2018年05月11日

忘れ去られていたレンズ

PK_17767_.jpg
(PENTAX K-1/SAMYANG 8mm f2.8 umc fish-eye)
今日は、車検に行きました。
車自体に興味が無く、こんなにコストがかかり、リスクのある乗り物に、できれば乗りたくないのですが、地方暮らしもありますし、しぶしぶ乗っています。
以前は、車も興味がありまして、それはそれは夢を抱いていたものですが、いつの間にか、ただただ面倒で、掃除も怠る始末です。

デジカメなんかもですが、始めたころは、それはそれは夢を抱いておりまして、初心者にありがちな、いかにも特徴の分かりやすいレンズといいますか、魚眼レンズとか購入していました。
今は、ハイクオリティーなものも含め色々と出ていますが、SAMYANG(サムヤン)というブランドのレンズが店に出回りはじめたころは、8mmの魚眼と14mmの超広角と85mmの中望遠の3種類しか無かったように思われます。実は、それ以前からOEMで何種類かのレンズが売られてはいたのですが、そんなこと知るよしもありません。韓国のブランドですね。
とりあえず、29800円と格安だったこともあって、3種類とも買ってしまいました。
最初はうれしかったのですが、左上の隅の減光が著しくて、気になってくるとすぐに飽きてしまいました。で、何年も防湿庫で眠っていたわけです。
これにかかわらず、他のレンズに関しても飽きははやくて、最近は買わないほうが良いのではないかと思っていたりします。
テレビが4Kになってもつまらないのと同じで、実のところ面白い意図のある写真でも撮らないと、いくら高精細に撮れても意味はないのです。
ぼく自身映像作品を作ったり、絵を描いていたりするので、その点はよく分かっているつもりではあります。なんですが、なんでもかんでも作品となると重すぎるので、ちょっと気楽に遊べて、あっさり出力できる、デジカメでストレス発散とかできたらという言い訳から、惰性で写真を撮っていたりします。作品ではないということにすれば、プライドも必要ないですしね。
今年、仕事で病気になったこともありまして、ますます無理はできません。

ところで、このレンズ、K-1のクロップ機能だと左上の減光無くなりました。万歳!

つづき
posted by 超画伯 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

2018年05月07日

最近カメラを見なくなった

SDQH1051.jpg
(SIGMA SD Quattro H/ TAMRON 90mm F2.5 MACRO[52BB])
最近、カメラを持って歩いている人が少なくなりました・・
もしかしたら、自分が、そういう人たちのいるところに行かないからか、それとも、自分自身が動かなくなったからなのか?観光地や名所などに興味がない・・
普通に考えてみれば分かるのですが、カメラをもっている人は、より増えています・・スマホですね。
より簡単な手段が増えたのだから、大きなカメラを持ち歩く人が少なくなるのも当然でしょうし、SNS等で共有するならばなおのことでしょう。
ぼくは、最近、うつ病を患ったことによって、以前よりSNSを圧倒的に見なくなりました。なんか馬鹿馬鹿しいと思うからです。ちょっと飯を食ったり遊びに行ったりしてそれをアップして承認欲求を満たすとか何の意味があるのだろうと思ってしまいます。

PK_18788.jpg
(PENTAX K-1/SIGMA 20mm F1.8 EX DG ASPHERICAL RF)
では、スマホとの差別化からか、ミラーレスも含め、年々巨大化するカメラシステムを持って何ををするのかといえば、無意味なものを撮ったりして歩いているだけです。
以前は、外に出れば何かあるという期待感から、レンズも沢山持って歩きましたが、最近はカメラに1つレンズをつけて、それで撮ってみたりしているだけです。以前のは、写真に対する興味から、レンズを比較するという意味もあって多く持ち歩いていました。
でも、しばらくそれを繰り返してみると、好みはだいたい決まってきます。好まないものは当然使わなくなってしまい、防湿庫の中で眠っています。
まず、ズームレンズ・・これは本当に使わなくなりました。基本的に絵が好みではない場合が多くて、便利といえば便利なんですが、収差もあって好きになれません。たぶん、新機種にも興味を持たないと思います。
そういえば、ぼくは、あまり便利さというものに興味がないのかもしれません。
最近使っている機材は、PENTAX K-1、SIGMA SD Quattro H、SONY α7Uの三機種です。その中でも多く使っているのはSIGMA SD Quattro Hで次にPENTAX K-1です。α7Uは、もっぱら便利な道具として使っている感じで、時々サブ機として使っている感じです。撮った物体の輪郭のキワの処理と言いますか、どうも絵が好きになれませんので、ブログにアップすることも少ないです。
ただ、αには、ズームレンズは買ってみようとは思っています。将来性が高いシステムだし、とりあえず利便性を考えたものだからどこかに行くときに使うかもしれません。

SDQH1359.jpg
(SIGMA SD Quattro H/SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM)
結局のところ、なぜ意味もなく写真を撮るかと言いますと、買ってしまった機材がもったいない気がするからです。あと、何か行動に意味を持ちたい・・
何か仕事が無い限り、機材の更新は当分ないでしょうが、本当に必要なのはごく少数。
スポーツを撮らず、飛行機や車を撮らずで、動き物は撮らないのだから、もう十分すぎるのかもしれませんね。

posted by 超画伯 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

2018年04月06日

雨の中を歩いてみる

SDQH0964.jpg
(SIGMA SD Quattro H/SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM)
今日は雨でしたが、少々歩いてみることに・・腕力無くなってカメラが重いですが、筋トレも兼ねて持ち出してみました。



SDQH0947.jpg
(SIGMA SD Quattro H/SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM)
とりあえず、濡れないように橋の下あたりをうろうろしてみます。
撮ってみましたが、相変わらずザワついたノイズの多いクワトロセンサーです・・
フォビオンセンサーの美点といえば、滑らかな諧調というのもありましたが、このセンサーはそういった点ではよろしないですね・・
現状での三層センサーの限界といえば限界なのでしょう・・
それでも立体感は出ます。

つづき
posted by 超画伯 at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

2017年11月30日

うつ

PK1N6801.jpg
(PENTAX K-1/SMC PENTAX-DFA 100mm F2.8 MACRO WR)
鬱がひどいです。
噂通りで、何の気力もわかず、消えたいと思うばかりの時間・・
何とかしたいのですが、なんともならず、耐え難い時間を寝て過ごす日々。
波はあるので、少しおさまっているうちに日記でも書いて気力も上げようと試みていますが、下手をすると、さらに下がってしまうのが難です。
頭の思考力も著しく下がってますので、まともな思考もできずで、少し楽な時に写真機でも持って散歩でもしようとしましたが、その気力はなくて、隣の家からのびてきているアジサイの花を庭から撮るのがせいいっぱい。
とはいえ、これができる時は、まだマシな時です。酷くなれば、当然日記も書けません。
この状態、いつまで続くのだろう・・
先月から風邪などの不調も続いています。


posted by 超画伯 at 14:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 写真日記

2017年10月23日

DiMAGE Aシリーズとα7シリーズ

こちらの記事は薔薇名写真部のほうにもアップしております。
PICT0029.jpg
(DiMAGE A1)
今年の秋は雨がよく降りますね・・
というわけで、出かけることもできず、運動不足になる一方なんですが、台風が来た後、やっと晴れたわけです。
というわけで、少々歩こうと思うわけですが、最近はイノシシが出るからか、柵などがあって、山とかに侵入しにくくなってしまいました。
ということで近所の公園の裏山にのぼってみました。
手入れされていて、これといって何も無いわけですが、キノコなどは生えています。食えるのかどうかは知りません・・
で、何で撮れば良いんだろうかな?と思うわけですが、マクロ撮影が得意なカメラが好ましいのは間違いありません。
で、持ち出したのがこれ・・
今は(カメラ部門は)無き、コニカミノルタのDiMAGE A1・・昔はけっこう凄いスペックのカメラだったようですが、今ではスマホ以下の性能かもしれませんね・・ちなみに2003年発売。
なんですが、フイルムカメラにとどめをさせた世代のカメラの一つでもあり、それなりに画質も期待できそうなもんです。
久々に見て思ったことですが、スペックはともかく、操作系や手振れ補正など、えらく現代的なカメラです。
特に操作系は下手な今のカメラよりも良く、機能は現代的な装備が満載で、これをレンズ交換できるようにして、センサーを大きくしたら、コニカミノルタを引きついだソニーのαシリーズ(Eマウントのほう)のようなカメラになるわけです。チルト可能なEVFなどはαシリーズよりも優れていて、非常に使いやすいのです。
このカメラの後継をずっと待っていたわけですが、個人的にはα7Uシリーズが一番使い勝手的に近いものだったわけです。
とは言いましても、α7Uの操作系はDiMAGE Aシリーズよりも劣る感じで、外部の操作系ではDiMAGEが圧倒してる感じです。とにかく使いやすい。しかしながら、古いだけに動作も遅く、各スペックで劣るわけで、当然ながらトータルではα7が使いやすいということになるのでしょう・・

DSC02012.JPG
(SONY α7U/Super-Multi-Coated Macro-Takumar 100mm F4)
付けてるレンズは古いですが、単焦点のマクロレンズ・・高倍率ズームのDiMAGE A1のミノルタGTレンズとは比較にならない画質を持つということになるでしょう・・オマケにセンサーサイズは135フルサイズ。DiMAGEの2/3型センサーとは比較にならない大きさです。
とはいえ欠点もあります。被写界深度が浅すぎるのです・・これはF8まで絞っています。DiMAGEはたしかF4.5かF5だったような・・低画素なので、小さいセンサーでも、このくらい絞ってもなんとか大丈夫な感じです。
とりあえずですが、山の中に入る場合は、今でもサブ機としてけっこう使えそうな気はしました。

つづき
posted by 超画伯 at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記
リンク集