2016年11月05日

岡山映画祭へ

sinndoi.jpg

今日は、岡山映画祭に行きました・・映画を見に行くのは、イメージフォーラム・フェスティバル以来でしょうか。
”幸福は日々の中に”という題名
終わったあとは、20分ほどのトーク。
障害者の施設に関するドキュメンタリー
色々と正解のない世の中ですし、それを作者自身言われているわけですが、そういう世界がもっとあれば良いのにという回答。
管理された社会が嫌だからということらしい。
ぼく自身は、一つのコミュニティーのあり方が蔓延した世界はあんまりという感じです。そもそもユートピア的なものの存在を否定しております。完成した時にはディストピアしかないという考えです。世の中が流動せずにはいられないように出来ていることも、その要因の一つです。
ぼくには、そういう施設が管理されたものに見えるし、それを幸せと感じる人もいればそうでない人もいるだけだという感想です。
実のところ、管理された世界こそが楽なわけで、コミュニティーを離れて新たなコミュニティーに向かうのは、自分に合う管理を求めての移動と考えるとしっくりします。
仮に本当に自由であるならば、皆がそろって音楽を行うこともないだろうし、オブジェを作ることもないでしょう。それを与えている人が存在するということになります。食事に関してもそう・・
都合よく自由自由と言われますが、自由ほどつらいものは、なかなか無いわけで、それこそ、すべて自分で考えて、自分の責任で行動しなければならないわけです。
楽なのは、与えられた”自由っぽい”世界ということになると思います。
例えば、ぼくのペットは暇があれば遊んでいますが、ぼくが管理した世界の中で自由っぽく遊んでいます。餌を約束しているのも、ぼくです。実のところ、彼らの自由の世界というのは、厳しい弱肉強食の世界に他なりません。その世界は、2体の親が生んだ子は2体以上は生き残ることのできない厳しい世界で、案外多くの人はそのことを知りません。もちろん平均2体ということになりますが、鳥ですら何十羽という子を産むわけで、そのほとんどが繁殖以前に死んでいるという計算になります。そうでなければ、大量発生をまぬがれないわけです。老化も死に直結しますし、衰えは休みを与えれず、ほぼ捕食される最後をとげることになるでしょう。
ここで動物との比較なんて・・と思われるかもしれませんが、歯に衣着せぬ表現というものがあるならば、人間の世界にもそういった隔離された空間があって、自由っぽい空間があって、それをどう感じるかの問題でしかないというのが現実なのではないでしょうか。
たぶん、ぼくは自由っぽい空間も自由も長くは耐えられません。それが交互に都合よく訪れる世界が最もストレスのない社会なのだと思えます。この同じ状況に長くいられない人間というか動物としての習性が語られれば更に面白かったかもしれません。
ちなみに、こういうものを交互に願うというのは、一般的には「わがまま」と言われるのでしょうね。
その「わがまま」をどう捉えるかも幸せについて考える需要な要素なのかもしれませんね。そういうのは当然嫌われます。
嫌われるストレスや色々なストレスの中のバランスというもので人は生きているのでしょう。

帰宅後制作・・これも自分の自由行動です。

posted by 超画伯 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月13日

さっ・・制作制作

PA130763.jpg
オキナインコの荒鳥の”オクラ”さんです。
2歳で、手乗り経験無し・・人を見れば、この世の終わりのように心臓バクバクの慣れていない鳥さんです。
ぼくの使命は、このオクラさんから、人間に対する恐怖を取り除いてやることです。
ひたすら絵を描きながら、近くに寄り添ってもらうのです。
恐怖は恐怖のままで良いか?いんや、良くない。
ここは日本だし、彼(彼女?)の故郷からは、はるかに遠い・・ならば人間と楽しく暮らして美味しいご飯でも食べているほうがストレスなくて退屈も無いでしょう。

先日、とある劇団の劇を見ました。けっこう長かった。腰が痛くなりましたが、それ以上の感想はありません・・申し訳ありません。
最初に、「意味はありませんので」と、ことわりがありましたので、最後までそれを貫いたのだから、嘘偽りは無いのです。
そう、現代の最も崇高な使命というのは、従順な労働者の育成であり、ゆとり政策や、派遣労働における政策等を見ても分かる通り、思い通りになる従順な労働力が不可欠なのです。
そういう人たちに必要なのは喜怒哀楽の中の喜と楽だけであって、4つが揃えば思考に変わってしまうので、従順さも失われますし、疑いを持つという不幸を嚙み締めなければならないのです。
そう、成長することを諦めて、無力感からも脱却して、小さな喜びを噛み締めようと啓蒙する必要があるでしょうし、お上の言葉にあふれるネットやらTVやらセミナーやらこそが真理なのであり、ここに階級が固定されることにより、上流には安定を、下層には心の平穏を・・というのが、芸術の役割なのでしょう。それ以外をやろうものなら、皆様がネットでも監視しておられる!
すぐに切られる社会に必要なものは従順さですし、もしそこで矛盾を感じるならば、この世を去ってくれてけっこう。そういう社会こそが、これからの人間に必要な社会であり、そこに住む進化した人間なのであります。
そう、考えてはいけない。もう一つ必要なものがある。従順な労働力の繁殖と職からの離脱を避けるために必要なものは飢えでしょう。
そうなっても小さな喜びを噛み締めよう。考えてはいけない。魔法の言葉で世の中を覆いつくそう。そう、あなたは幸せなんだよ。
お上に逆らっては芸術は成り立たないのだから、それを啓蒙するのが芸術の役目なのです。お上は自らの声を発する芸術を求めているのでしょうか・・深層の部分で。

というわけで、それとは関係のない制作をだらだら始めます。
posted by 超画伯 at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月08日

体調不良で動けない日々

今日は、空気が薄いのではないかというぐらい息がしんどく、父親の見舞いに行ったついでに脈拍を計ってみたらみたら脈拍が110ほど・・異常に早い・・あと下の血圧が高くて100を超えていました。
帰宅してから睡眠・・しかし基本的なしんどさは治らず・・
精神状態もよろしくなくて、薬の量を増やしました。
色々悪くなっているようだし、無理はできないな。
posted by 超画伯 at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月13日

安価な中華タブレット StarQ Pad W01J を買ってみた

R0014409.JPG
現在、千葉でして、アンドロイドだけでは心もとないのと、ちょっとした仕事もできないので、中華タブレットのStar Q pad W01Jとかいうのを1万円以下で購入しました。
ためしなんですが、この記事も、このタブレットで書いたりしています。
最初の感想を言いますと、値段の割にスペックと、液晶の画質がけっこう良いということです。他にはインテルのモバイル用クアッドコアCPU Atom Z3735Gを搭載していることなどなんですが、メモリーが1ギガでストレージが32ギガというのは、ぼくにはつらいところではあります。それでも、昔映像編集に使っていた、Dell の XPS Gen3なんかと比べると、以外にサクサク動く感じです。さすがにクアッドコアというか、新しいだけのことはあるのでしょう。ちなみに、ぼくのDellは、今でもWindows10で現役選手。。唯一の32bitPCとして重宝しております。
このタブレットは、初期状態はWindows8.1なんですが、10にアップグレードしました。一応近日中のメジャーアップデートでは、2ギガのメモリーが必要との話もあるのですが、まぁ、知ったことかという感じです。最初からこれよりスペックの低いWindows10タブレットもあるというのにどうするんでしょうね?

R0014414.JPG
一応、キーボードも購入しました。持ち運び用のカバーでもあります。
今、特に不便なのは、マウスがないことですね。。USB差し込み口は一つしかないので、分岐するか、無線のマウスでも購入することでしょうか。。色々使いたいので、とりあえず分岐して色々付けてみることにします。電源の確保も必要でしょうね。。

つづき
posted by 超画伯 at 11:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月07日

パナマ文書に思う

K52S1011.jpg
パナマ文書に思うことを書きます。
ぼくは以前からアートで言われ続けてきた繋がりという言葉をとても胡散臭く感じていました。グローバリゼーションとかよく言われだしたころから、いつの間にか合言葉になって、世界が繋がろうと・・これは良い言葉なわけですが、そういう感じの言葉は批判されにくく、隠れ蓑になりがちで、その陰の部分は覆い隠されて知られることもなく、実に都合よく使われる・・今の世の中はそのように構築されていると感じていたからです。ぼく自身が思うことですが、国という壁は必要です。それは、それが無いと富の再分配が行われないから・・それが言葉として美しいとか、そういう問題ではなく、現実として、その壁が希薄になれば、貧富の差は拡大し富を持つ者だけが国境の壁を越えて富を移動させ、更に強大になるでしょう・・そして、多くの人たちは美しい言葉の中で、それに逆らうことが出来ずに奴隷化するでしょう。言葉からは経験的に得られた支配の方法のための方便があふれているように見えます。自己を良いイメージで見せようとするならば、嘘だとしても、そういう良いイメージを持った人たちの仲間入りをしなければなりません。それは、そういう世界のヒエラルキーを作り出すものでもありますが、それが何をもたらすのか考えることもない..なぜなら格差がどんなにあろうと、言葉の上では”仲間”なのだから・・
かといって、国が強大で強すぎてもいけない・・
その中で、ぼくが言いたかった作品が”スピリッツ”シリーズで、現在も制作しています。



湯原温泉AIRについて

この時系列でみると読み取れるところもあると思いますが、世の中はグローバリストの思うように動いていたように思います。
そして、多くのアーティストと名乗るものが、それに乗り、いわゆる地ならしをするようなイメージを作り続けてきたように思えます。そもそも、そこから気が付いたことをぼくが作ったといったほうが良いかもしれません。
この分野以外でも、グローバリストともとれる人々が、今のこういった世界を推進するべく発言をしてきたと思いますし、今後もそれは続くのかもしれません。
ぼくが確信していることは、良い言葉だけで世界は良くならないし、光だけでも世の中は見えなくなる・・影の無い世界もまた闇だと思うのです。

つづき
posted by 超画伯 at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
リンク集