2015年02月06日

Tampere Film Festival 2015 タンペレ映画祭2015

My film "Tenshi Modoki" was selected by the International Competition of Tampere Film Festival 2015.

http://tamperefilmfestival.fi/…/…/international-competition/

このたび、作品”天使モドキ”が、オーバーハウゼン、クレルモンフェランと並ぶ、最も重要な短編映画際で、北欧最古の短編映画際、タンペレ映画祭のインターナショナルコンペティション部門にノミネートされました。

INTERNATIONAL COMPETITION 8: A WORLD ANIMATED

TENSHI MODOKI
Tomomichi Nakamura | A | 13′ | Japan | 2014

の項目です。


スタッフ

制作、アニメーション、編集、他
中村智道

音楽
石田雅彦
池田洋子


主人公
大西千夏

群集
青木光男
中村智道

美術
石井みつこ
中村智道

音声録音
松下徹

英語字幕
川端浩平

よろしくおねがいいたします。


img013.jpg

つづき
posted by 超画伯 at 04:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画祭

2014年11月22日

新聞記事 天使モドキ関連

img005.jpg

山陽新聞に掲載されました
岡山映画祭上映は明日です
posted by 超画伯 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画祭

2014年11月07日

岡山映画祭2014

スナップショット000002.png

作品”天使モドキ”で
岡山映画祭2014に参加します。
よろしくお願いいたします。
posted by 超画伯 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画祭

2014年10月27日

小口容子プレゼンツ 変態まつり関連 天使モドキ上映

スナップショット000002.png


天使モドキ

http://www.uplink.co.jp/event/2014/31716

こちらから予約できますので、興味のある方是非・・

過激な作品群の中ではビジュアル的におとなしい作品となりますが、個人的には見劣りしないものだと思っています。
いわゆる実験映像とビジュアル等は異なりますが、ぼくの場合は昔から作られてきた実験映像のような姿をしているものを実験映像とは思っておらず、ある程度の完成度をもって実験要素を盛り込んでいますので、明確に実験はしております。


ここで発表することになった契機について書きますが、ぼく本人はこの一見大人しい作品をこのイベントで発表することになるとは思っていませんでした。

単純に完成した作品をご恩のある小口容子氏に見せて評価してもらおうと思ったのが契機となります。

見せた理由は、ぼくが思うに、おそらく小口氏はこの作品を好まないかもしれないけど、それは置いて冷静に評価してくれる人だと思ったからです。

これまでの作品とは基本的に構造が異なり、読み取れる人は非常に少なく自信が無くなりかけていたこともあります。

そこに至までに、それを読み取れた方は、美術評論家の小倉正史さんと少数の方しかいませんでした。

結果としては、上映していただけることになり、これは最高の評価であると受け取っています。


従来の映像作品とは読み取り方が異なりますので、分かりにくいかもしれませんが、よろしくお願いいたします。


つづき
posted by 超画伯 at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画祭

2014年10月25日

主人公の目線の先に見えるもの


来週は東京に出かけますので、今のうちに貼っておきます。
一応ぼくが書いたコメントです。
よろしくお願いいたします。

岡山の赤磐市という田舎でコソコソ一人でアニメーション等を制作している中村と申します。
このたび5年ぶりに新作が出来ましたので、いつもお世話になっている変態まつりで発表させていただきます。
よろしくお願いいたします。
この「天使モドキ」という話は、5年前、ジョイフルで友人と食事中に突然脳内に舞い降りてきた話です。
今、冷静に考えますと、ぼくのものを作ることへの思いそのものだったような気がしています。
それを個人的実験と言いますか、”主人公”の主観的視点で話を構築する手法を使って制作しています。
つまるところ、途中まである視点そのものが、物語の中で重要な位置を占めるという構成です。主人公の目線の先に見えるものにご注目ください。
それにより、主人公が何をもって”個”となり得ているのかということを問っているつもりではあります。
それが脳内に見えたとき、それそのものが”天使のような存在”に見えたことを覚えています。
作品が作品そのものを指すと言いますか・・
何か新たな挑戦をされてる方に観てほしいと本人は思っています。
もしかしたら分かりにくいかもしれませんが、お楽しみいただければ幸いです。
(中村智道)
posted by 超画伯 at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画祭
リンク集