2018年09月30日

Dance Performance 2018 撮影

DSC06324.jpg
今日というか既に昨日になってしまったのですが、ダンスパフォーマンスの撮影をしました。
イベント名は、岡山現代舞踊連盟さん主催の Dance Performance 2018 (ダンスパフォーマンス2018)というイベントでした。
28日からの撮影で、懐かしい面々とも再開。
そういえば、今年は1月から入院していましたし、それより前は、とにかく忙しくて誰とも会う時間はなかったわけです。
撮影の仕事としては、これが復帰第一回目ということになります。
思うに、この依頼が来た直後の自分といえば、まだ頭が朦朧としていて、仕事どころではなかったわけです。
しかしながら、調整次第で絵画教室や写真部もやっていましたので、そろそろ可能だと判断して、依頼をうけることに・・
そもそも何故依頼があったかというと、さかのぼること2年ほど前、岡山現代舞踊連盟さんにはお世話になっていたようです。

K_1R7226-E381AEE382B3E38394E383BC.jpg
これは、その時のイベントの写真ですが、このイベントをきっかけに、連盟さんから声がかかったわけです。
嬉しい話ですね。

DSC05518.JPG
ぼくの装備は、そもそもダンスには向いていないわけですが、なぜか何年か前からダンスを撮ることになりました。
それも、色々と縁があったわけですが、とにかく仕事ができることが嬉しいですし、ダンスの撮影はとにかく面白いのです。
特に、目まぐるしく動き回るわけで、それを予測しながら動くのが楽しいのです。
撮影に専念しているだけに、内容まではなかなか見れないわけですが、劇のようなダンスでした。

K_5S2133.jpg
室内の舞台とかではないため、横の動きが激しく、ちょっとついていけないというか、カメラが追ってくれないところもありましたが、3機種のカメラの得意不得意を見極めて撮影・・なんとかなったと思います。
もちろん野外ですし、照明は弱めなので、高isoは免れることはできず、少々ノイジーな画面ではありますが、状況はわかります。

PK1N1504.jpg
そういえば、その前の日に、以前仕事を受けていた、やはりダンスをしている山口さんにも会いました。
基本的にダンスの撮影は好きなので、また声をかけてくださいと言いました。
それにしても世の中狭いですね・・ビデオを撮影していたのも昔の知り合いの皿井さんでした。
以前会ったのは数年前だったと思うので、とても時間が過ぎたのだなと思いました。。
そういえば、はじめての映像というか紙芝居なんですが、それの編集をしてくれたのが皿井さんで、それが出会いでした。それから数年後、映像作家になりました。

今日というか先日のDance Performance 2018面白かったです。
撮影しているので、なんとなくしか分からないのですが、多くの人が参加していて躍動感がありました。
このイベントは2年に1回あるそうなので、次はたぶん2020年です。
その時もまた撮影出来たらいいな・・

posted by 超画伯 at 03:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184554826

この記事へのトラックバック
リンク集