2019年01月17日

ミラーレスにシフト レフ用レンズは買い控えることに

完全にミラーレスへの流れに変わってしまいました。
今後は、マニュアルフォーカス以外の一眼レフ用レンズは買い控える予定です。
あと、マウント選択は、一眼レフ時代よりシビアな時代のような気がします。
機械的部分である、マウントを誇示する精密機械産業側の意見が目立ちますが、正直、精密機械産業としての古臭さしか感じません。それどころか、マウントというものが本当に100年後にも存在しているかどうかも疑問です。
世の中そんたくでばかり記事を書かれていますが、機械的部分でばかり、写真機を語ることは、かなり馬鹿げているし、未来を想像する力が、あまりにも貧困に思われます。
この分野は、機械部品が減るほどに、ソフトウェアとアイデアの部分が重要になるため、フィルムカメラの延長線上にあった、デジタル一眼レフとは、根本的に異なるように思われます。
一眼レフ時代は、主に機械としての高速化の部分に重きを置かれていたいた部分も大きいと思います。
ですが、機械を取り払うことで、機械としての高速化の意味は乏しくなり、如何にソフトウェアが高速に動くかのほうが重要になってくると思います。
今後、最も重要になるのは、アイデアとソフトウェア開発能力に移行していくことになるということのように思えます。
あと、センサーの高速化が進むならば、写真を今のような感じで撮る意味も希薄になるように思われます。
少なくとも、連写よりは、動画で撮影し、それを切り出すほうが、遥かに合理的な時代が来るように思います。
動画が普通に12bitRAWで撮れる時代になれば、連写など大きな意味は持たないような気がしてなりません。それが8k以上で撮影されるのであれば、それは更に顕著になるような気がします。タイムラインから必要な部分を選択して、それをボディー内現像して、出力すればいいわけです。
個人的には、スチルのプロは保守的で言っていることが的外れで先を想像する力に欠けているように思えます。
デジタルはまだまだ先→すぐにデジタル化した α9登場でも、ミラーレスはまだまだ→完全にミラーレス化にシフト 瞳AFは不要→AIによる劇的進化で、無ければならない機能になるのは必至
動画のように撮影されるようになれば、瞳AFが無ければ、ベストショットの可能性はどれだけ落ちることですしょう?
当然ながら、その時点で動画の技術も上がっていて、その技術のほうが、遥かに重要な時期になっていることも、容易に想像できます。

マウントの持つ意味は、この10年ぐらいは、そのマウントを持つメーカーが、如何に柔軟なアイデアを持ち、ソフトウェア開発能力を保有しているかのほうが、比較にならないほどの重要な意味をもつということになると思います。

つづき
posted by 超画伯 at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

2018年12月22日

PCとか壊れたり、チェキで多灯撮影してみたり

PK1N0003_.jpg
(MiNT Instant Flex TL70 2.0)
CG作ろうとしたら、PCが壊れてしまいました。
残念ですが、何かしたいので、アナログ写真。
二眼レフチェキの出番です。
いえ、本当は出番は無い予定でしたが、何かしないと頭が固まってしまうので、なんとか動いてみた感じです。

PK1N0024_.jpg
(MiNT Instant Flex TL70 2.0)
最近写真もつまらないなぁと思っていたのですが、チェキは面白いです。
多灯ライティングとかもしてみてますが、失敗すると損害なので、慎重になれるので、スリルがあって良いのです。
一枚撮るのにも、えらいエネルギーが必要です。
ですが、体力無いです。
風邪をひいてしまったかもしれません。

PK1N0002_.jpg
(MiNT Instant Flex TL70 2.0)
今日は、忘年会があります。
これから少々休んで、昼からは頑張って動く予定。
チェキで遊ぼうかな・・
でもただの写真撮るのが惜しいのは、アナログ故という感じでしょうか・・

posted by 超画伯 at 02:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

2018年11月14日

チェキ二眼レフ MiNT Instant Flex TL70 2.0

最近、どうもデジタルの写真は、つまらないと思い始めていたのですが、それを回避するために中華レンズなど導入してみました。
なんですが、デジタルというのは、いくらでもコピー可能ですし、いくら失敗しても良かったりで、ありがたみが無いわけであります。
そんな中で考えてみたのですが、ならば本物が一枚しか出来ないインスタント写真でもと思いまして、チェキを導入したわけです。
機種名は MiNT Instant Flex TL70 2.0 二眼レフカメラ

PK1N0040__.jpg
で、インスタント写真の醍醐味といいますか、こういった写真が出来上がることにあると思うんですよね。
最初からイメージがあれば、失敗も最小限にとどまりますしなかなか良い感じです。
ぼくの場合は、ある程度の操作が必要なカメラは、デジタルから始めたのですが、基本構造は同じなので、いきなりでも撮れるようです。

PK1N0028_.jpg
しかしながら、デジカメのように何枚でも撮れるわけではないので、けっこう慎重になるわけですが、これがなかなか面白いわけです。
うん、色々と撮ってみないといけないな。

PK1N0026_.jpg
個人的に、写真で作品?という感覚があります。
あくまでも、それは素材であって、いわゆる映像作品などを作るパーツの一つという感覚、あとは、デザイン用のパーツという感覚を持っています。
なので、なかなか写真家とか名乗るのもどうかと思っているのです。何故か以前から抵抗があります。

PK1N0031_.jpg
ちなみに、こういうの撮るの、けっこう大変です。
ですが、いつものように絵を描くとかアニメーションを作るエネルギーが無いと言いますか、体調を崩してからというもの、このくらいが限界なわけで、それでも何かをしなければと思い撮影などしてみました。色々とアイデアでも考えてみます。とりあえず・・

関連
posted by 超画伯 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

2018年11月08日

半年ほど前まで、ミラーレスはまだまだとか言われてたけど

PK1N0927.jpg
というか、今でも言われているとは思いますが、その多くは、だいたい、ある特定状況でのAFの合焦率に関してのもので、それ以外に関しては、あまり聞きません。
確かにこちらに向かってくるとか、向こうに走っていくとか、そういう状況ではそうかもしれませんが、総合的に見れば、いわゆるガチピン率では、とっくにミラーレスが上回っていて、多くの状況ではより精度の高い合焦が可能です。
こういった事は、総合的に見なければならない事で、ある一点だけを捉えて、劣っているという論調には疑問を覚えます。
いわゆる、苦手な状況を指摘されれば、それを見た人のいくらかは、それを検証してみて、確かに苦手だなという印象を受けると思いますが、はるかに高いガチピン率を差し置いて、ミラーレスはAFが弱いというのは、何か意図を感じるのです。
個人的な感想としては、ミラーレスでの総合的な写真の成功率は、一眼レフとは比較にならないということ。
あと、OVFが優れているというのも、総合的に見てそうかな?と思えます。というのもあらゆるアシスト機能面でOVFは劣り、パララックスも存在し、暗いレンズを付けた時の視認性の悪さは苦痛以外の何物でもありません。マニュアルフォーカスレンズでも、一眼レフは拡大アシストも、フォーカスピーキングもありません。連動絞りも無ければ、絞るとピントも合わせられないぐらいファインダー内は暗くなります。
背面液晶で見れば同じと言われても、外での撮影では見にくい以外の何物でもありません。ホールド的にもぶれが発生しやすくなります。

ふと思ったのですが、一点を捉えて、○○はまだまだとか言いながら、それで自分たちはまだ優れていると勘違いして、色々な分野で海外に出し抜かれているのが今の日本という感じです。
ある一点で、相手が劣っているという過小評価は危険以外の何物でもないような気がします。
この気質は、何か日本の伝統でもあるような気もします。
何か相手を過小評価するわけです。
アメリカとかは、割と相手を高評価する印象を持っていて、それを見て第二次世界大戦の日本は優れていたというある種の優越感を持つ人もいるかもしれませんが、事実は負けています。攻撃力は高くても、生存率の低い戦闘機もしかり。
結果としては、生存率が高いほうが、総合力で優れていたから、後に結果が出ているという感じです。一撃離脱戦法は卑怯とかの声も聞かれますが、そうだとすると、あらゆる兵法は卑怯ということにもなりかねません。
冷戦時代もそうですが、実際のソ連は思っていたよりも脆弱だったのですが、アメリカは過大評価していたような気がします。
結果は今に繋がっていますが・・

そうなると、今のTVでやっている、世界の中の日本、日本は皆から愛されている的な番組というのは色々と危険なものだと感じるわけです。
そういうのは、ネットでブログとかを見ていても、広告として流れてきたりもします。
思うに、現実逃避なのか、自分たちの気分を良くする事に徹してるのか、何か大本営発表のようなものを感じるわけです。
気が付いた時は、取り返しのつかない事になってしまっているような気がしてならないのです。

posted by 超画伯 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

2018年11月03日

中華レンズで映像を撮ってみた

これは、SONY NEX-6とNEEWER 35mm F1.2レンズによる映像日記であります。
おそらく、最近の普通のレンズでは撮れない映像だと思いました。
あと、NEX-6ですが、小さいので威圧感が無く、映像を撮るのに向いているのかなぁと、改めて思いました。
ビデオカメラだと、けっこう周りは気にするのです。ぼくが持っているEマウントビデオカメラ、VG-20はそれなりに大きいですしね。
とりあえず、この構成で色々と使い道ありそうだなぁ・・

関連
posted by 超画伯 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記
リンク集