2019年07月12日

ちょっ!?知人が、衰弱したスズメの雛を持ってきてしまう

K_1N0427.jpg
知人が、衰弱したスズメの雛を持ってきてしまいました。

基本を言えば、こういうスズメの保護は、本当はいけんわけです。

今日は偶然にも、ツバメの雛を撮影したりしていたのですが、帰宅後、まさかスズメの雛が!?

DSC08203.jpg
(今日撮影したツバメ)

しかし、何故か、こういう関連する事は連鎖するような気がします。ぼくの人生経験上の話ですが・・

とりあえず、スズメはある程度回復、今でも看病?していますが、記事を書きました。

知り合いが、拾ったスズメを持ってきてしまった
↑クリックで記事が見れます

posted by 超画伯 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物・ペット

2019年06月30日

コボウシインコ、コイネズミヨウム、オキナインコ、オオハナインコ等を飼育してみた感想を書いてみました。

645D9038-1.jpg
とりあえず、インコを飼育してみた感想を書いてみました。
みどりの王様サイトでの記事となります。

インコを飼育してみた感想

とりあえずですが、コボウシインコ、コイネズミヨウム、オキナインコ、オオハナインコについて書いています。あくまでも、うちで飼っている個体の場合について書いているものなので、すべての個体に当てはまるものではありまん。

写真撮影を終わらせたら、ウロコインコに関しても、そのうち書く予定です。よろしくお願いいたします。

posted by 超画伯 at 15:32| Comment(9) | TrackBack(0) | 動物・ペット

2019年06月13日

インコを飼育した感想を書こうと思う

とりあえず以下のインコの感想を、そのうち書きたいわけですが、いざ書くとなると色々と大変ではあります。

645D9073-5.jpg
まずは、コイネズミヨウムについて書きたいと思います。
理由はといえば、16年と飼育歴が長く、幼少期から、成熟期まで一通り経験したからというのもあります。
ヨウムという鳥がどうなのか?ということが気になる人も多いかと思います。

2019/06/17 追記 記事を追加しました。

コイネズミヨウムを16年飼育してみた感想


00015_2.gif
コボウシインコは、ちょいアニメ、「みどりの王様」の主人公なので、書いていく必要がありますよね。

2019/06/17 追記 コボウシインコを飼育した感想を書いてみました。

645D9057-1.jpg
あと、オキナインコですね。
荒と手乗りの2羽を2年ほど飼育しましたので、だいたいどんな鳥か分かってきました。
ヨウムと比較して、おしゃべりとか認識能力がどの程度か気になる方もいるかもしれません。

2019/06/19 追記

645D9102.jpg
次にオオハナインコですね。
去年も感想を書きましたが、このあたりから、荒化する個体も多いと言われる鳥だからです。
ですが、実際にはどうなのか?という感じです。
他のインコを飼うように飼ってはいけない部分もあるようなので、その点も書いてみます。

2019/06/30 追記

今のところ忙しくて、なかなかまとめられませんが、必ず書こうと思います。






645D9119.jpg
鳥の感想ではありませんが、ラーメンの感想でも書いてみます。
先日は、週に一度の小麦解禁日。
今回は、らーめん まるよし に行きました。

645D9117.jpg
味は、尾道ラーメン系で美味しいです。
最近、尾道ラーメンはギトギトでイマイチという印象が強くなっていましたが、これは、そこまでギトギトではなく、あっさりめでしょうか?
ギトギトのは、食後〜翌日にかけて、腹をこわすので、なるべく避けるようになりました。
ここのは大丈夫でしたし、値段も500円とリーズナブル。
行く価値ありかと思われます。

posted by 超画伯 at 01:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 動物・ペット

2019年06月12日

ミルワームを繁殖させているのですが

三年前から、ミルワームを飼育しているのですが、これはフェレットの腸内環境を整えるために繁殖しているものです。
たまにインコにも与えていますが、食べ馴れている個体は食べてくれます。

三年前から、3グループに分けて飼育しているのですが、定期的にこれを他のグループに分けることで、血が濃くなりすぎないようにしています。
というわけで、三年前の購入から一度もミルワームを購入していないわけです。

なんですが、これ、21世紀の人類の食料として注目されているみたいですね。
飼っていると分かるのですが、なるほどの繁殖力です。共食いもしないので、飼育も簡単です。
何でも食べるので、キャベツの芯とか果物の皮とか残ったものを入れてたら食べてくれますし、すごい食欲で、すぐに食べてしまいます。
ジャイアントミルワームのほうは、少々難しいというか、個別に飼わないと成虫にならないので大変なので飼うのをやめましたが・・

まだ、個人的には食べたことが無いのですが、食材とかを見ていると、ミルワームは普通に出てきて、ヨーロッパの料理などにトッピングしているのを見ることがあります。
たぶんなんですが、このミルワーム、栄養も良さそうですし、案外美味しいのかもしれません。
欧米では、昆虫食を開発するベンチャーなんかも出てきているようで、将来的には、ぼくもお世話になるのかもしれないとふと思いました。

今の日本だと、世の中の危機的な状況を伝えるだけでアレルギー反応を起こす人が増えてしまったのか、そういう情報がとても少なくなりました。
ですが、確かに世界的な人口の増加で、食料そのものが足りなくなるのは確実でしょうし、そこで昆虫が注目されるのは自然なことかもしれません。

ペットに与えて平気なのだから、当然人間も平気でしょうし、あとは抵抗感の問題だけでしょう。
これも慣れると平気らしいので、一度食べてみたいと思いました。

既に何種類か昆虫は食べたことがありますので、それほど抵抗はありません。
ただ、料理は得意ではないので、きちんと料理をしてくれる店で食べてみたいと思いました。

そこでなんですが、倉敷に爬虫類カフェがあって、そこに昆虫をトッピングした料理があるようなので、お試しに一度食べに行きたいと思っています。

posted by 超画伯 at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物・ペット

2019年05月12日

インコ・オウム用のリュック買ってみた amleso クリア 鳥キャリーケージ バッグ

PK1N0014_edit.jpg
インコのキャリーみたいなものを探していたのですが、こんなのがありました。
なかなかにオシャレな感じもあり合皮ながら、そこそこの質感を持っています。
名前は、amleso クリア 鳥キャリーケージ バッグ 通気 スタンドパーチ 止まり木 キーリング 約35×25×42cm とのこと。
手さげタイプよりも楽そうなのが魅力でした。
あともう一つカプセルタイプも購入したのですが、今しばらく配送に時間がかかる模様・・海外便です。


PK1N0008_edit.jpg
裏側はこんな感じ。ランドセルのようです。
下の紐の付け方ですが、少し工夫が必用でした。説明書はありません。
コイネズミヨウムと比べると、こんな感じ。十分な大きさがありそうです。この程度の大きさのインコならば十分でしょう。
どのくらいまで行けるかと言われると、ムジボウシインコ、キエリボウシインコより小さいボウシインコ、ヨウム、オオハナインコぐらいまででしょうか。長尾インコだと、中型まではいけるでしょうが、ホンセイインコ属のように極端に尾が長いタイプは難しいかもしれません。オオホンセイインコの場合は無理そうでした。(加工次第か?)オキナインコやウロコインコなら余裕です。

PK1N0005_edit.jpg
背負うと、こんな感じです。中型インコや短尾型の大形インコ用のリュックとしては、まずまずの大きさ。
女性が背負うと大きく見えるかもしれませんね。
目立つのが平気な方ならば余裕で背負えるでしょう。
デフォルトだと、窓の部分が網のような仕様ですが、このようなカプセルタイプの窓も同梱されていました。








つづき
posted by 超画伯 at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 動物・ペット