2018年05月01日

オオハナインコの飼育 1年間の感想

K_1P7379.JPG
(オオハナインコ 左:オス 右:メス  オスとメスで色が違います 昔は別種だと思われていて、メスはオオムラサキインコとか言われてたみたいですね)
オオハナインコを1年ほど面倒見ているんですが、このインコ意外に情報が無くて、どんなものかと思っていたのですが、徐々に性格らしきものも出てきましたので、飼育の感想を少しばかり書いてみようと思います。

インコを飼う場合、多くの方が気になる点といえば・・

☆性格はどんな感じ?
☆声の大きさは?
☆お喋りはできるのか?
☆知能は?
☆その他寿命やら食性、糞の状態等

あたりではないかと思うのは、ぼくがその点を気にしているからです。

SDQH1285.jpg
(妖子 あやこ オオハナインコ メス 現在2歳)
というわけで性格なんですが、このインコ、オスとメスで全然性格が違います。
よくメスは活発で気が強めとか書かれていますが、これははっきり狂暴とでも書いたほうがよさそうです。
では、誰にでも狂暴かといえば、そうでもなくて、気を許したパートナー(と決めた人)に対しては従順で、大変にお利口にしております。
ですが、そうではないと見なした人に対しては容赦なく噛みついたりします。
一応ルールがあるようで、パートナー(と決めた人)と同伴の場合は、見知らぬ人にも噛みつかないようです。

K_1P7380.JPG
噛まれたあとは、見事なまでにV字型の傷がついてしまいます・・当然血は出ますし、なかなか離してくれません・・
まぁ、大型インコなので、この程度の傷は覚悟して飼ったほうが良いのではありますが、他の鳥に比べるとどうしても気の強さが目立ちます。
ただ良い点もありまして、外でも物怖じせず、パートナーと決めた人と一緒に出かけるかぎりは、他のインコに無い社交性を見せるような点もあります。
見知らぬ人に外出先で噛みついたりはしないようで、外では良い子だと思われていたりします。

メスのオオハナインコが何故気が荒いのかですが、色々と説はあるのでしょうが、メスが巣をめぐって争いをするとか、巣を獲得したメスが、数羽のオスを従えるという逆ハーレム状態を作ったりすることと関係がありそうです。
自然界では縄張りを守る側の性が攻撃的になるというのが一般的だと思うのですが、オオハナインコのこういった性質が、メスの性質を作り上げているような気がします。
で、巣に入ったメスに数羽のオスがせっせと餌を運ぶようです。
ただ、産む子は、気に入ったオスの子しか産まないとも言われているようです。

SDQH1267.jpg
(花太郎 はなたろう オオハナインコ オス 現在1歳)
オスなんですが、まだ1歳なので、オスらしい性格が出るのはこれからだと思うのですが、1年前の妖子の性格から考えると、ずっと大人しく、言われる通りおっとりしている感じです。
あと知らない人を怖がったりもしますので、メスよりも臆病なことは間違いなさそうです。
ただ、好奇心は強いようで、おもちゃ等でよく遊びます。
この点から、オスのほうがメスよりも飼いやすいのかといいますと、やはり飼い主との関係が重要なのではないかという感じです。
というのも、花太郎の場合ですが、知っている人には噛みつきませんが、知らない人には噛みついてしまいます。
パートナーと決めた人に対する従順さも妖子のほうが上な感じです。
しかしながら、オオハナインコのメスがパートナーをきちんと決めてくれるかどうかは運みたいなもので、どちらかと言えば大人しいオスのほうが万人向けといえば万人向けなんでしょうか?

つづき
posted by 超画伯 at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物・ペット

2017年03月10日

コイネズミヨウム オオハナインコ コボウシインコ 他 一番食園等

最近、というか、以前からインコを飼育しているのですが、いつの間にやらけっこう世話をしている状態です。
思うにチョイスがマイナー路線を走っているのですが、マイナーだけに情報が無いのが残念なところです。
というわけで、飼育や世話の感想まで・・

K_1R4026.jpg
濃太郎(コイネズミヨウム)13才 ♂ 360g   誕生日:2004年1月18日 リングNO.090
濃太郎はコイタロウと読みます。
少し小柄でねずみ色が濃いヨウムです。とは言いましても、コイネズミヨウムとしては大きな彼は、小柄なヨウムよりも大きいこともあります。餌は、シードとペレット、野菜、果物ですが、たまに動物タンパクも与えています。
性格は、普通のヨウムよりもラテン的とか言われますが、そもそもラテン的性格ってなんだ?
飼い主のぼくにはベタ馴れですが、気に入らない人に対しては、背後から闇討ちします。そういう性格なわけで、家庭内では確執を起こしてしまう性格の持ち主です。
知能はおそらくヨウムと同等ですね・・別種というよりは、ただの亜種なので・・発語に関して言えば、ヨウムより小さい体が災いして、人間ぽい声とも違います。
当然ヨウムらしく、大変に周囲を観察しており、人間が話す言葉の意味を理解して使うことが可能です。
時々、単語の組み合わせを変えて、意思伝達もします。
つまるところ餌が無い場合は「ヒマワリ無いよ〜」と分かりやすく言いますし。放置したら「ヒマワリ無い!」と機嫌が悪そうに強めに言ったりします。
人が大勢いるところに行くのは平気なのですが、基本的に知らない人は嫌いです。
何よりも鳥が嫌いで、他の鳥たちを憎んでいます。
最近、ヨウムとともに絶滅危惧種として、ワシントン条約のサイテス1に入ってしまいました。仕事が楽になったら登録しに行く予定です。

K_1R4056.jpg
緑山(コボウシインコ)もうすぐ1歳 ♂ 230g  誕生日:2016年6月24日  リングNO.MAL 12 287
緑山はミドリヤマと読みます。通称ドリヤマ
小さなボウシインコです。名前の由来は色が緑であることと、歩き方が四股を踏む力士のようであったため、四股名として山を付けて緑山となりました。
生後一月程度からの付き合いであり、小さいころは病院にもかかって大変な日々でしたが、随分と丈夫になり、立派なヘタレ小僧に成長しました。
他の鳥に蹴りを入れる習性があるのですが、必ず返り討ちに合うのであり、最弱・・二回り小さなインコにすら負けて泣き叫びます。
人が見えるところにいれば安心なのか、多動しまくりで、何も無いところに何かが見えるようで、異世界を見ているようです。
人が見えなくなるだけで大騒ぎします。そのときの絶叫のうるささやらしつこさには防音設備必須と思えるところもあります。
噛み癖に関して言えば、これは鳥を飼育したことのある人で、しつけができる人ならば抑えることが可能です。
しかしながら、突然何かを想像して噛みついてしまうことはあります。
非常に気まぐれな性格で何を考えているのか分かりませんが、美術品鑑賞や音楽鑑賞に興味があり、美的感覚に優れているのが特徴でしょうか・・
カテゴリーとしては中型インコなのでしょうが、飼育の感覚や成長のゆっくりさ、じわじわと知能が上がってくる様子は、大型を飼っている感覚になります。おそらく寿命もそちらのカテゴリーになるのではないでしょうか?
発語は案外はっきりしていて、高めの声で20以上の単語を喋っています。
トータルで見ると知能は高いですが、やっていることは非常にバカ・・しかしながら可愛い憎めない性格です。

つづき
posted by 超画伯 at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物・ペット

2016年09月16日

家ネズミ(ハツカネズミ)もそろそろ成長したので 飼育の感想も兼ね

K_1R3104.jpg
家で駆除のために捕獲したハツカネズミなんですが、結局殺すことは出来ず、小さな子供から随分大きくなりました。自力で餌が食べれますし、そろそろ逃がしても問題の無い時期にきていると思います。ですが、おそらく、このネズミが天寿をまっとう出来る可能性は極めて低いでしょう。というのも、ネズミ算というように、ネズミは物凄く子供を産みます。それでも、2匹の親から、2匹以上増えるということは、数が増加し続けることで、どんな多産な生き物でも、これは当てはまります。おそらく、普通に飼育して、長くて2年程度の寿命なのだと思いますが、それよりずっと短い一生を終えるのが普通という動物ということです。

K_1R3110.jpg
ハツカネズミの見た目は最高に可愛いですね。
餌は、特別にネズミ用の餌を与えるわけではなく、数日間はミルクの強制給餌→自力になってからはインコの栄養補助用の動物たんぱく質の入ったウズラの餌、そして、インコの雛に与える一人餌練習フードという感じです。
ここまでは、ぼくが選択した餌を食べていますが、これからは野生で、自分で餌を選んで食べる必要があるでしょう。秋になってきてますので、餌は豊富にあると思います。


IMGP9838.JPG
関係ありませんが、ぼくは最近抑うつ状態で、薬を飲みながら、極力外の人との接触を断っています。そして、ネットもメールの確認ぐらいしかとっていない状態です。その間ですが、色々と、ぼくを動かしてくれた存在でした。飼育のための工夫とか。
小鳥よりももっと小さな生き物で、繊細で可愛らしい生き物ですが、家の嫌われ者でもあります。
ぼくも、家の中を荒らされれば嫌ですが、ネズミそのものが嫌なわけではありません。かといって飼い続けるのも大変なことです。それに慣れていません。逃げられれば、再び家に居つきますので、出して触ることもできません。なので、慣れないという感じです。


つづき
posted by 超画伯 at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物・ペット

2016年09月06日

イエネズミ(ハツカネズミ)の目が開く

IMGP9892.JPG
何日か前に捕獲したハツカネズミの子の目が無事開眼しました。おそろしく成長が早いですね。
残念なことに、1匹だけ餓死..手遅れでしたが、それ以外は無事成長中。自力で餌もすでに食べられるし、だいたい感覚は分りました。
で、目が開いたというわけで、ぼく自身を見てもらいましたが、やはり慣れず・・
まぁ、親がやるべきところまで育てたら野生に返そう・・家の中には返しませんが・・

posted by 超画伯 at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物・ペット

2016年09月03日

家に住み着いたネズミを捕獲したものの

IMGP9842.JPG
なんといいますか、鳥がまた一羽増えてしまいました・・ホオミドリウロコインコのパキラと申します。2016年7月10日生まれの雄となります。

IMGP9843.JPG
少し前にうちに来たコボウシインコの緑は成長してるのかどうか分からない状況・・見た目は変わらずで、相変わらずさし餌状態で、さし餌2羽の状況です。

IMGP9839.JPG
コイネズミヨウムの濃太郎も加わると、このような状況となります・・

K52S8170.jpg
うち、若い二羽は、当初一方的に緑が嫌がっていたものの、問題なしの状態に・・

そんな中で、両親の世話も含めて世話だらけの日々を送っております。
ぼく自身も体調も精神もよろしくないので、世話をしてもらいたいところですが、そういう時期はそういうことばかりするのがぼくですね・・止まらなくなる感じです。

そんな中、家にネズミが住み着いていまして、それの駆除を行おうとしていたわけですが・・
IMGP9844.JPG
一週間ねばってやっと一匹捕獲・・ハツカネズミのメスでしょうか・・これは遠くの山に逃がしました。
一匹で終われば良いのですが、様子を見ていると、家の隅々にかじられた跡がありまして、それが進行している様子。困ったので、フェレットの星君に出動してもらうことに
その結果なんですが・・

つづき
posted by 超画伯 at 13:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 動物・ペット
リンク集