2017年01月23日

TVでトランプ大統領の批判をしてますが

マウス画伯_裏面-アウトライン.jpg
日本のマスコミも、他国同様、企業のスポンサー料金で広告を出しているため、口頭上ではアメリカファースト主義(国家優先・反グローバル)を主張しているトランプ大統領を未練がましく批判していますが、これは日本の民意が選んだ大統領ではないため、実のところ大した意味はないだろうと思います。所詮は外国ということです。グローバルとか言ってきましたが、選挙制度までグローバル化したわけではありませんので。
実のところ、じゃあ自分たちはどうする?のほうが重要かと思いますし、それが無いために、何でも遅ればせながらが続いている感じです。
正直、今のTVほど国民にとって信用できないメディアはなかなか無いのではないかと思います。というのも国民の利益というよりも企業の利益ですし、それの御用がグローバル化の応援を未だに続けているからです。何故かは簡単で、広告料でやっているからですし、多くの企業はグローバル化したからでしょう。

企業そのものにとっては国という枠は重要ではない時代でしたが、国民にとっては仕事を奪われたり格差を強いられるわけで、良いことは無いのですが、それを必要なことだと洗脳してきました。その余韻もあると思います。TPPのことも未練がましく言っています。
日本のグローバル化は遅ればせながらの周回遅れだったため、国民もあまりその弊害を感じていないのもあるかもしれません。あと、世界を繋げるという理念(経済で)が、文面として美しかったこともあるでしょう。
マスコミが企業優先であることは、広告というものが存在するかぎり有り続けることだと思いますが、国という力が強まってきて海外との繋がりが弱くなってくるとどうでしょうか?
企業は、国内に商品を売る必然性が生じてくるため、国民が豊かである必要性が生じると思います。そうなれば、そうなるようにマスコミを動かすことになるかもしれません。よほどに愚かでなければの話ですが・・
必要なのは再分配、これは国が企業よりも強固でなければ実現不可能な問題ですが、これをかつての日本は行っていました。
日本は社会主義国と言われていたんですね・・冷戦時の他の社会主義国とは異なって、民主主義制度の下でこれを可能にして、陣営としては自由主義側にいました。

グローバル化のもとでは、国民というのも社員同様多くは必要なくて、非正規ならぬ人口調整しやすい外国人を受け入れることが重要なため、少子化対策とか言いながら、実は少子化歓迎だったのではないかというぐらい何もしていないという感じで見ていました。
まぁ、この件に関しては手遅れ感も否めませんが、まさかのグローバル化の終焉でどうしましょう?と思っている役人とかもいそうですね。
グローバル化は終焉しかけているのは間違いないでしょうね。完全になくせば良いかと言えばそれも違うと思いますし。
前の日記でも書いたことですが、何事も一方に走りすぎない事が重要だと思います。
国家主義が強くなりすぎれば、それはそれで弊害があるわけで。

posted by 超画伯 at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月22日

何故行き過ぎるのか・・ユートピアは存在せず

PK_19636.jpg
現代の格差は、自由主義が行き過ぎた結果だと思います。これを抑制するのは社会(国など)によるものだと思いますが、一方が強大になりすぎれば、それは破綻します。より良い社会というのは、その間にあるものだと思います。このより良いは、到達点がありません。故に、人には理解されにくくて、到達点の設定が必要になります。そこにはユートピア的な思想が生まれるのでしょう。
残念な事ですが、ユートピアは存在しません。自由主義も、社会主義も思想的にはまるっきりのユートピアのため、行き過ぎれば格差を生み出し破綻すると思います。それだけでなく、不満や資源の枯渇等が頂点にまで至れば、いわゆる戦争などもあり得るでしょう。法など、そうなれば意味はありません。つまるところディストピアということです。一方の力が均衡を破ったときは止まらなくなります。
それが、多くの人が参加したことだとしても、人のせいにして自分が参加していたことにも気づかず、次のユートピアを目指す・・繰り返し・・
これは時代ごとに是正しなければならない問題で、そのつど状況によって考えを変えなければバランスを崩すものだと思いますが、人はユートピアを信じますし、盲信する人ほど声が大きいのも事実でしょう。
その中には、分かっていてわざとユートピアを語る者もいるかと思いますが、それは人々を動かすための釣り文です。そんなものは最初から存在しないのです。冷めた考え方と思う人もいるかもしれませんが、ある種の成功、富を手に入れる、名誉を手に入れる、人気の獲得等、それらを少数の人たちが獲得し、多数が支える社会を生み出すための方便にすぎないと思うのです。しかしながら、これを多くの人が信じれば、破綻するまで止まることはないという認識です。そうなってしまうまで分からないのです。
色々な言葉を書いていますが、つまるところ、あまりにも出来すぎた話など無いということです。
現在の地域振興策に関して、建築関係の方は多くないでしょうか?色々な分野があるかもしれませんが、アートの中心等にもです。彼らは建築物を作るにあたりユートピアを設定します。これは西洋からもたらされた考え方かもしれませんが、このあたりを盲信している人を見かけることがあります。
まぁ方便です。ユートピアは無いのですから。それは自然界のごとくです。というか人間も自然界の中の存在でしかないということです。
より良い社会を作るためには、到達点は無くて常に考える努力が必要なのだという認識です。

posted by 超画伯 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月23日

しんどい

K_1R8035.JPG
この1年間ほど、体調がすぐれず、薬を飲みながら、だましだましの仕事を行っています。
人の多いところだと消耗が大きく、仕事の無い時は、極力一人で過ごしている毎日・・目は酷く疲れているので、要件以外はネットもあまり見ません。
とは言いましても、仕事が無ければ生きていくことは出来ませんので、何とか仕事はやっているという感じです。外に出るのも、PCを見るのも制限があって、許容をこえると疲弊して寝込んでしまいます。でも、仕事は歓迎です。それが無いと少なくなった接点も無くなりますし、生きていけませんからね・・
ここ何日かで大きな仕事ができました。
いつも、これで最後だと思いながら全力の作業をしていますが、ついてきたはずの体はついてこずで、色々と考えなければならない時期にきているように思います。
全力と言いましても、体調不良の全力でもありますし、実際の自分の力は出しきれていないのでしょう・・それに、結果数か月倒れるのだから、六分の力で淡々と仕事をしたほうが、合理的だし、結果としては続けることができるのだし、本当は良いと分かっています。
ただ、性格的にそれが出来ないわけです。
行く病院では、「枝葉を落とした良さもある」と、色々な先生に言われる日々・・そういった良さが、ぼくにも出せるのでしょうか?
たまたま、永瀬清子の話が来ましたが、色々と考えるチャンスなのだと思って取り組もうと思っています。
posted by 超画伯 at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月19日

地上波と同じ

はのん星お濃太郎.jpg
地上波の放送といえば、世のほとんどの人に向けたものであって、言葉は悪いが、言ってしまえば非常に程度の低いチンピラにも合わせなければならないものだったりします。
あと、放送局にしても、企業である以上、印象を悪くしないためにも、極力苦情の来ないモノを放送しないといけないわけで・・
まぁ、公共のモノとして垂れ流されているということで、今やネットなんぞのノイジーな媒体があるわけで、チンピラの苦情をかいくぐってやっていくという事は、そのつまらなさに拍車がかかるわけですよ。
当然ながらネットなんぞはヒステリックな監視場のようなところで、互いに嫌われまいと必死にチンピラに合わせてやっているわけです。
そうこうしている間に、そういうのが一般化した思考になってしまって、皆さんが誰に対しても可もなく不可もないような同じような事をおっしゃるものだから、総じて社会がつまらないという現象が起こっているのが現在という感じでしょうか・・
というわけで、公共の場などに何故かアートとか言っているわけですが、そういう可もなく不可もないものが流行りの現在、公共に飾られる以上、作家の方々もそういう空気を読んでサービスを実施したりで、文字通りそういう作品が公共に飾られていくわけです。当然、主催者側は役所やら企業なわけで、何年も前にアメリカなんぞから輸入したようなセミナーなんかに染まって何らかの数字集めだけに躍起なわけです。当然その数字の中にはチンピラも含まれるわけです。そして虚像であってもイメージ優先でありますし、お決まりの歯の浮くような嘘くさい言葉ばかりが並んでいるわけで、自分で言って、その言葉に洗脳されているような有様です。
でもTVで出てるから流行りなんでしょうとか言われても、そんなもので心動かされるわけもなく、実のところ流行っているとかいう言葉も、ただ客寄せのためだけのものでありますし、そこだけが重要なわけで、実のところ人の中から湧き上がるような深みとか、そんなのとは無縁のモノしか、もはや認められることも無い社会と言いますか・・
まぁアートっぽいモノで十分、あとはセミナーで培ったありがたい言葉とかで埋めてしまえば、だれも文句は言えませんし、自分も流行の言葉に乗っかって良い人と思われたいと必死につまらないネタをアップしまくるわけです。そして互いに称えあいながら「共感」とかもはやセミナー用語の典型みたいな言葉で片付けてしまうわけです。共感ってそういうものじゃないと思うんだがなぁ・・安っぽくなったもんだ・・新しい言葉が必要か??
奴隷は考えちゃいけないから、これで大成功とも言えるでしょう。現在の社会をどういう層が握っているのかを考えれば・・
とりあえず、何か柱になる言葉が必要なわけで、それがアートとかそんなものだったりすることもあるのでしょう。
まぁ、こういう数字集めは、明確にその中心であるアメリカなんぞでも失敗しつつあるわけで、結果としてはトランプとかが大統領になってしまうわけです。ぼくはヒラリー嫌いだから、トランプでも良いのだけれど、特定の人にしか集まらない数字とかのカラクリに気が付いてしまったアメリカンとポピュリズムの狭間で生まれた大統領ということで、今後世の中がどう動いていくのかは興味があるところです。当然ながら、トランプは特定の数字をお集めになるプロであるというのは皮肉でしかありませんが・・
どうせ日本はアメリカに遅ればせながらの動きになると思いますので、お次のキャンペーンがどういうお言葉になるのか見ものではあります。

posted by 超画伯 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月05日

岡山映画祭へ

sinndoi.jpg

今日は、岡山映画祭に行きました・・映画を見に行くのは、イメージフォーラム・フェスティバル以来でしょうか。
”幸福は日々の中に”という題名
終わったあとは、20分ほどのトーク。
障害者の施設に関するドキュメンタリー
色々と正解のない世の中ですし、それを作者自身言われているわけですが、そういう世界がもっとあれば良いのにという回答。
管理された社会が嫌だからということらしい。
ぼく自身は、一つのコミュニティーのあり方が蔓延した世界はあんまりという感じです。そもそもユートピア的なものの存在を否定しております。完成した時にはディストピアしかないという考えです。世の中が流動せずにはいられないように出来ていることも、その要因の一つです。
ぼくには、そういう施設が管理されたものに見えるし、それを幸せと感じる人もいればそうでない人もいるだけだという感想です。
実のところ、管理された世界こそが楽なわけで、コミュニティーを離れて新たなコミュニティーに向かうのは、自分に合う管理を求めての移動と考えるとしっくりします。
仮に本当に自由であるならば、皆がそろって音楽を行うこともないだろうし、オブジェを作ることもないでしょう。それを与えている人が存在するということになります。食事に関してもそう・・
都合よく自由自由と言われますが、自由ほどつらいものは、なかなか無いわけで、それこそ、すべて自分で考えて、自分の責任で行動しなければならないわけです。
楽なのは、与えられた”自由っぽい”世界ということになると思います。
例えば、ぼくのペットは暇があれば遊んでいますが、ぼくが管理した世界の中で自由っぽく遊んでいます。餌を約束しているのも、ぼくです。実のところ、彼らの自由の世界というのは、厳しい弱肉強食の世界に他なりません。その世界は、2体の親が生んだ子は2体以上は生き残ることのできない厳しい世界で、案外多くの人はそのことを知りません。もちろん平均2体ということになりますが、鳥ですら何十羽という子を産むわけで、そのほとんどが繁殖以前に死んでいるという計算になります。そうでなければ、大量発生をまぬがれないわけです。老化も死に直結しますし、衰えは休みを与えれず、ほぼ捕食される最後をとげることになるでしょう。
ここで動物との比較なんて・・と思われるかもしれませんが、歯に衣着せぬ表現というものがあるならば、人間の世界にもそういった隔離された空間があって、自由っぽい空間があって、それをどう感じるかの問題でしかないというのが現実なのではないでしょうか。
たぶん、ぼくは自由っぽい空間も自由も長くは耐えられません。それが交互に都合よく訪れる世界が最もストレスのない社会なのだと思えます。この同じ状況に長くいられない人間というか動物としての習性が語られれば更に面白かったかもしれません。
ちなみに、こういうものを交互に願うというのは、一般的には「わがまま」と言われるのでしょうね。
その「わがまま」をどう捉えるかも幸せについて考える需要な要素なのかもしれませんね。そういうのは当然嫌われます。
嫌われるストレスや色々なストレスの中のバランスというもので人は生きているのでしょう。

帰宅後制作・・これも自分の自由行動です。

posted by 超画伯 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
リンク集