2019年07月11日

この二日間

645D9445_.jpg
先日は、田舎の田んぼのまわりを、カメラをぶら下げて歩いていると不審者扱いされてしまいました。
なんか、ゴミの不法投棄の犯人ではないかと疑われたわけですが、何を根拠にそうなるのか見当もつきません。というか、失礼な話で、冷静に考えたら、こちらが逆に警察にでも訴えたほうが良いのではないかと、ふつふつと怒りが沸いてきます。

しかし、カメラを持って観光地でもない田舎を歩くというのは、どうやら怪しいようです。いや、観光地で、撮ってくださいと言わんがばかりのもの撮っても嬉しくないんですが?

そういえば、過去にも何度か言いがかりがあったわけですが、田舎者ほど自意識過剰と言える反応があるような気もします。池の周りを写真撮ってたら、やはり、ゴミの不法投棄の犯人と思われたわけです。

しかし、でかい目立つカメラで、ゴミ捨てる場所物色するようなのがいるんですかね?むしろ、そういうことするなら、目立たないようにスマホで撮るでしょう。後ろめたいことあったら、目立つもんなんか使いませんわ。

穏便に済ませたいところですが、次に、言いがかりつけてくる人がいたら、申し訳ないけど、こちらが通報させてもらうことにします。

あと、痴漢に間違われたことも多数!内容見せても、なんか怒っていたりで、連番見ても、そんなもん撮っていないわけです。というかカメラぶら下げてるだけなんですが、消したんでしょうとか、機械のこと知らんのに適当な事をいうわけです。申し訳ないけど、お前に興味ないわと言いたくなります。

なんか損ですね。見た目がそういう感じに見えるのか?
このケースも、今後通報させていただく、あと録音機も所持するので、おかしなこと言うやつがいたら録音することにする。

もう、反発して、もっとでかいカメラ持って歩こうかな。


で、翌日ですが、雨が降って、猛烈に体調不良です。入院して以来、この点どうにもなりません。とにかく雨に弱いのは何なのか?自律神経が、どうしても駄目です・・

考えてみれば、子供のころから自律神経は悪かったようですが、親からは、それは只の怠け病だとか、運動が足りないからだと責められていたわけですが、その精神論が、いわゆる体の破綻に向かわせたと言っても過言ではない気がします。

そんな、何でも人並みに出来るなら、障碍者ではありませんよ?
どうやら、自閉症は虚弱体質が多いようです。調べれば調べるほど残念ですが、いわゆる本などに書かれている内容が、自分に一致するわけで、何だかなぁ・・と思ってしまいます。

あとADHDの特性で、興味が、他人と著しくずれるので、妙なものに興味を抱いているのは、他人から見れば不審なのかもしれない。というか、日本人そのものが、意見の一致を求めすぎで、これでは落ちぶれるのも無理もないという感じですよ?
社会に出ても、な〜んもアイデア無くて、ダメだしばかりで、前例のない事とか絶対にしようとしませんし、アイデアあったらバッシングですし、もうね。

とまぁ、色々とむしゃくしゃするわけですが、気を取り直して、明々後日の絵画教室の教材でも作るかな・・
posted by 超画伯 at 23:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
無視されていいです。うちのお客さん、北方の旭川で白鳥が来るってタブレット端末で取って可愛いから毎日店に来てくださる年配のご婦人いらしゃいます。かっこいいなぁ
Posted by ちょこ at 2019年07月12日 12:27
確かに無視という方法もありますね。
とりあえず面倒は回避したいものです。

そう言えば、旭川には、昔から白鳥いますね。
誰が飼ってるんだろう?
Posted by 中村 at 2019年07月12日 23:57
天才型趙画伯は、大衆と迎合しないとこがいいのです。かくいう私も子供の時から【浮きこぼれ】です。【落ちこぼれ】の類似語。もてるやつなんか、洗濯機の渦の真ん中でうじゃうじゃ楽しんでる奴しかなれないよ。学級委員長で大きなバッチつけて、起立・礼・着席って号令かける奴は心から僕たちは尊敬していますっていうんだけど、早い話がはずされているんだ!
白鳥は渡りで来てるのかと思っていました。対岸には孔雀飼ってるかたいます。
Posted by ちょこ at 2019年07月14日 23:08
ちょこさん、ありがとうございます。

何かと生きにくい世の中ですが、回復したら、もう一花咲かせますよ!

水鳥や、キジ科の鳥は、昔から人気があるのか、一定数いますよね。

パートナーが、闘鶏で傷ついた軍鶏を飼いたいらしいけど、今は場所が無いから、自分が再び仕事が出来るようになったら、そういうのが飼えるところに引っ越しするのが夢です。
Posted by 中村 at 2019年07月15日 21:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186262392

この記事へのトラックバック