2022年07月06日

なんか忙しくて嬉しい

P6212516.jpg
ここ最近忙しく、バタバタとしている。当然それは嬉しいことだ。
最近は、制作のため、蟻ばかり育てているが、それはライフワーク的になるのか、それともまた他の事をするべきなのか?ゆっくりにせよ、人と出会いがあるかぎりは、それをしたいとも思っている。テーマは絞っており、多くの出会いは無いにせよ続けたい。
賞を取るための作品をいつまで続けるのか?という質問もあった。確かに、ぼくは国内外で既に賞をとっているし、必要は無いかもしれない。活動のほうが既に重要だ。ただ、発表をする事が困難なため、賞を取る必要もあるのかもしれない。賞を取れば、とりあえず発表はできるのだ。
映像からのオファーもある。ぼくは、それを作りたいし、途中まで作っているものもある。ただ、4年前で止まっている状況だ。
映像の利点は順路で見れる事だ。対して写真は同時性だろうか?展示した場合、物事は同時に見ることが可能だ。何を作るかで、物事の性質を見極める事も重要だろう。
posted by 超画伯 at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189647051
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック