
近寄ってきてくれる人は、排泄物を垂れ流している。ぼくの仲間は排泄物を垂れ流している。臭いものに蓋などさせたくない。
承認欲求があるとして、そんな嘘で良いのか?嘘偽りがそれほどカッコいいだろうか?虚像を自己に投影しているならば、そういう嘘体質こそが自分だという事なのか?自分は正しい良い人だと演出すれば、人はそう信じるのかもしれない。
所詮、この世は馬子にも衣裳の世界だ。そうなのかもしれない。
しかし、ぼくは排泄物のほうが好きなのだ。そして、その排泄物の多い世界こそが豊かな世界だと思っている。

posted by 超画伯 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

口内炎と腹痛

1日動くと、すぐに体調を崩してしまうのですが、ここ1週間ぐらい口内炎が治りません。しかし、口内炎と思っているだけで、何か違う気もします。リンパは腫れています。
あと、食事をすると腹痛を起こしてしまいます。
食欲が無いわけではありませんが、歩くのはしんどい状態・・
自閉症は、脳内バランスが悪いので、ビタミンやミネラルを多めに消耗するらしい。
そういうのも足りないのかもしれません。
今年は原因不明の多尿で、脱水症状(おそらく心因性)で死にかけたこともあり、あの異様なまでの苦しさをリピートはしたくないので、死にたいとは思いませんが、生きるのがしんどいです。
posted by 超画伯 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月15日

きよこのくら上映 11月17日(土) 岡山映画祭上映

11月17日(土)は、作品「きよこのくら」が、岡山映画祭、オリエント美術館にて上映されます。
時間は10:00からの上映になります。

アニメーションの作家がつくったドキュメンタリー作品としても必見です。

もう、見た方も、まだ見ていない方も是非!

岡山映画祭HP プログラム

posted by 超画伯 at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画祭

2018年11月14日

チェキ二眼レフ MiNT Instant Flex TL70 2.0

最近、どうもデジタルの写真は、つまらないと思い始めていたのですが、それを回避するために中華レンズなど導入してみました。
なんですが、デジタルというのは、いくらでもコピー可能ですし、いくら失敗しても良かったりで、ありがたみが無いわけであります。
そんな中で考えてみたのですが、ならば本物が一枚しか出来ないインスタント写真でもと思いまして、チェキを導入したわけです。
機種名は MiNT Instant Flex TL70 2.0 二眼レフカメラ

PK1N0040__.jpg
で、インスタント写真の醍醐味といいますか、こういった写真が出来上がることにあると思うんですよね。
最初からイメージがあれば、失敗も最小限にとどまりますしなかなか良い感じです。
ぼくの場合は、ある程度の操作が必要なカメラは、デジタルから始めたのですが、基本構造は同じなので、いきなりでも撮れるようです。

PK1N0028_.jpg
しかしながら、デジカメのように何枚でも撮れるわけではないので、けっこう慎重になるわけですが、これがなかなか面白いわけです。
うん、色々と撮ってみないといけないな。

PK1N0026_.jpg
個人的に、写真で作品?という感覚があります。
あくまでも、それは素材であって、いわゆる映像作品などを作るパーツの一つという感覚、あとは、デザイン用のパーツという感覚を持っています。
なので、なかなか写真家とか名乗るのもどうかと思っているのです。何故か以前から抵抗があります。

PK1N0031_.jpg
ちなみに、こういうの撮るの、けっこう大変です。
ですが、いつものように絵を描くとかアニメーションを作るエネルギーが無いと言いますか、体調を崩してからというもの、このくらいが限界なわけで、それでも何かをしなければと思い撮影などしてみました。色々とアイデアでも考えてみます。とりあえず・・

関連
posted by 超画伯 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

2018年11月10日

岡山映画祭2018 11月11日 16:00上映

明日11月11日は、いよいよ作品「きよこのくら」が、岡山映画祭にて上映されます。
時間は16:00からの上映になります。

アニメーションの作家がつくったドキュメンタリー作品としても必見です。

もう、見た方も、まだ見ていない方も是非!

岡山映画祭HP プログラム

明日は、岡山市内でマラソンもありますので、公共交通機関のご利用をおススメします。

11日は中村も伺います。
よろしくお願いいたします。

中村

posted by 超画伯 at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画祭

2018年11月08日

半年ほど前まで、ミラーレスはまだまだとか言われてたけど

PK1N0927.jpg
というか、今でも言われているとは思いますが、その多くは、だいたい、ある特定状況でのAFの合焦率に関してのもので、それ以外に関しては、あまり聞きません。
確かにこちらに向かってくるとか、向こうに走っていくとか、そういう状況ではそうかもしれませんが、総合的に見れば、いわゆるガチピン率では、とっくにミラーレスが上回っていて、多くの状況ではより精度の高い合焦が可能です。
こういった事は、総合的に見なければならない事で、ある一点だけを捉えて、劣っているという論調には疑問を覚えます。
いわゆる、苦手な状況を指摘されれば、それを見た人のいくらかは、それを検証してみて、確かに苦手だなという印象を受けると思いますが、はるかに高いガチピン率を差し置いて、ミラーレスはAFが弱いというのは、何か意図を感じるのです。
個人的な感想としては、ミラーレスでの総合的な写真の成功率は、一眼レフとは比較にならないということ。
あと、OVFが優れているというのも、総合的に見てそうかな?と思えます。というのもあらゆるアシスト機能面でOVFは劣り、パララックスも存在し、暗いレンズを付けた時の視認性の悪さは苦痛以外の何物でもありません。マニュアルフォーカスレンズでも、一眼レフは拡大アシストも、フォーカスピーキングもありません。連動絞りも無ければ、絞るとピントも合わせられないぐらいファインダー内は暗くなります。
背面液晶で見れば同じと言われても、外での撮影では見にくい以外の何物でもありません。ホールド的にもぶれが発生しやすくなります。

ふと思ったのですが、一点を捉えて、○○はまだまだとか言いながら、それで自分たちはまだ優れていると勘違いして、色々な分野で海外に出し抜かれているのが今の日本という感じです。
ある一点で、相手が劣っているという過小評価は危険以外の何物でもないような気がします。
この気質は、何か日本の伝統でもあるような気もします。
何か相手を過小評価するわけです。
アメリカとかは、割と相手を高評価する印象を持っていて、それを見て第二次世界大戦の日本は優れていたというある種の優越感を持つ人もいるかもしれませんが、事実は負けています。攻撃力は高くても、生存率の低い戦闘機もしかり。
結果としては、生存率が高いほうが、総合力で優れていたから、後に結果が出ているという感じです。一撃離脱戦法は卑怯とかの声も聞かれますが、そうだとすると、あらゆる兵法は卑怯ということにもなりかねません。
冷戦時代もそうですが、実際のソ連は思っていたよりも脆弱だったのですが、アメリカは過大評価していたような気がします。
結果は今に繋がっていますが・・

そうなると、今のTVでやっている、世界の中の日本、日本は皆から愛されている的な番組というのは色々と危険なものだと感じるわけです。
そういうのは、ネットでブログとかを見ていても、広告として流れてきたりもします。
思うに、現実逃避なのか、自分たちの気分を良くする事に徹してるのか、何か大本営発表のようなものを感じるわけです。
気が付いた時は、取り返しのつかない事になってしまっているような気がしてならないのです。

posted by 超画伯 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

岡山映画祭2018 前夜祭

kenji.jpg
明日、11月9日は岡山映画祭2018の前夜祭があります。
その第一部、岡山で生まれた映画たち・新作発表で、何人かの監督がトークするようですが、ぼくもトークします。
新作と言いましても、既に一年間、岡山県内で上映してきている作品なので、そう言えるかどうか分からないところもありますが、とりあえずそういうことにしておきます。
体調的に、少々人前で喋る能力が落ちていますが、何かを喋ろうと思います。

よろしくお願いいたします。

posted by 超画伯 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画祭

2018年11月03日

中華レンズで映像を撮ってみた

これは、SONY NEX-6とNEEWER 35mm F1.2レンズによる映像日記であります。
おそらく、最近の普通のレンズでは撮れない映像だと思いました。
あと、NEX-6ですが、小さいので威圧感が無く、映像を撮るのに向いているのかなぁと、改めて思いました。
ビデオカメラだと、けっこう周りは気にするのです。ぼくが持っているEマウントビデオカメラ、VG-20はそれなりに大きいですしね。
とりあえず、この構成で色々と使い道ありそうだなぁ・・

関連
posted by 超画伯 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記
リンク集