2022年07月22日

となりのネトウヨ

正直な話、壺ですらないネトウヨは詐欺に気を付けたほうが良いと思う。
度が過ぎる安倍信心も酷かったし、生き神様扱いで、もはやどのような嘘に対してもついていく有り様であり、安倍さんを悪く言う人は絶交という感じで、周囲に圧力もかけていた。意見に逆らう者に対しては誹謗中傷や人格否定のような反応ばかりで、正直理論的と思えるような意見はなく、感情的なものばかりであった。このようなカルトは絶交で良いのだが、こういう連中が、身近な言論封殺をしていたのも確かだ。しかも教義は、例の壺売り教団と同じなのである。ネットの熱烈な信者でもあり、50を過ぎた中年が多かった。しかし、そうだとしたら、これまで見てきた状況証拠というものが沢山あって、そもそも自民党が壺と近い、或いは派閥が壺そのものレベルに酷いというぐらいは分かるような事はたびたびあったはずだ。
とにかく韓国が嫌いで、当然、壺も嫌いであったのだろう。何故なら彼らには、それと韓国そのものを見分ける知性も無かったと思う。しかし、事実は韓国=壺ではないのだ。というか、むしろ蓋を開ければ、壺憲法を作りそうなほど日本のほうが壺っているのである。
そして、ネトウヨは何でも韓国と結びつけたカルト批判も激しかった。にもかかわらず、韓国の壺カルトの教義を信じてネットで広めるとか痛いとしか言いようがない。カルト批判は、壺がライバルを叩き落とすためのデマも多かった事だろう。さらに滑稽なのは、やたらと韓国に関しては物知りなのである。それで、あの界隈から漂うカルト臭を見分けられないとかいったい。。
それに、野党が韓国に近いとか、だから反日だとかバカとしか言いようがない。そもそも、保守か革新かで反日かどうかとか、どういう幼稚な精神構造なのか?勝共を知っていれば、政治的に韓国、特に保守and壺に近いのは自民だろう。勝共に連なる名前を見ても明らかだ。それで東西陣営論とか笑うしかない。しかも、時代錯誤も甚だしい。ネット以降、壺界隈を含め、偽保守が流す逆張り情報を鵜呑みにしたネトウヨがそのあたりの工作に乗り、嘘を垂れ流し、デタラメの虚像を作り出したのだろう。
今の日本は、その間抜けさからか、すっかりカルト色に染まり、北朝鮮のような国を目指しているように見える。多様性そのものすら理解できなかったネトウヨエフェクトは大きかったと思う。そんな中で持ち上げられたテレビコメンテーターなども下品でオラついてる一見右っぽい連中からは、壺擁護が酷い有り様である。というか、この連中がカルトを擁護っておかしくないか?そもそもそういうものに下品に罵声を浴びせ批判してた気がするのだが?やはり壺をキング・オブ・カルトにしたかったのか?というか、行動的にはそうだと思わざるをえない。
よくもまぁ、日本をここまで酷い国にしてくれたものだ。
posted by 超画伯 at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年07月20日

本音

IMG_20220720_113830.jpg
現在東京で、これから帰宅するところ。
ここ数日、けっこう本音の話をしている。
世の中は嘘ばかり。正直、SNSもカルト臭しかしない。というか、そういうものが作り出したレールの上でしか話ができないのだろう。群のためか忖度なのか、良いことをやっているつもりの一人々も、暗い未来を作り出す手伝いをしているだけだったりする。そりゃそうだ、同じレールしか皆理解できないのだ。
そんな中で、ぼくは自分の核そのものを探して作品を作る事をしている。前もって言っておけば、それが見つからない事は百も承知だ。ただ、それを認識しようとする行為が、新たな何かを作り出すのだと思っている。
posted by 超画伯 at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年07月13日

さして驚きもない

なんだろう、ここ一連の例の元首相殺害事件とその裏にある宗教団体の関係の件。
そもそも知れた話で、特に驚きもしないし、事件が起きたときも、さもありなんという感じでしかなかった。そういう意味では、ここ数年間の日本そのものに対する諦めの感情から、ほら見たことかという感情しか沸かなかった。人が死んだ?その一人の死人の所業で、どれ程の人が死んだのか想像もできない。そもそも、驚くほど下品で、声ばかりでかい人たちの言うことを真に受けてのネット信心にあきれ果て、半ばどうでも良くなっていたわけだ。
この件に関する話は、ぼくはリアルな世界で人に話すも、それは陰謀論としか捉えられなかったわけだ。本当に保守思想であれば、あのような政権を支持できるはずもないが、思考停止した群れは、トップが正しいこと前提で、それが何をやっても他人のせいでしなかったのだ。悪夢のような時代?今が悪夢というか、これが現実だろう。いたるところにカルトを侵食させ、超法的存在になった首相が好き勝手やっていた時代。要は、もはや法(言葉)で裁くことができない存在が好き勝手していた時代。正直、選挙の時も呆れて笑うしかなかったが、出世のためにカルト教団の行事に自ら進んで参加する議員たち。要は私利私欲の連中ばかりがもてはやされる時代というものが、これで変わるのか?ということだ。
そもそもだが、今回の事件を見ても分かるが、ネット以前の知識のほうが、よほどにあてになるというものだ。何故なら、現実を見て物事を考える必要があった。それをやめ、誰でも匿名で書き込める空間の駄文を信じる。それほどまでに人の思考力はよわかったのか?という嘆きばかりだったのだ。
余談だが、地方に巣食うマルチにも気を付けたほうが良い、似たようなものだ。意識高い系には気を付けたほうが良い。本当に意識が高ければ、これ見よがしにリア充アピールなどしない。そういう人間ばかりをとりあげる地方マスコミもどうかしているというか、今回の件と似たような構造があるとしか感じない。
まあ良い、それは群れに関しての話だ。ぼくの関心は、既に個に向いている。

posted by 超画伯 at 04:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2022年07月06日

なんか忙しくて嬉しい

P6212516.jpg
ここ最近忙しく、バタバタとしている。当然それは嬉しいことだ。
最近は、制作のため、蟻ばかり育てているが、それはライフワーク的になるのか、それともまた他の事をするべきなのか?ゆっくりにせよ、人と出会いがあるかぎりは、それをしたいとも思っている。テーマは絞っており、多くの出会いは無いにせよ続けたい。
賞を取るための作品をいつまで続けるのか?という質問もあった。確かに、ぼくは国内外で既に賞をとっているし、必要は無いかもしれない。活動のほうが既に重要だ。ただ、発表をする事が困難なため、賞を取る必要もあるのかもしれない。賞を取れば、とりあえず発表はできるのだ。
映像からのオファーもある。ぼくは、それを作りたいし、途中まで作っているものもある。ただ、4年前で止まっている状況だ。
映像の利点は順路で見れる事だ。対して写真は同時性だろうか?展示した場合、物事は同時に見ることが可能だ。何を作るかで、物事の性質を見極める事も重要だろう。
posted by 超画伯 at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年06月27日

眼精疲労

ここ最近、眼精疲労が酷く、あまりPCを長時間見れない。片頭痛も起きるし、何かしらのダメージを負ってしまう。
なので、ネットを見るのも大幅に減ってるし、蟻を凝視するのも疲れてしまう。なんだろう?
ただ、歩いたりすることは、少し前よりは良くて、明日は久々に撮影に出る予定。ともかく、ストックは必要だろう。

posted by 超画伯 at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記