2019年12月20日

アスペルガー談義

DSC02659.JPG
一応、アスペルガー症候群とは診断されていないわけですが、どうも色々な人の話を総合すると、ぼくはアスペルガーだと思われているようです。冷静に考えて、数年前は、自分は普通過ぎてダメと思っていたものですが、ぜんぜん普通じゃないそうです。ですが、自分ではさっぱり分かりません。
ぼくの自閉症スペクトラム障害の領域とアスペルガー症候群の領域は、医学的に、どうやらかなり近いらしいです。

というわけで、人に迷惑かけないように、もっと自分の事を勉強しなさいと説教されたのですが、そんなの勉強したら洗脳されて、いよいよこじらせてしまいそうじゃないですか?
そうでなくても、ネット診断程度で、自分を発達障害だと思い込み、こじらせている人が多いのが今という時代です。
そういうのに流されない自信はあるのですが、アスペルガーなんて4千人に一人ですよ?そんなもんに簡単にヒットするもんでしょうか?正直、人間関係の中にいない確率のほうが高いと思うのですが、それが自分だって?
まぁ、素人診断だから信じる必用もないわけですが、ともかく、ぼくはそう思われているようです。

ぼくのパートナーはテオ扱いされているらしく、中村さんの栄光の影で、月影さんは・・ウッウッ(涙)とか言われているようです。ということは、ぼくはゴッホなんですか?それって誉め言葉のようにも聞こえますが、基本的には、その行動や異常ぶりがゴッホのようだと言われているようで、別に褒められているわけでも無さそうです。「いや、ぼくはそこまでではないし、栄光とかどこにあるんよ?」と言ったら、そこが認知の歪みなんだそうです。そういう考えでは困るとの事でした。とりあえず、底なしでどうしようもないそうです。

というか、自分の身の回りの人まで、自分をそこまでヤバいと思っていたというのには驚きです。稀に見るキチガイだとか?どうも、自分の認識がおかしいようで、ぼくは世間様とはかけ離れた存在だと見られているようです。しかし、自分の認識とは違う事を言われても嬉しくはないわけで・・まさかの自閉症スペクトラム障害、しかもかなりの・・と診断された時には衝撃を受けたものです。個人的にはADHD程度だろうと思っていましたので。
昔からキチガイ扱いされて嬉しがる作り変人には呆れたものでしたが・・
しかし、ネットとかに書かれているあの情報本当に正しいのでしょうか?自分では、あのような感じだとはとても思えないわけですが。

まぁ変な人には興味ありますし、そういう人を探すのが人生の旅だとも思っていたりもします・・
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186940380

この記事へのトラックバック