2018年09月01日

色々と離れた感覚

SDQH2183.jpg
暑くてきつい夏でした。
病気もあるかもしれませんが、夏の暑さについて行くことができなくて、何日も倒れていました。
それでも予定のある日に合わせて調整していましたが、その後はダウンという感じを繰り返しています。それでも、意地でも動こうと思えば、その日は何とかなる分、入院していたころよりは良くなったのではないかと思っています。

これから作品を作るかどうかについては、体力との相談ですが、もともと自閉症もあって、一般的価値観についていくことは困難になってきている気がします。
色々とアドバイスを受けることもあるのですが、ぼく自身のベースの感覚は、世間一般とは大きくかけ離れていて、聞いてもあまり意味はなく、要はそこに当てはまる要素が極めて少ないという感じで、そこを無理してついていこうとしていましたが、限界のようです。
もともとは、普通に生きたかったのですが、それが出来ず、仕方なく作品とかを作るようになりました。その思いがあって、なんとか社会との接点を見出そうとはしていたのですが、もう無理です。
とりあえず、自分に付いた枝葉を切り落として、自分に無理の無い生き方を考えていく必要があります。
仮に世の中に必要のないものだとしても、まぁ、自分が生きていく中で色々と思い浮かぶことを頭に浮かべながら生きていきます。

posted by 超画伯 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184319901

この記事へのトラックバック
リンク集