2022年08月11日

正規の外交ルート

壺的に言えば、例えば野党が韓国政府と繋がっているならば、「だからあいつらは反日だ!」となるらしい。

冷静に考えてみると良いが、韓国政府と繋がっている事そのものは、いたって当たり前である。なぜなら外交ルートそのものが無いほうがおかしいからだ。しかし、彼らは、あるほうがおかしい、反日だ!と唱える。
しかし、裏では、教団を通じて、韓国の裏社会と繋がっていると言ってよい状態だ。事実を言えば、壺的には、正規の外交ルートがある事そのもので不利益が生じるからそう言っているのではないか?
そもそも、このような反社を通じての外交ルートとか、中抜きもあり得る。反社の活動資金にもなり得るということ。

透明性があることが反日なのだろうか?表面上、争っていると見せかけるプロレス状態のほうが不健全だと言えると思う。

外交は正規のルートで行うべきだと思う。
posted by 超画伯 at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189744330
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック