2017年02月06日

手根管症候群

01.jpg
日々のコマ撮りのような連続した作業で、手首から先が痛みでうまく動かなくなってしまいましたので、病院に行ったのですが、「手根管症候群」とのことです。+両足膝が炎症っぽいですね・・椅子から立ち上がるのが困難です。

病因

多くは特発性であるが以下の関連は指摘されている。
職業性
アメリカ労働省職業安全衛生管理局(OSHA)による調査にて、反復作業労働に生じることが多いという報告がなされている。”

手根管症候群の主な症状は

指先や親指側の手がしびれる、または感覚がない。
夜中や明け方に、目が覚めるほどの手のしびれや痛みが起きる。
手がしびれてペンや箸が持てない、ペットボトルが開けられない。

まんまですね・・車のハンドル回すのも大変です。
しかし、無理やり動かして温めると動きますが、これは良くないようです。仕方なく動かしましたが・・

手首の痛みから、この2日ほど手を休めていたのですが、これといった改善も無いので、残った重労働を永瀬清子の蔵で・・これは最後まで出来ました。
ですが、その残りがわずかながらも限界で、もうこれは病院に行くしかないだろうということで行きました。
とりあえず、ここまでで、最初の重い作業(チェーンソー等を使用)の連続作業は一旦休止で、ここから1か月は塗料を使った軽めの作業・・明日からはそれなので様子を見ながら作業の継続です。
その後は、これまでで最大の重労働になりますが、なんとかなるでしょう。
タイピングは、かなりしんどいですね・・
あと、足の膝関節も炎症・・立ち上がるのが大変ですね・・

とりあえず、アニメーションの作業ですが、小さな絵を描く作業とは違いますし、同じような動作の反復なので、ある意味計算内の事です。例えば、200ショットであれば、200回脚立を出して上って作業、それを写らないところにしまって撮影。文字通りの反復作業なので致し方ありません。
ここで重要なことは、仕事に変化を出すことでしょう。この症状によって今は出来ないハードワークですが、軽めの仕事を考えることになるのは、ある意味変化が出て、作品そのものにも良い影響があるかもしれませんね。

posted by 超画伯 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | きよこのくら関連

2017年02月02日

「きよこのくら」予告


きよこのくら予告 from Tomomichi Nakamura on Vimeo.


現在制作中の映像作品の予告となります。

2017年2月現在、映像作家、中村智道によって、詩人「永瀬清子」の蔵での制作が行われています。
作品名は「きよこのくら」で、実写、アニメーション、ドキュメンタリーが一体化した実験的な映像作品として完成する予定になっています。
制作:永瀬清子生家保存会  監督、撮影、アニメーション、編集、美術:中村智道 プロデューサー:月影詩歩 音楽監督:坂本弘道   声の出演(永瀬清子の詩を朗読):二階堂和美 他


PK_19666.jpg

posted by 超画伯 at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | きよこのくら関連

2017年01月25日

今日は風も無くて色々良かった

DSC00605.JPG
今日は、風もなくて晴れていたので非常に作業しやすい一日でした。
気温は低めなのでしょうが、体感温度は高めという感じ。
というわけで外で作業です。
こういうもの作っているのですが、亜鉛鉄板よく燃えます。
溶接機使ってますが、けっこう時間はかかりますね・・撮影の合間にやっております。
今は画像編集中。
posted by 超画伯 at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | きよこのくら関連

2017年01月20日

何が重要か

PK_19660.jpg
重要なことは色々とあると思うのですが、何故永瀬清子の生家がここまで荒れてしまったのかは、思うに非常に単純な話なのですが、彼女が一般的には有名ではないからだと思います。
もちろん色々と偉業のある偉人でもありますし、何故?と思われるファンの方も多いのではないかと思いますが、結論を申しますと、彼女の再評価が必要な時期に来ているのだと思います。
この記事の前に、雑ながら「御用文化人」の件について書いていますが、永瀬清子の反省の念は戦後に生かされることになると思います。
実のところ、既に感染の面では問題ではなくなったハンセン病についてですが、迷信や差別は根強く、日本政府は、ここに隔離政策を続けることになります。その舞台となるのは、岡山県の長島ということになるのでしょうが、これについては隔離されている以上、アンタッチャブルな面が存在したと思います。彼女はここに関わることになります。
今現在、約束された状況下では、「これはアウトサイダーとか言って一儲けできそうだわ」とかいう魑魅魍魎な連中も出てきかねないような世の中になりましたが、当時はそうではありませんでしたし、状況は大きく異なったのだと思います。たとえ、そこで詩を教えたりしていても、必ずしも良いこととは思われなかった時代だからこそ隔離されていたわけで、要は触れてほしくないところに出入りする有名人というものは社会においてはありがたい存在ではなかったのではないかと推測します。
世の常だとは思うのですが、それよりは世の中のそういうものを美しく隠蔽したりごまかしたりしてくれる人のほうがありがたがられるというのはあると思います。そして不都合なものは見たくない人が多数派ですし、目立たれても困るのです。
しかしながら、現代だからこそ、この部分についても、もう少し再評価されても良いのではないかと思えるところが多々あります。
というのも、記念館に行っても冊子を見ても、その件に触れているのは一行程度・・何十年も行ったわけですから、ライフワークのような一面もあるように思えますが、深く書かれている資料は非常に少なく、現在でも都合が悪いのかな?とも思える状況を目の当たりにします。
そうでなければ、そういった館等が、それほど熱心でもないのか?そうだとすれば、それ以外の本業の件でも永瀬清子が再評価される可能性は低いのではないかと思えます。
基本的に、岡山県民は個人主義ですし、あまり他者に関心が無い面もあるとは思うのですが、まさか在住の岡山県民に、そのような偉業があるはずもないというような感覚もあったのかもしれません。
とは言いましても、内容的には本来評価されるべきものですし、現在だからこそ読むべき内容のものも多いのが、ここまで関わっての感想です。
現在では読めないような難しい漢字などがあるのも事実ですし、人によっては難しいのでしょう。そして、軽い感じのものは決して多くはありません。
時代に合わないとおっしゃる方もいるかもしれませんが、今の時代は誰がみても自滅路線なので、世の中をみて見習うようなものは大して多くもなくて実にくだらないもので埋め尽くされている感もあると思います。それは、劣化した世の中が見事に証明してくれているので、言うまでもありません。
それでも、やはり、華麗に自滅を隠してくれる方こそが、時代の寵児なのでしょうか・・
こういう時代だからこそ、再評価してほしい人の一人だと思うのです。
それが実現したときは、生家も絶版になった本も、自然に生き続けたり、蘇ったりするような気がするのです。


posted by 超画伯 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | きよこのくら関連

高畑勲氏の本

DSC00576.JPG
わけあって、高畑勲氏の本「君が戦争を欲しないならば」をいただきました。この本に書かれている内容は、全般は自身の戦争体験の話であり、最後には憲法9条という「日本人に対する抑止力」という内容で締めくくられています。
基本的にリアリズムに沿った内容ですし、現代の日本と言いますか過去からの日本人の体質の、基本的な変化の無さについて言及されています。
思うに、これはその通りで、戦中等の寄せ書き等に書かれている文面と現代のネット等に書かれている文面の類似性を見ても納得のいくものです。つまるところ周囲の目線が気になる日本人は、あくまでも多数派に合わせるのです。それがおかしいか、おかしくないかについては問題ではなく、それについて行く・・
そして多数派が、いいね!という言葉に同調しなければ、村八分となり、干されてしまう社会についても言及されています。
基本的に憲法9条に対する考え方以外は同じような感じで、ぼくも世の中を見ているのでありますし、ぼくにとっての戦争を欲しないという考えは、グローバル資本がもたらす、超格差社会によるところが大きいのです。そして、残念なことですが、これが進めば進むほど格差をごまかすための地域振興策が行われることこそが、民主主義の崩壊を招く・・いや、もう崩壊しているか・・
ともかく、マスコミと一体となって同じようなお題目の元、御用学者ならぬ、御用文化人によって、人々を同じ方向に動かしている様子は、ぼくには異様に思えます。これも、他者の目線というものを重視する日本ならではの政策ですし、ある種の詐欺行為というものは、必ず甘い言葉や良い言葉によって行われるというのは。普通の人でも本当ならば理解できるはずです。
それでも聞こえの良い言葉に乗ることは「人に良い人だと思われるし、皆そうだろう」と考えるのが日本人で、あくまでも他者の不特定多数の目線こそが重要なのです。そして、それに同調します。西洋人のように、神の目線を第一とした考え方は日本人には無いがためにそれは起こります。神というものは教義があるにせよ、自分がイメージするものですし、それにそって自分の行いが正しいかどうかを判断しているように思えます。

残念なことに、大広告社会である現代では、それを各種媒体に拡散できる、巨大資本こそがイメージを拡散できるのですし、文化人も、あくまでその都合に沿った人間でなければなりません。ぼくは、それを”御用文化人”と呼んでいますが、この流れにいち早く乗った者こそが、より多く巨大資本の代弁者として影響力が持てるという社会に至っているように思えます。
しかしながら、日本の感覚では保守だろうが革新だろうが、これを止めることはできません。それはあくまでも良い言葉ですし、どちらの側も、グローバルな共栄圏をつくることを長年の目的としてきたからで、実のところその言ってることはどちらも自由主義をうたっているように思えるのです。それも流れに流された行き過ぎた自由主義、新自由主義(ネオリベラリズム)というものです。面白いことですが、社民党の方々が、我々はリベラル勢力と言っていることに驚いたこともあります。そして現政権などは、驚くべきポピュリズムに走った超リベラリズムの政権に見えるのです。何事も偏りすぎてはあらゆる維持のためのバランスを失うのは言うまでもないと思うのですが・・

DSC00577.JPG
この本は、高畑勲氏のサインが入った特別なものでもありました。色々とお気遣いありがとうございます。

この本ですが、永瀬清子さんの意見が紹介されています。

いつのまにか一番近い相手を
喜ばせたいのが日本人です(中略)
だから何で食うかが大切です(中略)
頭で食うのはとても危険です
なぜなら世の中が変わったら
自分が自分に頼って云うことがついできず
云えば食えず
いつかもすぐれた詩人も詩で食っていたために
政府やまわりをついつい喜ばせ
それで戦争に組したのです。

つまるところ、言ってしまえば、村八分というのが日本の社会です。
よって、ある種の既得権益に守られた中での発言ばかりが目立つのは右だろうが左だろうが同じことです。

K52S1011.jpg
不特定多数の人の目線による個の支配を表現した「スピリッツ零三」
こちらの音楽は、「きよこのくら」の音楽監督をしていただく、坂本弘道さんです。

中村智道作品 紹介動画 from Tomomichi Nakamura on Vimeo.


そして、過去も現在も日本人の体質が変わらないにしても、ネットというものによって、それは加速しているように思えるのです。

posted by 超画伯 at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | きよこのくら関連
リンク集