2019年08月25日

スーパーマイノリティ

naizou.JPG
ぼくの目の前には、昔からある種の壁があります。
今は、自閉症スぺクトラム障害についてカミングアウトしていますが、これをしなければ、ぼくは常に不審者でしかなかったのです。
色々と、そういうのは関係ないと言われてきましたが、それは無いです。関係あります。周りがじわじわと壁を作っていきます。
ぼく個人の表現観と言いますか、そういう観方をするならば、そういった発言は嘘で、とても安っぽく、軽薄なものに感じます。社会の通例に従って喋っているだけで、何も理解できないのだなとしか思えません。
結論としては、カミングアウトによって、ぼくは不審者と思われないだけ、楽にはなったわけです。

知っている中での、ぼくの味方は、たぶん数人しかいません。数えるほどで、ぼくがやっていることを理解してくれる人は、更に少なくなります。とりあえず、社会との隔たりは大きいわけです。
自閉症スペクトラム障害ですが、これは個人差が非常に大きいのではないかと思われます。ぼくは学習障害を持ち、それなりに重度ですが、知的障害は無いタイプです。ぼくと会った人の印象は、天才、もしくは馬鹿、或いは気がふれた人間という感じでしょうか?しょうもない奴と思っている人も多いでしょう。

ぼくは、社会の軽薄な嘘を嫌います。ですが、本質的な事を言えば、それは”しょうもない奴”になってしまったりします。ある種の、社会的常識になぞらえて喋らなければ、それは、しょうもない事なわけです。嘘でも良いから綺麗ごとを言わないといけないのが社会なのかもしれません。例えば、日本式アートフェスの在り方で、逆に文化や民主性が衰退するといったような意見。常識的には、アートがそうであってはならないので、多くはその事を言わないというか、それにすら気が付いていないといった感じ。しかし、村社会である、この日本の社会を見る限り、そうなのは間違いの無いことで、違うのならば、違うという証拠を見せてほしいと思ったりします。その部分が、完全に思考停止されているために、ぼくには余計に危険なものに見えるわけです。
心配しても、仕方が無いのかもしれません。ぼくは、文化をそれほど愛してはいませんし、何かを作るのは、コミュニケーション手段で、その領域が狭められている現実を嘆いているだけなわけです。事実として、表現の領域は、狭められていると感じます。感じない人は、そもそも、どんな体制下でも問題にならないような表現をしている人たちなのかもしれないとも思ったりします。

同じ障害を持つ人たちと仲良くできるのか?に関して言えば、それだけでは仲良くは出来ないと思います。LGBTや少数民族のように、少数ながら団体になって行動できるとか、そういうのも無いと思います。
脳の障害で、それぞれが、あまりにも違うのです。
集団化出来ない以上、常に自分対社会の関係で、物事を対社会で見ていました。そういった意味では、社会を深く見つめてきたかもしれません。その中には、仲間などいませんでした。そういった意味で、スーパーマイノリティーなのだと言えるのではないかと思ったりします。

2019年07月31日

タイムリミット 自閉症スぺクトラムとぼく 生存をかけて

PK1N0002_.jpg
自閉症スペクトラム障害(ASD)を持つ人間の平均寿命は、通常より18年、更に学習障害を持っている人間の寿命は30年短いと言われている。
理由として、遺伝的に弱いだけではなく、社会的要因も多く関係する。

ぼくも、残念なことに、外れくじを引き、診断の結果、その両方、ASDと学習障害の両方を持ち、更にADHD、てんかんも持っている。言語的発育の遅れも、もちろん持っている。そして、社会的要因により、双極性障害も発症、肝機能も低下し、自律神経も乱れ、血圧をコントロールする力も失っている。
この障害の多分に漏れず、ぼくの体も、これまでの疲弊により、崩壊し始めている。
実際、昨年の入院は、ぼくの生死と関係のあるものだった。

ぼくは、この日本から逃げ出したかった。だから、海外へ出るための研修制度の面接も何度か受けた。だが、それは、ぼくの学習障害が阻止してしまった。ぼくが、他の作家名や芸術世界に関する事象を覚えていないからだ。当然ながら、一般社会でいえば、それは勉強が足りず、努力が足りないのだ。
以降、ぼくは、面接という面接は、落ち続けてきたのだ。特にだが、ぼくは人物の名前や作品の名前を覚えることが苦手なのだ。イメージとしては分かっているでは、この世では通用しない。

ただ、ぼくが、この世界で生き残るための手段は、”表現”によるものだった。そこにしか、この社会との強い接点は無かったのだ。

ですが、現在のぼくは、映像作品を制作する力を残していない。

ぼくが、社会への進出が断たれた時、ぼくを救ってくれたのは、表現そのものだった。そこでの社会との接点が、ぼくを生かした。
ぼくにとっての生命線は、この世界に関わること、それが無ければ、ぼくが死んでいた可能性は高い。
ぼくが何を言っているのか?に関しては、多くの定形脳の方には、本質的には理解できないかもしれない。しかし、同じく自閉症スペクトラム障害を持つ皆様には理解できるものだと思っている。

ぼくの作品は、常に死を漂わせる。それは、ぼくと死は密接に関わっていたからだ。幼い時、ぼくはこの世界で生きていくことが出来ないと思った。ぼくは、自分がおかしいことに気が付いていた。
だから、いつも消えたかったのだ。
世の中のためを思うなら、ぼくは消えるべきなのだと思っていた。
ぼくの存在は、ごく身近な人々に、必ず災いを呼ぶ。

だが、希望はあるかもしれない。それは、ぼくの能力を、何の役にもたたないものから、ギフトに変えることだ。おそらく、ぼくは、他の人が持たない能力を持っているはずだ。
そして、それを社会に知らしめる事。自閉症スペクトラム障害が持つ力を証明すること。
それをするならば、ぼくの存在には意味がある。

最近の研究で、人類の進化と、自閉症スペクトラム障害は、密接に関わっていたことが分かりつつある。ならば、この定形脳で固定化された社会に風穴を開けることが出来るかもしれない。

これからの戦いは、自らの生存を懸けたものだ。そのために必要なことは、ぼくのような人間が、生きることが出来る社会を創り出す事だと思っている。

2019年07月30日

自閉症スペクトラム障害の持つ能力を社会的に認めさせる機会

PK1N0001_.jpg
ぼくは、自閉症スペクトラム障害(ASD)を持っています。障害等級は2級。
初期の段階では、言語能力に乏しく、社会に馴染む能力も低いものでした。
個人的に、ぼくの成人式は30になってからのもので、それまでは、多くの面で、他者に後れをとっていたのも事実です。現在でも学習障害があり、言語に関しては弱い事もあるかもしれません。

ただし、ぼく個人に特殊な能力があるのは確かで、確率としては考えられない事を、これからしようと思っています。
それは、表現世界を股にかけた実験とでも思ってください。
診断により、自閉症スペクトラム障害を持つことは分かっていますが、これから起こる事は、ぼく自身に紛れもなく、自閉症スペクトラムの症状がある事を明確に表すと思います。
今後、通常の定形脳の人たちに仕方なく合わせた表現は極力行わない事とします。
ぼくが何を創るかに関しては、ぼく自身が考えます。ぼくは、一般社会に対する、非常に大きな未練を感じていましたが、それには受け付けられず、一般社会への回帰は非常に困難だと判断しました。

もちろん、生きていく上で、そういった一般社会への接触は必要な事です。
ですが、受け入れられないのだから、媚びても仕方のない部分もあります。ですから、ぼく自身が力を発揮しやすい方向に、これからの表現は全フリしていこうかと思うわけです。迷いが、ぼくの表現力を鈍らせているわけです。

もし、ぼくが成果を上げることが出来るのならば、今一度、この障害について考えてほしいと思う次第です。
この障害は、人類の進化とも深いかかわりがあるとも言われていて、ぼく自身は遺伝子の戯れといいますか、自然界の実検体のような形で生まれてきたのだと認識しております。

成果をあげた、その時は、今一度考えてほしいと思います、ぼくが本当に社会不適合なのか。

2018年02月09日

消えてしまった

SDQH0908.jpg
今日は、入院から2度目の外泊
前回は家族がいないと帰れない状態でしたが、今回はバスで帰れました。
前日、また新しい作品でも作らないとなとやっと思えたところですが、頭の中にあったいままでの価値観は崩れてしまいました。
今まで興味があったことにも興味がなく、面白いと思っていたものも面白くなくなりました。
これはうつの症状らしいですが、今のぼくには永遠のように感じてしまいます。
何かの発想は、なにかしら、それが面白いと思ったから心に留めていて、それを具現化したものが作品だったりします。
そういったものは、今の自分からは消えてしまいました。

時間がとても長いです。退屈という感覚はあるのですが、面白いことがないので、どう過ごしていいのか分からない状況です。
無駄に時間を過ごす嫌悪感を感じます。
では、これを形にすれば良いのかといえば、NOでしょう・・空虚すぎて絵にならないのです。
平常時には頭の中にはバラ色のフィルターがあって、それを通して人は世界を見ています。それが無くなった時の世界は例えようのない厳しさで、ただただ自分を責めてきます。

とりあえず、自分の限界を知りました。これ以上は頑張れないというサインです。精神論ではどうすることもできず、むしろ、その精神論が自分に破たんをもたらしました。

話を繋げることができません。ならば、また断片を作り続けるのか・・ぼくの最初のアニメーション作品「ぼくのまち」は精神病で崩れてしまった心の断片を繋ぎ合わせた作品です・・そこには何かヒントがあるのかもしれません。
病気の治癒には年単位の時間が必要な可能性もあると言われました。
その間出来るのは、心の中に転がっている断片を描くこと。まぁ出来ればの話です。とても出来る自信はありません。
出来るかどうか分からない作品の断片を描き続けるのは、それは苦しい作業になるからです。若いから出来たという事もあります。ただ、そこに光があるような気がしなくもないのです。

2018年02月02日

医療保護入院

先月の誕生日1月10日に、決定的な発作を起こしてから、翌々日の12日に医療保護入院という形で、岡山県精神科医療センターに入院しております。
今日は、訓練という事で外泊が許されて、自宅に帰ってきました。
二泊三日という短い時間となりますが・・

ぼくが起こした症状は、抗精神薬による副作用であるアカシジアという症状と、うつ状態、あと体が弱っていたため感染したインフルエンザB型です。
長時間苦しめられたのはアカシジアで、これは全身がムズムズして、寝ころぶことも出来ないような症状で、これとインフルエンザとの組み合わせで寝ることも出来ず、布団の中で座っている状態で起き続けて、更にはうつが上に乗っかって、頻尿は一日30回以上と、死を覚悟してしまうような症状で、情けないことに、泣きながら家族や色々な人に遺言のような事を言ってのたうち回るような日々でした。
誕生日の1月10日に症状が決定的に悪くなって、家にいることを断念。12日に医療保護という形で入院に至りました。
色々と連絡が付かなかったり、イベントを中止してしまったりと迷惑をかけてしまい、申し訳ないかぎりです。

病院での生活ですが、最初は、それは殺風景な部屋で、畳の上に布団が置いてあるだけの部屋で、自殺防止のため、ひもやタオルのようなものは没収され、外からカギをかけられて完全に監視下の元、ただその部屋に座っていました。
最初の印象ですが、確実に来るであろう退屈に恐怖して「怖い」を連発してしまいました。
それでも、現在のうつ状態を改善するためには必要な処置で、インフルエンザであることも含めて隔離されたのは仕方の無い事でしょうね・・最初に飲んだ薬が、インフルエンザの薬である、タミフルだったのは印象的です。
この間、色々な感情がぼくを襲うのですが、助けてくれた人たちのことを思い浮かべては、「ありがとう」を連発していました。

ちなみに、この病院に行けるように手配してくれたのは、マネージャーをやってくれている月影詩歩さんです。
思い浮かべると精神的にも色々と支えてくれて涙ばかり流れるような日々です。今の何もできない自分が言えるのは、「ありがとう」という言葉ばかりですが、迷惑をかけて申し訳ないという想いもあって、「ごめんよ」ということばと「ありがとう」の連呼です。
他にも彼女は色々な面でぼくを支えてくれて何と言えば良いのか分からない状態なのですが、頭の回路は悪い状況ばかりを思い浮かべてそれを口走ってしまい、彼女を苦しめていると、また落ち込んだりして・・
自分はダメでどうしようもない人間だと、どうしても思いこんでしまうのは、病気がそうさせているんでしょうね・・
それが分かっていても、そう思わないように頑張ることもできません・・うつ病というのはそういうものなのでしょう。

うつ病の症状ですが、TVのニュース等怖ろしくて見れません。自分に降りかかってくるとしか思えず、頭をかかえてしまったり、自分が怖ろしいことをやってしまうのでは?とか自分のせいで人が不幸になるとか、ぐるぐると頭をめぐります。
心をガードしていた壁のようなものが取り払われ、人が話す事がダイレクトに心につきささります。
あと、平常時に自分がやっていたことを大それたことと思って、それの尻拭いなど到底できないと恐怖でいっぱいになります。もう外の世界では生きていけない、ただただ怖ろしいと考えてしまいます。
すべてを良い方向に考えることができません。

現在の状況はこんな感じで、少しマシな状態とわるい状態を波のように繰り返しながら、生きています。
治るかどうかは自分では良い方向に考えることが出来ないのですが、家族や周りの人たちは治ると言っています。
なかなかそういう良いことは考えることが出来ないわけですが、今まで何となく過ごしていた日々が、どれだけ幸せだったのかを噛み締めています。
うつになって異様に涙もろくなり、ぼくを支えてくれている人たちの前でついつい泣いてしまうという日々を今のところ過ごしています。