2019年04月16日

なるべくストレスは避ける 妄想する努力

ojiro.gif
朝起きると治っていることもあるのですが、左の肩凝りはかなりのもので、正直やっとられん気分です。
この肩凝りは、ストレスとも密接に関係があるようなので、なるべくストレスを溜めないように過ごしたいと思っております。
そこでなんですが、絵画教室の受講生が教えてくれたわけですが、妄想するとストレス発散になるとのことでした。
そういえば、最近は妄想力が不足していて、他人からは世の中の不景気や、若者のやばさ、等終わってる話ばかり聞いていて、更にはブラック企業やら、外国人研修生の奴隷化の話など、現実現実した話ばかりで、現代版、庶民は生かさぬよう殺さぬようが実施されてるんじゃあるまいかと、妄想に浸る余裕すら無くなっているわけです。
こんなストレス社会にも関わらず、何故かそういうことを言ってはならない風潮が高まっていて、なぜか世の中に悪いところはなく、そう感じるのは甘えであり、病気になるのも自己責任という感じで、ますますもって人間というのは消費するもんという空気が漂っております。
残念ながら、意識高い系やら企業、行政の御用に毒された、そういう様相を打破するすべもないわけで、そういうのが破綻するまではどうにもならないというのは、長年の経験でうすうす分かっているのであります。
仕方ないので寝る前に妄想に浸ろうと思うわけですが。リアルな話ばかり思い出して、本当につまんなくなったなぁとしか思えないわけです。
テレビが面白くないから見なくなったのですが、ネットも面白くないというか嘘ばかりでどうしようもないので、最近はメールを見ることと、ブログに垂れ流すことぐらいしかしなくなってしまいました。一応信じていることもあって、ネットショッピングの値段ぐらいは信じているわけです、学者の新説、趁説なども、どうせ数年で覆るので信じなくなりました。特に食い物系。体に良いのか悪いのかなんかすぐに覆るし、かなり御用の意見が垂れ流されている感じです。
基本で、とりすぎの栄養を控えるぐらいが、丁度良いと思う次第です。
ここまで書きましたが、肝心の妄想を思いつきません。昔は、変な道具を想像して、それを使えば、疲れがすべてとれて楽が出来るとか、年中自分の周辺だけ適温とか、宙に浮いて楽に移動できる装置とか、飲むだけで脳にインプットできる英語学習用カプセルとか色々と妄想していたわけですが、全然思い付かないのです。
そういえば、そんなの現実に無いからとか、考えるだけ時間の無駄とか言われたわけです。 ちょっと待て。それを誰かが妄想していたとして、誰も困らないわけです。それに、そういうの話し合ったら本当にストレス解消になるかもしれないじゃないですか。それどころか、その中のいくらかはAIが実現してくれるかもしれないじゃないですか。そもそも、現代の科学の産物なんて、妄想の実現の賜物みたいなもんですよ。まもなく培養肉クリーンミートとかも出ますって。殺生しなくてよくなるなんて素敵じゃないですか。リアルじゃないものはリアルになってきたんですよ。
うん、妄想しよう。ストレス発散って、現代では、かなり重要なところだと思うんですが。

posted by 超画伯 at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185866238

この記事へのトラックバック