2016年09月08日

体調不良改善のため少々歩くことに

歩くとは言いましても、数キロぐらいは歩かないと、あまり運動としては意味が無いかもしれません。
以前は口実として、カメラを持って散歩していましたが、毎日同じような風景、ありきたりなものに飽きてしまいまして、いつの間にか、そういう散歩はやめていました。
写真というものもネットにあふれ、色々な地域の人が、スマホ等も含めて様々なロケーションで撮られるようになって、ありきたりな構図のみの写真では深い意味は無くなってきているのかもしれません。散歩の写真というのは、惰性でもありますので、深い意味の無い絵でもあります。
何十億とネット上にアップされる写真の中には、おそらく傑作もあるのでしょう・・もちろん素人を含めてのことですが、狙うわけでもなく、その現場に居合わせていたり、偶然物語性を産んでいたりのものも無数に存在するでしょう。
玄人と言いましても、もはや写真が良いというよりは、名前が先行して有名なだけという印象が深くなってきています。これ、有名な人の作品とか言われて、「は?」ということも多々・・そういう人に限って言う事は大きく、ビッグマウスの芸術として認識するに至りました。
よほどのロケーションやセットされた環境でなければ、作品として撮る必要は感じませんし、それを行う時間も労力も、持ち合わせていないというのが実情です。
ですが、作品の記録の道具としてのカメラは健在で、細々と使っておりました。
ここ2か月ほど、あまりにも精神的にも体調的にも悪く、久々に散歩の口実としてカメラを持ち歩こうと思いました。

IMGP3461.jpg
(PENTAX ist*D/smc PENTAX-F 28mm F2.8)
久々に持ち歩いたのはPENTAX ist*D・・PENTAXの初代デジタル一眼レフですね・・面白いことに、現在でも、カメラのルールのようなものは変わっていなくて、この機でも十分に写真を撮ってまわることは可能です。
個人的にはフルサイズ幻想は無くて、それよりも、これがどういう意味を持つのかのほうが興味があります。しかしながら、世の中は経済中心の世の中ですし、これに変わるものが次々と誕生していく必要がありました。
絵としての本質というよりは、高感度性能やAF性能等、機械的な性能向上そのものが重視されることは、今の世の中を維持していく上で要なことだというのは良く理解できます。ただ、個人的にそういったものに対する驚きというものが喪失していたという感じです。本質的に同じような道具の機械力で出来ることに、さほど驚きが無いということです。美しいかどうかということも、数字上のものになりました。

K_1R2762.jpg
(PENTAX K-1/smc PENTAX-F 70-210mm F4-5.6)
状況は刻一刻と変わっていきます。先ほどの写真には日光が当たっていなくて、こちらは当たっています。たまたまです。散歩に使える時間は少ないので、ぱぱっと撮る感じです。こちらの機のセンサーサイズは135フルサイズで、ローパスフィルターレスで画素数は3600万画素・・600万画素のist*Dから数字的に随分と進化しました。画素数6倍で、流石に画像処理にも慣れてきている感じもありますし、画素ピッチとしてはist*Dのほうが大きいにもかかわらず、K-1は、ノイズも明らかに少ない、ist*Dは、画素が少ないにも関わらず、それゆえに分厚いローパスが必要なため、モヤっとした画像・・たかが十数年で、世の中の大きな流れとしては短い時間ではありますが、デジタルの世界は数倍の進化を遂げています。個人的に見た目の印象が変わったと思うのは、CCDからCMOSに変わったとき、次にローパス有りからローパスレスになったときです。パッと見の印象としましては、APS-Cと135の差は分からないという印象です。なので、K-5Usから何が変わったのかはあまり分からず・・等倍で見てもピッチがほぼ同じこともあって、同じレンズなら同じような感じ。全体の諧調というところで、よく見ると差があるという感じです。他はやはり非常に似ているという感じでしょうか。もちろん高感度だと、相対的に画素が多い分ノイズが小さいということにもなりますし、画像処理エンジンの進化で減っているというのも確かでしょう。
それ以外はそっくりな画像というのが第一印象でした。


つづき
posted by 超画伯 at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

2015年08月01日

久々に写真日記 乙女喫茶

乙女喫茶.jpg
(PENTAX K5Us/SMC PENTAX-DA 35mm F2.8 macro Limited)
久々に写真撮りました・・
絵画教室の受講生が、乙女喫茶というイベントをされていて、それでカレーを食べました。
ここ最近仕事ばかりで、遊んでいないので、久々に遊んでみました。
以下写真のみ。


IMGP6077.jpg
(PENTAX K10D/SMC PENTAX-DA 35mm F2.8 macro Limited)




IMGP6047.jpg
(PENTAX K10D/SMC PENTAX-DA 17-70mm F4 AL SDM)



つづき
posted by 超画伯 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

2014年12月30日

冬休みなので

IMGP8372.jpg
(PENTAX K200D/SAMYANG 85mm F1.4 ASPHERICAL IF)
甥などが実家に帰ってきます。
なので、遊びに連れて行ってくれとせがまれます。
今日は、弟と甥とで釣りにいきました。






K52S1616.jpg

(PENTAX K-5Us/SMC PENTAX-DA 70mm F2.4 Limited)
とりあえず到着







SDIM6852.jpg
(SIGMA SD14/SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM)
珍しく温かくなりましたが、これまでが寒かったので、魚の食いは悪く、まったく釣れず・・
仕方なくカメラをもって、うろうろすることに
それにしても、意味も無く写真を撮るのも久しぶりです。





SDIM6898.jpg
(SIGMA SD14/SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM)







つづき
posted by 超画伯 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

2014年11月04日

ぞくっとくる

ここ数日、変態まつりの関係で東京にいたのですが、たまたま見かけた光景にぞくっとしました・・
なんと言いますか
とりあえず残しとくことに
以下写真のみ

K52S9910.jpg



つづき
posted by 超画伯 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

2014年10月17日

YN560-TX を購入

ここ何日か忙しすぎて、疲れで寝込んでしまいました・・
今も口の中は口内炎だらけ・・
疲れるとすぐに出てしまいます。

で、何日か前にYN560-TXを購入したのですが、テストも出来ない状態

K52S9818.jpg
こちらが購入したYN560-TX・・YONGNUOというメーカーのものです。
自分も来月は久々に美術作品の展示をすることもありまして、記録するのに増灯する必要を感じました。
とりあえず、YN560-Vを2機購入したことにより、ストロボは純正含めて4灯に・・
まだ足りないかもしれませんが、他人に頼むよりは安い価格で作品の記録が可能になります。
それに、だいたい他人に頼むと手抜きが多いし、自称プロのセンス(特に口ばかり達者な人)には疑問を持たざるを得ない所をつくづく感じますので、自分でやるほうが良いのです。
そういえば、色々な表現の世界があるけど、フォトグラファーとか名乗ってる人って、口ばかり達者な人が多い気がします・・変に崇める人がいるからかもしれませんが、カメラが好きでも正直このジャンルの人との話は面倒くさいことが多くて、特に講釈を聞くのは面倒です。
表現というのはある程度自由があり、出来る幅というのも広く、まだまだ未発展なところもあり、それだけに謙虚さも要求されると思いますが、このジャンルはメーカーの思惑なのか機械の性能に支配されすぎだし、それを前面に出してしまって表現の幅も煮詰まってきているのかもしれません。
映像の世界で言えば一眼動画・・見飽きた感がありますし、被写界深度浅すぎるのは見ていて疲れるし、ものの関係が観にくいことが多々あって、正直面白いと思いません。更に、これに頼って内容を軽視する人も多いので、真面目に内容を考えたほうが良いと思います。
これを使って表現するためには、考える限り、機械の性能よりも、本人が何をやったかということになると思います。
高性能な機械で綺麗に撮るよりも、スマホで何かアクションを起こしたほうがはるかに面白く可能性もあるとか、その機械を持って何を提示したかとかそういうことです。
愚痴になってしまいました・・まぁ良いです。

さて、このYN560-TXというのは、YN560-Vを複数コントロールできるユニットで、おそらく展示などの不定形物を撮るのには最強なのではないかと思い、この構成を考えました。
一応キヤノン用ということになってて、電子接点の位置がキヤノン用になっているようです。
当方、PENTAXとSIGMAなのですが、実際に使ってみると、どちらでも使用可能です。念のためキヤノン用と書かれているため、使用を考えている方は自己責任でお試しあれ。
そもそもなんですが、YN560-Vそのものがマニュアル専用のストロボなので、何故こういう構成になっているのかはよく分かりません・・キヤノン用の上位のストロボで使うと何か違いでもあるのでしょうか?

とりあえず、来月は実戦投入ですが、今は忙しすぎて実験も出来ません・・また後日使用感についても書いてみようかと思います。

posted by 超画伯 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記
リンク集