2011年09月23日

V1

と言いましても、ドイツの巡航ミサイルではありません・・ニコンから発表されたレンズ交換式カメラの名前ですね・・Nikon 1。。一応、これが出るまでの動向を追って、今まで持っている一眼レフがどうなるのかと思っていたわけです。金持ちではありませんので、廃れるのも痛いですし・・
デジタル一眼レフも既に成長しきった感じのある市場でして、高感度以外はこれといった革命的な成長があるわけでも無く、結果としましては、今使っているものが、どうやら6〜7年・・下手をすれば10年は普通に使えることが見えてきた感じで、昔の機種だからと言って、RAWで撮影したデータさえあれば、最新の現像ソフトで現像出来るわけで、むしろ今よりもシャキッとした絵が出てくる機種すらあります。たとえばPENTAXの初代デジタル一眼レフカメラの*ist Dあたりでも十分な画質が出てきます・・こういうことを言ってしまいますと、新製品が売れなくなってしまうので、今の製品の良さと言えば、速さとかの快適性ということでしょうね・・
で、Nikon 1なんですが、写真を見て一言・・ダサい・・と言いますか、生理的な気持ち悪さや嫌悪感すら漂う妙なデザイン・・たぶん、アップルとかのシンプルな外装のパクリなんでしょうね・・でもまあ、そういうのも、極端にコンパクトとかそういう特徴とかがあれば、ちょっと良いように見えるのかもしれませんが、人が持つことを意識したサイズとバランスを考えてみても変・・
まあともかく、ニコンというブランドがこの市場参入したわけで、この酷さでも売れるようであれば、世の中はブランドのやることには何でも付いていくということになり、一眼レフ安泰の時代も終わってしまうのかもしれませんね・・ニコンは、これならば自社の一眼を脅かさないと思っているのかもしれませんが、甘いですね・・Nikon 1が売れる売れないに関わらず、少なくともミラーレスの市場は活性化する可能性が上がるわけで、そうなれば間違いなくミラーレスそのものに食われます・・画質は見る限り酷くて、レンズは暗く巨大・・暗いのに巨大・・小さくも無く、マイクロフォーサーズに比べての利点が何も見えません・・買おうとは思っていませんでしたが、どんな凄いのが出るのか?と思っていたわけですが・・
もっとも、デジタル一眼レフなんてのも、アナログ時代からのハイブリッド機種でしかありませんし、そのために、デジタルとしましては制約も大きかったわけで、ミラーレスになれば、色々な点でデジタルの特徴を生かせるわけです。というわけで、市場は明らかにこちらに傾くのでしょうね・・本当の事を言ってしまえば、今までのカメラメーカーもブランド名が無ければ、何時でも家電メーカーに駆逐されてしまう可能性があったわけで、家電色の強いミラーレスカメラなんかはソニーやパナソニックの独壇場になって、ついでに同じような素子をのせた一眼レフも淘汰されるなんてすぐに想像出来ますが、何故かマウントの呪縛によって救われてたという感じ・・でもまあ、マウントも乱立状態で、今のような感じだと、レンズも資産になりそうに無い感じで、レンズキットをその都度買い替えという感じが普通になりそうです・・正直な話、高価なレンズを買い控えたいと思うわけで・・
とりあえず、個人的にはミラーレスは2/3型か135サイズで出てきてほしいのですが・・
posted by 超画伯 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48096719

この記事へのトラックバック

α7R III ILCE-7RM3 ボディはここが安い!
Excerpt: ソニーのミラーレス一眼、α7R III ILCE-7RM3 ボディが大人気! 高画素での撮影はブレやすい、という声もあるものの。 こちらのミラーレス一眼では、そんな心配はまったくなくて。 5.5軸手振..
Weblog: カメラの【最安値】はこちら!ネット通販での価格を徹底比較
Tracked: 2017-11-30 17:21
リンク集