2018年05月25日

夜中に歩いています

PK1N8161_.jpg
(PENTAX K-1/SMC PENTAX-FA 35mm F2)
なかなか体力が回復せずですが、とにかく筋力が落ちているため、体にダメージの少ない夜に散歩をしています。
今のところ、まだ涼しいので、なんとか歩けます。

最近は、自律神経も弱って、ネットもあまり見れませんし、炎天下だと、すぐにへばってしまって、一日を台無しにしてしまう感じなので、極力ダメージの少ない方法で運動しなければなりません。

PK_18089_.jpg
(PENTAX K-1/SMC PENTAX-FA 35mm F2)
最近のカメラは感度も良くなりましたので、夜間でも楽に撮影できるようになりました。
そういえば、K-1 mark iiが登場して、アクセラレーターユニットの搭載で感度が上がったようですが、どうなんでしょうね?
現在K-1をmark iiにアップグレードするサービスが行われているみたいですが、高感度でのノイズレスとの引き換えに、ディティールが悪くなっているという話もありますし、個人的にはAPS-Cでiso 1600、135フルサイズでiso 3200ぐらいまでしか使わないため、今のところ価値を見出せていない感じではあります。
ただ、好感度でのダイナミックレンジが向上しているという話もありますので、悩ましいところです。
個人的にはディティールが残っているほうがありがたいという感じです。
あと、高感度で撮ると、ノイズよりも色とか諧調の気持ち悪さが気になるのですが、これはダイナミックレンジの向上で解決できる感じなのでしょうかね?

DSC02429.JPG
(SONY α7U/SAMYANG 85mm f1.4 aspherical if)
そういえば、α7もモデルチェンジしてVが登場、こちらはセンサーそのものが進化して、高感度含めて大きく性能アップしたようですが、個人的には、今のUで十分な感じもします。
最近のセンサーは、高感度性能は上がっているようですが、低感度での性能は、以前のものと大きな差がなくて、あまり使わない領域でのみ高性能化しているため、ぼくが使っている限りでは、差が出てこない感じでしょうか・・

ところでこのSAMYANG 85mm f1.4 aspherical ifレンズですが、日本で販売されて間もなくの時に購入しました。
現在もお気に入りのレンズで、使用率は高いほうです。
このレンズ、スペックの割に非常に安いのが特徴ですが、解像もよくて、値段を考えれば銘玉と言えるかもしれません。
もちろん、安い大口径レンズで、開放付近では軸上色収差など盛大に出るのですが、絞ると分かりやすくこれが消えていく感じで練習用にも良いレンズでした。
ペンタックス用を購入したのですが、PENTAX機で使うとAレンズとして使えますし。絞り輪が付いているため、ミラーレス機でも使いやすいです。
ペンタックスには、今販売している85mmレンズがこれしか無かったように思いますので、ペンタックス機のユーザーにはおすすめのレンズです。

とりあえず、こういったものでも使いながらぼちぼちと体を回復させていく予定です。
posted by 超画伯 at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183312358

この記事へのトラックバック
リンク集