2016年10月13日

さっ・・制作制作

PA130763.jpg
オキナインコの荒鳥の”オクラ”さんです。
2歳で、手乗り経験無し・・人を見れば、この世の終わりのように心臓バクバクの慣れていない鳥さんです。
ぼくの使命は、このオクラさんから、人間に対する恐怖を取り除いてやることです。
ひたすら絵を描きながら、近くに寄り添ってもらうのです。
恐怖は恐怖のままで良いか?いんや、良くない。
ここは日本だし、彼(彼女?)の故郷からは、はるかに遠い・・ならば人間と楽しく暮らして美味しいご飯でも食べているほうがストレスなくて退屈も無いでしょう。

先日、とある劇団の劇を見ました。けっこう長かった。腰が痛くなりましたが、それ以上の感想はありません・・申し訳ありません。
最初に、「意味はありませんので」と、ことわりがありましたので、最後までそれを貫いたのだから、嘘偽りは無いのです。
そう、現代の最も崇高な使命というのは、従順な労働者の育成であり、ゆとり政策や、派遣労働における政策等を見ても分かる通り、思い通りになる従順な労働力が不可欠なのです。
そういう人たちに必要なのは喜怒哀楽の中の喜と楽だけであって、4つが揃えば思考に変わってしまうので、従順さも失われますし、疑いを持つという不幸を嚙み締めなければならないのです。
そう、成長することを諦めて、無力感からも脱却して、小さな喜びを噛み締めようと啓蒙する必要があるでしょうし、お上の言葉にあふれるネットやらTVやらセミナーやらこそが真理なのであり、ここに階級が固定されることにより、上流には安定を、下層には心の平穏を・・というのが、芸術の役割なのでしょう。それ以外をやろうものなら、皆様がネットでも監視しておられる!
すぐに切られる社会に必要なものは従順さですし、もしそこで矛盾を感じるならば、この世を去ってくれてけっこう。そういう社会こそが、これからの人間に必要な社会であり、そこに住む進化した人間なのであります。
そう、考えてはいけない。もう一つ必要なものがある。従順な労働力の繁殖と職からの離脱を避けるために必要なものは飢えでしょう。
そうなっても小さな喜びを噛み締めよう。考えてはいけない。魔法の言葉で世の中を覆いつくそう。そう、あなたは幸せなんだよ。
お上に逆らっては芸術は成り立たないのだから、それを啓蒙するのが芸術の役目なのです。お上は自らの声を発する芸術を求めているのでしょうか・・深層の部分で。

というわけで、それとは関係のない制作をだらだら始めます。
posted by 超画伯 at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月08日

体調不良で動けない日々

今日は、空気が薄いのではないかというぐらい息がしんどく、父親の見舞いに行ったついでに脈拍を計ってみたらみたら脈拍が110ほど・・異常に早い・・あと下の血圧が高くて100を超えていました。
帰宅してから睡眠・・しかし基本的なしんどさは治らず・・
精神状態もよろしくなくて、薬の量を増やしました。
色々悪くなっているようだし、無理はできないな。
posted by 超画伯 at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月13日

安価な中華タブレット StarQ Pad W01J を買ってみた

R0014409.JPG
現在、千葉でして、アンドロイドだけでは心もとないのと、ちょっとした仕事もできないので、中華タブレットのStar Q pad W01Jとかいうのを1万円以下で購入しました。
ためしなんですが、この記事も、このタブレットで書いたりしています。
最初の感想を言いますと、値段の割にスペックと、液晶の画質がけっこう良いということです。他にはインテルのモバイル用クアッドコアCPU Atom Z3735Gを搭載していることなどなんですが、メモリーが1ギガでストレージが32ギガというのは、ぼくにはつらいところではあります。それでも、昔映像編集に使っていた、Dell の XPS Gen3なんかと比べると、以外にサクサク動く感じです。さすがにクアッドコアというか、新しいだけのことはあるのでしょう。ちなみに、ぼくのDellは、今でもWindows10で現役選手。。唯一の32bitPCとして重宝しております。
このタブレットは、初期状態はWindows8.1なんですが、10にアップグレードしました。一応近日中のメジャーアップデートでは、2ギガのメモリーが必要との話もあるのですが、まぁ、知ったことかという感じです。最初からこれよりスペックの低いWindows10タブレットもあるというのにどうするんでしょうね?

R0014414.JPG
一応、キーボードも購入しました。持ち運び用のカバーでもあります。
今、特に不便なのは、マウスがないことですね。。USB差し込み口は一つしかないので、分岐するか、無線のマウスでも購入することでしょうか。。色々使いたいので、とりあえず分岐して色々付けてみることにします。電源の確保も必要でしょうね。。

つづき
posted by 超画伯 at 11:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月07日

パナマ文書に思う

K52S1011.jpg
パナマ文書に思うことを書きます。
ぼくは以前からアートで言われ続けてきた繋がりという言葉をとても胡散臭く感じていました。グローバリゼーションとかよく言われだしたころから、いつの間にか合言葉になって、世界が繋がろうと・・これは良い言葉なわけですが、そういう感じの言葉は批判されにくく、隠れ蓑になりがちで、その陰の部分は覆い隠されて知られることもなく、実に都合よく使われる・・今の世の中はそのように構築されていると感じていたからです。ぼく自身が思うことですが、国という壁は必要です。それは、それが無いと富の再分配が行われないから・・それが言葉として美しいとか、そういう問題ではなく、現実として、その壁が希薄になれば、貧富の差は拡大し富を持つ者だけが国境の壁を越えて富を移動させ、更に強大になるでしょう・・そして、多くの人たちは美しい言葉の中で、それに逆らうことが出来ずに奴隷化するでしょう。言葉からは経験的に得られた支配の方法のための方便があふれているように見えます。自己を良いイメージで見せようとするならば、嘘だとしても、そういう良いイメージを持った人たちの仲間入りをしなければなりません。それは、そういう世界のヒエラルキーを作り出すものでもありますが、それが何をもたらすのか考えることもない..なぜなら格差がどんなにあろうと、言葉の上では”仲間”なのだから・・
かといって、国が強大で強すぎてもいけない・・
その中で、ぼくが言いたかった作品が”スピリッツ”シリーズで、現在も制作しています。



湯原温泉AIRについて

この時系列でみると読み取れるところもあると思いますが、世の中はグローバリストの思うように動いていたように思います。
そして、多くのアーティストと名乗るものが、それに乗り、いわゆる地ならしをするようなイメージを作り続けてきたように思えます。そもそも、そこから気が付いたことをぼくが作ったといったほうが良いかもしれません。
この分野以外でも、グローバリストともとれる人々が、今のこういった世界を推進するべく発言をしてきたと思いますし、今後もそれは続くのかもしれません。
ぼくが確信していることは、良い言葉だけで世界は良くならないし、光だけでも世の中は見えなくなる・・影の無い世界もまた闇だと思うのです。

つづき
posted by 超画伯 at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月17日

坂本弘道 倉地久美夫 波多野敦子 湯原音泉AIR いよいよ19日(土)開演

坂本弘道 倉地久美夫 波多野敦子の三人による編成は初となります。背景になる中村智道の展示を含め、期待を裏切らない演奏になると思います。是非ご来場ください。

音楽祭表アウトライン.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。

湯原温泉AIR音楽祭

湯原音泉AIR

世界各国の権威ある映画祭や美術館で発表し評価されている新進気鋭の美術家、映像作家の中村智道の展示のイメージに合わせた特別トリオ編成。トリッキーかつ優美な演奏とパフォーマンスで魅了する坂本弘道と多重人格の様な底無しの表現力を持つ怪人倉地久美夫の歌とことば、深い影を落とした欧州のお伽噺の様なヒステリカルで美しい世界を持つ弦楽奏者、波多野敦子。その独創性強い四人四様が織り成す虚実皮膜な中毒性高い混沌官能音楽夜会。

※当音楽祭の開演につき、演奏のため、中村智道展覧会 スピリッツ零三の展示の一部を撤去いたします。そのため、通常時とは展示の形状が異なります。ご了承ください。

sakamoto.jpg
坂本弘道 Hiromichi SAKAMOTO(cello,musicalsaw,electronics)
多種多彩なセッション及びソロを国内外で展開するインプロヴァイザー、作曲家。「パスカルズ」などのバンド活動、友川カズキ、遠藤ミチロウ、UA、川上未映子など共演・サポート多数。流山児事務所「マクベス」、シスカンパニー「草枕」など、天野天街、寺十吾の演出作品をはじめ、近年は舞台音楽を数多く手がける。音楽ドキュメンタリー映画「WeDon't Care About Music Anyway」(2011年公開)出演。アニメーション映画「緑子」(監督:黒坂圭太)音楽監督。調布市せんがわ劇場「JAZZ ART せんがわ」プロデューサー。電動工具でチェロに火花を散らして イメージの横行と決壊を起こすかのような 表現方法は代表的であり、戦慄的で一見過激だが、同時に甘美な夢か不思議な魔術を見せられているような錯覚に陥る。

kurachi.jpg
倉地久美夫 Kumio KURACHI
母校中学校舎火事のさい打楽器オルガン等数種を頂き、以後多重録音音楽製作を行う。関東にて漫画舞踏〜宅録と自身のバンドでライブなど行い、近年は福岡県在住。弾き語りを中心に、倉地トリオ(sax菊地成孔/drum外山明)共演等国内で行う。02年第2回詩のボクシング全国大会優勝09年JNN九州放送にてドキュメンタリー番組11年倉地を追ったドキュメンタリー映画「庭にお願い」公開『死語を愛して』(ONNYK)『太陽のお正月』(きなこたけ)うわさのバッファロー』(OZDISK)『夏をひとつ』(きなこたけ/きなこ-6)『I heard the ground sing』(美音堂)『スーパーちとせ』(円盤)「庭にお願い.サントラ」『逆さまの新幹線』アナログレコード(円盤)『いいえとんでもございません』波多野敦子を中心にした弦楽によるアレンジ  等のアルバムを手掛ける。

prof2015_.jpg
波多野敦子 Atsuko HATANO 
ミュージシャン,ヴァイオリニスト。弦楽を中心とした演奏、作曲、ストリングス・アレンジ等で多くのアーティストとも共演。ヴァイオリンとヴィオラを主に、チェロ、オシレーターやアナログシンセ、鍵盤等も演奏。2007年画家nakabanとの共作アニメーション「三つの箱」(DVD/noble)、ソロ名義で2011年3月 1st album「13の水」を再発、12月には2nd 「Maria」、2012年5月にtriola名義で「Unstring,string」をリリース。近年は5弦ヴィオラでのソロライブ活動、弦楽プロジェクトtriola(トリオラ)の他、倉地久美夫 、石橋英子ともう死んだ人たち、ジム・オルークとガマンジルベルト、Oorutaichi、Mocky等と活動を共にする。個人向け音楽制作『Order Made Music』、CM音楽や映像音楽も多数手掛けている。

nakamura.jpg
中村智道 Tomomichi NAKAMURA
美術家、映像作家。独学で制作したアニメーション作品「ぼくのまち」が、2007年にイメージフォーラム・フェスティバルにて受賞。以後ヨーロッパでも最も重要な3つの芸術と文化のセンターであるポンピドゥーセンター(パリ)ソフィア王妃芸術センター(マドリード)世界文化の家(ベルリン)をはじめ、バンクーバー国際映画祭(カナダ)カルガリー国際映画祭(カナダ)オーバーハウゼン国際短編映画祭(ドイツ)タンペレ映画祭(フィンランド)ウプサラ国際短編映画祭(スウェーデン)をはじめ世界各地の主要な映画祭、芸術祭等での発表多数。2015年度 岡山芸術文化賞準グランプリ受賞。シネマニワ、山崎樹一郎監督による、湯原周辺で起こった山中一揆をテーマにした時代劇映画『新しき民』のアニメーションシーン等も手掛ける。

2015年12月19日(土)開場18:30 開演19:30

チケット料金:前売り:2500円 当日:2800円 ※湯原在住の方:2000円
チケットは、協力旅館、および温泉の割引券となります。※湯原在住の方は、購入時に免許証等ご提示ください。
湯原AIR協力温泉施設修正2.jpg

チケット取り扱い:湯原温泉ミュージアム エスパスセンター てれやカフェ 城下公会堂 グリーンハウス
サロン薔薇と迷宮   ※遠方の方は、サロン薔薇と迷宮までご連絡ください。TEL:090-7377-8618 E-mail:696969bara@gmail.com

会場:湯原温泉ミュージアム 〒717-0402 岡山県真庭市湯原温泉124 TEL:(0867)62-3485

イベントプロデューサー:月影詩歩

倉地久美夫さんと波多野敦子さんが登場する動画です。

坂本弘道さんの動画です。

音楽祭裏完成.jpg
坂本弘道 倉地久美夫 波多野敦子の三人による編成は初となります。背景になる中村智道の展示を含め、期待を裏切らない演奏になると思います。是非ご来場ください。
つづき
posted by 超画伯 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
リンク集