2019年11月18日

今日は岡山フィルムコミッション等に行きました

今日は、岡山フィルムコミッションに行きました。一応、来年の個展のためのロケーションに関して、ぼくのアイデアが可能か不可能かを聞きに行ってみたわけです。ロケーションのタイプで言えば、映画タイプのものではありません。独自のアイデアを提示しました。
回答としましては可能との事でした。提示したことそのものは、やったことは無いけど、応用的に可能なようです。これが聞けたことで一安心、着々と準備を進めるだけということになります。

IMG_20191118_174735.jpg
あと、これです。いわゆる画材なんですが、木炭と木炭紙、他、木炭画用の画材なわけです。これを買いました。使うのは二十数年ぶりかな?
写真展に木炭画?と思われるかもしれませんが、ぼくが考えているのは、今回やったことの逆、それ以上は言いませんが、想像出来ることに関して言えば、金銭問題が無い限りは、大抵出来るということです。もし、連作として相応しくなければ、はじくだけ、他の展覧会にでも何にでも使えます。たぶん、テーマ性が一致しているならば、まず使えるのと、強い表現が可能かと。
いつも思うことですが、映像をするなら映像、写真をするなら写真の外を見るのが重要だということです。カメラは画材と同じようなものなので、自分のイメージの再現の手助けをするためのツールの一つという考えです。

K_1N1152.JPG
その後は久々に天神そばに。値段を見たら、随分高くなっていました。820円なり。これも二十年ぶりぐらいかな?
食べると、流石に美味しい。ただ、ここのラーメン、ぼくは舌が痺れるんです。なんでかな?

K_1N1153.JPG
こういった、たたずまいで、最近多いファミレスみたいなラーメン屋とは異なり、昔からある古いタイプの店です。あと、かなり正当な中華そばの部類かと。懐かしい味ではありますが、最近のラーメンのような強さもあります。ぼくは毎日は無理です。
個人的にはこういった雰囲気で食ったほうが、ラーメンを食ったという気分にも浸れるので好きですね。

IMG_20191118_142319.jpg
ちょっと舌が痺れたので喫茶店へ、ここはGALLERY GLOSS & COFFEEです。
紅茶いただきました。
先日、昔、県の関係で色々とお世話になった、川崎さんが来たとの事。なんでも、東京都写真美術館、写真新世紀2019を見に行ってくれていたそうです。色々と嬉しい話が聞けました。
あとは、カメラの話をだらだらと話した後帰宅。書類をまとめたら寝ます。

posted by 超画伯 at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186819336

この記事へのトラックバック