2017年10月23日

DiMAGE Aシリーズとα7シリーズ

こちらの記事は薔薇名写真部のほうにもアップしております。
PICT0029.jpg
(DiMAGE A1)
今年の秋は雨がよく降りますね・・
というわけで、出かけることもできず、運動不足になる一方なんですが、台風が来た後、やっと晴れたわけです。
というわけで、少々歩こうと思うわけですが、最近はイノシシが出るからか、柵などがあって、山とかに侵入しにくくなってしまいました。
ということで近所の公園の裏山にのぼってみました。
手入れされていて、これといって何も無いわけですが、キノコなどは生えています。食えるのかどうかは知りません・・
で、何で撮れば良いんだろうかな?と思うわけですが、マクロ撮影が得意なカメラが好ましいのは間違いありません。
で、持ち出したのがこれ・・
今は(カメラ部門は)無き、コニカミノルタのDiMAGE A1・・昔はけっこう凄いスペックのカメラだったようですが、今ではスマホ以下の性能かもしれませんね・・ちなみに2003年発売。
なんですが、フイルムカメラにとどめをさせた世代のカメラの一つでもあり、それなりに画質も期待できそうなもんです。
久々に見て思ったことですが、スペックはともかく、操作系や手振れ補正など、えらく現代的なカメラです。
特に操作系は下手な今のカメラよりも良く、機能は現代的な装備が満載で、これをレンズ交換できるようにして、センサーを大きくしたら、コニカミノルタを引きついだソニーのαシリーズ(Eマウントのほう)のようなカメラになるわけです。チルト可能なEVFなどはαシリーズよりも優れていて、非常に使いやすいのです。
このカメラの後継をずっと待っていたわけですが、個人的にはα7Uシリーズが一番使い勝手的に近いものだったわけです。
とは言いましても、α7Uの操作系はDiMAGE Aシリーズよりも劣る感じで、外部の操作系ではDiMAGEが圧倒してる感じです。とにかく使いやすい。しかしながら、古いだけに動作も遅く、各スペックで劣るわけで、当然ながらトータルではα7が使いやすいということになるのでしょう・・

DSC02012.JPG
(SONY α7U/Super-Multi-Coated Macro-Takumar 100mm F4)
付けてるレンズは古いですが、単焦点のマクロレンズ・・高倍率ズームのDiMAGE A1のミノルタGTレンズとは比較にならない画質を持つということになるでしょう・・オマケにセンサーサイズは135フルサイズ。DiMAGEの2/3型センサーとは比較にならない大きさです。
とはいえ欠点もあります。被写界深度が浅すぎるのです・・これはF8まで絞っています。DiMAGEはたしかF4.5かF5だったような・・低画素なので、小さいセンサーでも、このくらい絞ってもなんとか大丈夫な感じです。
とりあえずですが、山の中に入る場合は、今でもサブ機としてけっこう使えそうな気はしました。

つづき
posted by 超画伯 at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

2017年10月21日

雨ばかりだなぁ

SDQH0819.jpg
最近、雨ばかりなわけですが、先日は少しばかり晴れとは言わないまでも、曇りだったわけで、少々歩いてみました。
残念なことに、脚力の低下で満足に歩けない状態なわけですが、けっこう歩きました。
写真機をもっての歩きなので、重量は加算です。
レンズという選択肢があるわけですが、持ち歩いたのはタクマーです。
使ったのは、結局55mm F1.8 と50mm F4 macroの2本のみ。。
カメラはSD クアトロ Hですが、湿度の関係か具合が悪い。。変なノイズが出てまともに撮れない状態。。
そう考えるとソニーやらペンタックスは優秀なわけですが、撮った感で言えばsd>K-1>α7という感じで、少々Mな気分でも味わわないと、何もしなかった感に襲われるわけです。つまるところ、運動したという気分にならないと言いますか。。
まぁ、こういうのを合理的に楽に済ませるのならば、スマホが最適なんでしょうが、それこそ何もしなかった感が半端ではなさそうです。そもそも、スマホ含めて携帯端末に興味はなく、携帯はガラケーのまま。。そもそもsnsに興味がなく、可能であればしたくもない性分なので、スマホの基本料があれば他の機材が買える分、得という感覚です。
ネットもマンネリ化が進んでいるかと思いますので、苦手ながら読書のほうが増えました。深い話は本のほうが深いわけです。
あと、今は気分的に人と会いたくない状態でして、自然でも見ながら、謎の頭痛の回復でもしたいところです。
とは言いましても、いつまでも人と会わないわけにもいかんでしょうけど。。
あと、頭が悪いですね。。何も吸収しようとしない。。何なんでしょう?思考力も低下して、アイデアも出ません。

SDQH0827.jpg
雨ばかり降っていたので、キノコでも生えているだろうと思ったのですが、案外ありませんでした。。いや、単純に見つけれないのか?注意力が散漫です。。
もう少し様子を見ながら回復しないとという感じで、わずかな写真を撮って帰宅。。
というか、写真どころではなくて、めまいを何とかしないといけない。。
とりあえず、自律神経を何とかしないと。。
帰宅後は吐きまくりで、やはり自律神経の調子はよろしくないようです。

posted by 超画伯 at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

2017年06月09日

壊したカメラが帰ってきた

写真日記なんだけど、写真はありません・・
カメラが壊れたのは落としたからであります・・どんくさくなったものです。
最近、座りっぱなしで作業しているので、本来は一時間ぐらいは歩くべきなのでしょう・・それも、最近は体力を無駄に食ってしまい眠くなってしまうので、ひたすら作業をしています。
しかしながら、やはりと言いますか、ブクブクと太りますし、ストレスで日記も増えてしまうわけです。
どうこう言いながら壊れたカメラは家に何個か転がっています。
これを直せばよかったのでしょうが、デジタルの印象的なサービス期間の短さを思うと買い替えというか買い足しになってしまっていたのが現状です。実際は以前からサービスの保証期間は長くなかったのですが、10年という歳月があまりにも早く感じるようになってしまったことも大きな要因です。

つづき
posted by 超画伯 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

2017年05月29日

SIGMA SD Quattro H(SIGMA SAマウント)にはPENTAX Kマウントのレンズが一部付くようです

DSC01552.JPG
もう気が付いておられる方もいるかもしれませんが、SIGMA SD Quattro HにはPENTAX Kマウントのレンズが付くようです。
これを、たまたまなんですが、PENTAX KマウントのSIGMAレンズを間違えて付けてしまって、あれ?絞りが動かないな?と思ったわけですが、当然電子接点も繋がらないし対応していないわけだから動くわけがありませんね・・
なのですが、これからAポジションを外して中途半端にレンズをはめてみると、手動ですが、絞りも使えるではありませんか・・
レンズを外すときは困ったのですが、これは再びAポジションに絞りを戻せば、外れるようです。

DSC01553.JPG
FA50mmならば、絞り解放でこのくらいの位置で付けると、すべての絞りが使えます。


DSC01556.JPG
解放

つづき
posted by 超画伯 at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

2016年11月27日

片山真理さん ライブ&トーク撮影 ルネスホール

DSC00164.JPG
岡山県の依頼で、ルネスホールで行われた、アーティストの片山真理さんのライブ&トークの撮影をいたしました。
昼飯をご一緒したのですが、共通の友人の話などで盛り上がりました。
ところで、ぼくなんですが、よく見たら宇野港芸術映画座のユニフォームですね・・最近色々なユニフォームもらって、そればかり着ている気がします・・
で、撮影と言いながら、実は動画撮影がメインであって、写真まで頼まれていたので、どうしたことかと思ったのですが、ここはシャッター音の出ない動画を中心に撮るということで、写真は少なめ・・申し訳ないですね・・
で、少々撮った写真を一部だけアップ・・

DSC00229_.jpg
こちら、主役の片山真理さんです。


画像3.jpg
これは、一応動画からの切り出しです・・


つづき
posted by 超画伯 at 04:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記
リンク集