2016年03月07日

フェレットを再び飼いはじめたのですが


走る星君 from Tomomichi Nakamura on Vimeo.


フェレットを再び飼いはじめたのですが、これがリアルカナディアンフェレットのオスということになります。

フェレットは随分前から飼っているのですが、20年前に飼いはじめた一番最初のフェレットが一番長寿で、9歳まで生きました。それ以降は噂通りの平均6年程度・・色々と大変なこともありますし、どうかと思ったのですが、この動物は非常に賢くて面白いんですね・・色々経験させるほど賢くなるのが分かりますし、個人的には4歳ぐらいでピークになるような気もします。何もさせないと、考えることをやめるのは、他の動物と同じ感じでしょうか・・好奇心をある程度満足させるだけ行動させると驚くほど賢くなります。まぁ大変なんですけどね。

猛烈な噛み癖の売れ残りを気の毒に思って飼いはじめたのもいますが、これはあまり知的な行動はとれませんでした・・それでも、色々遊んだりしてやるとそこそこ賢くなりますし、ストレス発散で噛み癖は無くなりましたが。


IMGP9915.jpg
習性など色々と知られていないこともありますが、今まで見た感想だとかなり賢く、例えばハーネスにヒモが付いていて、それが何かに引っかかっていると、それをくわえて外すという事を、勝手に考えてやっている個体もいました。これは、初代の「みつる」というフェレットなんですが、マニュアルもしっかりしたものは無くて、先入観が無かったためか、餌もナチュラルで、生餌や生野菜、高級キャットフードに、たまに狩りをさせて何かを食べさせていた日々・・あまり寄生虫などは気にしていなかったように思います。最終的には、原因不明の食欲不振で餌を食べなくなり、やせ細って死んでしまいましたが、それ以外は問題もなく生きたのです。その後、マニュアルが発達してきて、色々な飼育書や情報が出てくることになりますが、その後出てきたのが、副腎腫瘍、尿管結石、インスリノーマ・・のよく聞く病気です。一匹は人間の筋ジストロフィー?によく似た非常に珍しい難病など・・それらにかかると、大金を失うことになるものの延命程度で長生きはしなかったことも覚えております。
結局のところ、野生動物の番組が好きだった事もありまして、マニュアルに頼らなかった一番最初のフェレットが自然食をとることで、一番長生きしたというのが今のところの感想です。
以前から知っていたことではありますが、肉食動物には野菜が不要というわけではなくて、捕食する動物の内臓から、半分消化された植物を接種するということです。つまるところ、草食動物が半分消化した植物を、自分の短い腸で吸収するという形でしょう。自然界では、こういう複合型の消化というのもあるということです。これは一番最初に一番気にしたことで、それこそ昔は、野生の肉食獣ベースに育てていたので発酵させた野菜や生の肉、生きた魚、小動物、昆虫を捕食させるなどして健康を保つという方法で、見る限り白内障などの老化現象を起こして衰えるまでは生きたということになります。
その後、餌などが充実するほど長生きをさせることが困難になり、たまたまだろうかと思っていたわけですが、イギリス等の狩猟フェレットは長生きという情報等も得て、最初の飼い方が意外に近いことに気が付きました。


IMGP7288.jpg

そこで、今回は初心にある程度帰り、餌から見直し・・毎日生餌ばかり与えるのは大変なこともあり、一応総合的に栄養が取れるドライフードをベースに、消化酵素、乳酸菌、発酵野菜、植物を接種させたミルワーム等を与えて育てることに・・
内容は、イースターのフェレットセレクションproメンテナンス、8in1ウルトラブレンド アルティメイト、オリジン キャット&キティ、ワイソン オプティマル・ニューチャーのブレンドという構成です。フェレットフードは、2種類ありますが、内容を見る限りでは、どちらか一方でもよさそうな気もします。イースターのproは、唯一、アガリクスが入っているのと、医者に推奨されたことがあること・・8in1は水でふやかすと食いが良く、酵素ふりかけで与えやすいこと、あとクランベリーと乳酸菌が入っていること・・オリジンは、成分の種類が非常に多いのと、炭水化物を調整したいのでグレインフリーであること、繊維となる植物の種類も豊富で、これらは、善玉菌各種の餌になるので、腸内の活性化を期待できる・・ワイソンは、書いていることが本当ならば、消化酵素と善玉菌が多く、たんぱく質の比率が52%と非常に高く、同じくグレインフリー・・これは、同社の犬猫共用のスターチフリーフードのエピゲン(たんぱく質60%)と悩んだのですが、こちらは成長してからということに・・全部だと量が多すぎたため、他の何人かにいくらか分けることになりましたが、これをベースに徐々に詰めていく予定です・・子供なので、かなりハイエネルギーな構成です。酵素は、”いっきに50”というのと、生野菜を小刻みに刻んで乳酸菌をふりかけて浅く漬けたものを利用です。ミルワームには、酵素の多いバナナやキャベツを与えたものを与えて、あとは冷凍生肉です。骨髄も与えています。ドライフードと自然食の比率は、50:50ぐらいの比率でしょうか・・

すべてに酵素をふりかけています。


つづき
posted by 超画伯 at 20:07| Comment(8) | TrackBack(0) | 動物・ペット

2013年12月16日

チョウセンイタチを一時保護した感想

IMGP7639_.jpg
チョウセンイタチ 保護したときの状態

今年の夏、小学生がイタチを拾ってきたとの報告で、それがどんなものなのか見に行きました・・
行ってみると、それはチョウセンイタチ・・子供のフェレットと似ていますが、2回りほど小さい感じで、拾った子供たちは餌は何をやれば良いのか分からないという・・あと拾ってからの時間もけっこう経過していたので、フェレットの飼育セットを持っているうちで大きくなるまで面倒をみることに・・
家でネットを調べてみると、保護されていて基本飼ってはいけない動物のようです・・おそらく外来種だと思うのですが不思議なものです・・ちなみに日本では対馬でのみ在来種になるようです・・
在来種のニホンイタチは、これに追いやられて危機的な状況なわけだけど、ともかくこのイタチにその罪はないわけです・・
一般的に言われるのは、法律上駄目なのですが殺処分・・これは農家などでは一般的に行われていて、このあたりの法律がいかに曖昧なものなのか伺われます・・
うちはフェレット等飼っているので、この形の生き物に非常に愛着があり、殺すなどとてもなので、ともかく栄養補給・・フェレット用のミルクをよく飲みました・・あと、フェレット用のフードもよく食べるようです・・
飼った感じを言えば、この時期に関してはフェレットに非常に似ていて子フェレを普通に育てることが出来る人なら容易に育てることが可能でしょうね・・

IMGP7588_.jpg
チョウセンイタチの子

目は開いていません・・この状態から数週間目が開かなかったため、これはそういう個体でそのために親に育児放棄されたのだと思い一生面倒を見なければならないのかと思っていましたが、やがて目が開きました・・
フェレットに比べて非常に目が開くのが遅いのですが、何故そうなのか数日で分かることになりました・・異常に活発なのです・・もし目が開いていれば未成熟でも動き回って親も世話を出来なさそう・・それこそ弾丸のように走り回り、リスのようにどこにでも登ります・・丁度肉食のリスと言えば分かりやすいかもしれませんが、知能も高いため非常に悪さをします・・ジャンプ力等も猫のようにジャンプします・・何故イタチはペット化されず、フェレットだけが一般に飼育されているのかこの時点で理解しました・・
本能に忠実なのか、ペットのフェレットを仲間と思っているようで、人間にはあまり馴れません・・カメのように慣れるという感じまでです・・肩に登ってきたりしますが、目が合うと逃げます。おそらく猛禽類等に対する本能でしょうね・・
フェレットも仲間が出来たと喜んで一緒に走りまわっている感じですが、それも長くは続きません・・やがて力も強くなりフェレットとは比較にならないぐらい素早く動くため、じゃれ合いではフェレットが鳴きながら逃げ回るようになります・・おっとりしたフェレットには対処出来ないからです・・
本気で戦えば体の大きなフェレットが勝つでしょうが、肉食動物と言うのは何らかのモラルがあるようで、仲間と思っている生き物を本気で噛まない習性があるようです・・うちのフェレットはオスなので、それこそ近似種の肉食動物の子供には容赦が無いと思っていたのですが、人間に育てられた者同士の匂いがあるのか仲間と思ったようです・・

IMGP7955_.jpg
目が開いて間もないチョウセンイタチ

この時期のチョウセンイタチとフェレットの共通点ですが、食べ物は同じで鳴き声、食べ物を隠すなどの点で似ていて、興奮すると尾を膨らませて”ククク”と鳴くあたりはそっくりです。食べ物が同じなら糞も同じ・・違う点は動きの早さ、慣れ、個体差もあるかもしれませんが、こちらが羽ばたくような動きをすると一度逃げ出しギャーと鳴いて噛み付いてきます・・おそらく本能でしょう・・ケージに入れると可哀そうになるぐらい暴れます・・フェレットと一緒に入れれば若干落ち着きますが、フェレットが何時間も遊びでからまれてストレスで鳴きさけびます・・荒らされますが、部屋に放し飼い状態・・凶暴かといえば、そうでもありませんがペットにはまったく向きません・・


つづき
posted by 超画伯 at 19:02| Comment(7) | TrackBack(0) | 動物・ペット
リンク集