2018年05月11日

忘れ去られていたレンズ

PK_17767_.jpg
(PENTAX K-1/SAMYANG 8mm f2.8 umc fish-eye)
今日は、車検に行きました。
車自体に興味が無く、こんなにコストがかかり、リスクのある乗り物に、できれば乗りたくないのですが、地方暮らしもありますし、しぶしぶ乗っています。
以前は、車も興味がありまして、それはそれは夢を抱いていたものですが、いつの間にか、ただただ面倒で、掃除も怠る始末です。

デジカメなんかもですが、始めたころは、それはそれは夢を抱いておりまして、初心者にありがちな、いかにも特徴の分かりやすいレンズといいますか、魚眼レンズとか購入していました。
今は、ハイクオリティーなものも含め色々と出ていますが、SAMYANG(サムヤン)というブランドのレンズが店に出回りはじめたころは、8mmの魚眼と14mmの超広角と85mmの中望遠の3種類しか無かったように思われます。実は、それ以前からOEMで何種類かのレンズが売られてはいたのですが、そんなこと知るよしもありません。韓国のブランドですね。
とりあえず、29800円と格安だったこともあって、3種類とも買ってしまいました。
最初はうれしかったのですが、左上の隅の減光が著しくて、気になってくるとすぐに飽きてしまいました。で、何年も防湿庫で眠っていたわけです。
これにかかわらず、他のレンズに関しても飽きははやくて、最近は買わないほうが良いのではないかと思っていたりします。
テレビが4Kになってもつまらないのと同じで、実のところ面白い意図のある写真でも撮らないと、いくら高精細に撮れても意味はないのです。
ぼく自身映像作品を作ったり、絵を描いていたりするので、その点はよく分かっているつもりではあります。なんですが、なんでもかんでも作品となると重すぎるので、ちょっと気楽に遊べて、あっさり出力できる、デジカメでストレス発散とかできたらという言い訳から、惰性で写真を撮っていたりします。作品ではないということにすれば、プライドも必要ないですしね。
今年、仕事で病気になったこともありまして、ますます無理はできません。

ところで、このレンズ、K-1のクロップ機能だと左上の減光無くなりました。万歳!

PK_17793_.jpg
(PENTAX K-1/SIGMA 20mm F1.8 EX DG ASPHERICAL RF)
これもめったに使わないレンズですね・・とりあえず、防湿庫の掃除をしてたら出てきました。昨年数回使いましたが・・
なんといいますか、初心者のころは分らなかったのですが、ローパス有の時代だと気が付かなかったのですがK5Usのようなローパスレス機出てくると、細部がとても緻密に描写されるので気が付いてしまったのですが、片ボケがありました・・
どうもサードパーティー製のレンズは安いのに設計を無理してスペックだけ稼いでいたりで精度が甘いものが多いと言いますか、けっこうはずれくじが当たってしまうという感じです。
このシグマのレンズは右側の隅のほうにむかって片ボケがありまして、それですっかりやる気を無くしてしまったというのがあります。
でもちょっと待てよ・・片方ぼけているのなら、マウント外して片方ちょっとかませてつけてたら解消するのでは?と思ってやってみたら、少し直りました。
それでも片ボケはありますので、もう少し工夫といいますか、無限遠にはもともと少しの余裕がありましたので、それに合わせるには、実際のピントより微妙に遠くに合わせると、わりとすっきり写ることに気が付きました。
というわけで、本体内のレンズの微調整機能でそのようにするとあまり不満の無い画像に。
まぁ良いのですが、もともと周辺は甘いレンズではありますので、正直APS-C用と割り切ったほうが良いのかもしれません。味と言えば良いのでしょうが、このレンズの場合、味という感じにもならないのが悲しいところです。
135フルサイズだと、どうしても画面全体の均一性というのは欠けるようです。もともとデジタルに適したサイズではないまま、フィルムのフォーマットを継承してしまったのだからそうなりますね・・
それを解消するための巨大化・・うーん・・最近のレンズは、でかすぎるだろう・・正直フィルム時代とか、135でもAPS-Cよりも軽いのだから、もはや中判のようです。しかも値段も高すぎ・・いつ陳腐化するかも分からない・・
まぁ、主要メーカーがマウントをデジタルにそのまま引き継いだ弊害ですね・・

デジタル一眼黎明期、APS-Cで作るんなら、いっそのこと新マウントで、フランジバックも短くすればよかった・・そうすれば、もっと小型化できただろうし、広角とか設計が楽だっただろう。フィルム時代のレンズを付けるには、電子接点とか制御を延長するアダプターでも出しとけばよかった・・
まぁ、世の中、ミラーレス化するのだろうからフランジバックは気にする必要はないけど、フォーマットサイズは過去の継承でそのままなんだな・・

posted by 超画伯 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183208494

この記事へのトラックバック
リンク集