2018年09月06日

カメラはミラーレス化で高価格化・・

SDQH2046.jpg
ニコンとキヤノンがフルサイズカメラ市場に参入したわけですが、なんと言いますか、正直詐欺的に高いですね・・スペックのただし書きとかも酷い・・
普通に考えれば、機構が減ったのだから安くなりそうなもんですが、逆に高くなってしまいました。
しかも内容はお粗末と言えると思うのですが・・
ボディーはデジタルだけに早めに安くなるとは思うのですが、レンズが異様に高いですね。
高性能化したのだから、これは安いと言う人もいるかもしれませんが、普通に考えれば、世代が変わるということは、値段がそれほど変わらず高性能化することだと思っておりました。新しいのだから、同じ値段でも高性能であるべきなのです。
しかしながら、今のところ2強とか言われてるこの2大メーカーは、明らかに高級路線を選択・・カメラはここ最近無いぐらいの高級品に・・という感じです。
カメラを持つ人の何割かは、既に金銭感覚がずれてきて、それでもついて行くのかもしれませんが、内容的にはエントリー機的なものになってしまっていて目新しい要素もありません..オーソドックスなエントリー機・・
つまり、エントリー機が半端なく高いということです。

今回のフルサイズミラーレス参入に関して言えば、これは二度目のαショックと言えることなんだろうと思いますが、それにしても後出しで値段も高くそれでいて低性能というのは如何なものでしょう?
売り文句も大口径マウントの将来性とかばかりで、その将来性込みの値段ということなんでしょうが、つまるところそれって30万とか40万、もしくはそれ以上の値段の大口径レンズでやっと威力を発揮するようなもんでしょうし、正直、そんなものを買っても仕方がないわけです。というかズームはF2.8、単焦点はF1.4もあれば十分でしょうに・・それでも最近は高いのですから・・そもそもレンズ何本か買ったら車が買えるようなカメラってどうなのよ・・長く使えるとか言うけど、デジタル一眼レフのレンズだって、これで徐々にネイティブでは使えなくなるわけですよ・・しかもデジタル時代になって、ものの陳腐化は早く、これからの100年とか、そもそもマウントそのものが必要なもんなのかも怪しいもんです。

とりあえず高付加価値商品で売る数を絞って儲けるという考え方は分からなくもないのですが、正直酷い話で、そういうのは、少なくともαよりも高性能でなければ説得力もありません。何に付加価値があるのかすら分かりませんし。カメラ屋としてのブランドということでしょうか?
そこまでブランドが重要なのであればそれはそれで仕方の無いことなのかもしれませんが、はっきり言って、かつての精密機械産業であるカメラ屋と家電屋とでは、ミラーレスという分野は明らかに家電屋に分がある気がします。
あと、単純にユーザー目線から見ればファーウェイあたりがこの分野に参戦でもしてくれたほうが、アイデア的にも面白いものを作ってくれそうだし、過去の呪縛から解き放たれそうな気もします。もはやブランドに固執することが発展性のためにも将来のためにも良くないとすら思えます。とにかくこの分野の人間はマニアも技術者も頭が固いのか、20世紀から継承するローテク技術の発展ばかりを追求しているように思えるのです。
レンズの巨大化など、その最たるものでしょう。ローテクだから、はっきりとした高性能化のためには物理的に使用困難になるほど大きくするしかないわけです。
案外中国あたりの企業がとんでもないアイデアを提示して、その後ごっそり持っていくのも時間の問題とすら思えてしまいます。

つまるところ、最後の障壁のシャッター幕が無くなるのも時間の問題なわけで、完全な電気製品に移行・・構造的にはビデオカメラとなんら変わることのない構造になっていくわけです。そしてAIとかそういったものが入る余地は上がっています。それに参入の障壁も間違いなく低くなります。
要はビデオ撮影+αをするように写真を撮るような時代になってきてるわけです。
α9の無音撮影を、ビデオ撮影のようだと揶揄する人もいるようですが、これこそが未来のミラーレス機の姿なわけで、無音撮影の恩恵は計り知れないのです。コンサートや舞台、講演など、シャッター音など迷惑以外の何物でもありません。シャッター音が素晴らしいとかいうのは、本来無いほうが良いけど仕方なく鳴ってしまうものにフィーリングが〜とか序列をつけているだけで、普通に考えればどう考えても無いほうが良いのです。
つまりそのように撮れることがむしろ理想なわけです。
そういったことを常に先行できるのはセンサーや各電子部品などを製造できる家電屋になってくることは確実ですし、こうった技術を早くもう少し下位の機種にもほしいわけです。
とにかく今回発表された機種に関しては、ミラーを外した恩恵が非常に少ない機種で、たんにブームにまたがりブランドで売るという商法にしか見えません。
古臭い撮影手法ばかりを継承していて、使用する上での発展性は無く、レンズは巨大化。自分が思うところのうま味がまったく無いわけです。
そしてレンズは異常に高い・・
αもレンズが高いと思っていましたが、いまや安いと思えるようになってしまいました。それでも高いからそんなに買えないのですが・・というか、世の中これでは、αのレンズも更に高くなりそう。。なんか馬鹿馬鹿しい・・
世の中先細りなのに..まぁついていけませんね。

posted by 超画伯 at 06:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184352996

この記事へのトラックバック
リンク集