2017年01月23日

TVでトランプ大統領の批判をしてますが

マウス画伯_裏面-アウトライン.jpg
日本のマスコミも、他国同様、企業のスポンサー料金で広告を出しているため、口頭上ではアメリカファースト主義(国家優先・反グローバル)を主張しているトランプ大統領を未練がましく批判していますが、これは日本の民意が選んだ大統領ではないため、実のところ大した意味はないだろうと思います。所詮は外国ということです。グローバルとか言ってきましたが、選挙制度までグローバル化したわけではありませんので。
実のところ、じゃあ自分たちはどうする?のほうが重要かと思いますし、それが無いために、何でも遅ればせながらが続いている感じです。
正直、今のTVほど国民にとって信用できないメディアはなかなか無いのではないかと思います。というのも国民の利益というよりも企業の利益ですし、それの御用がグローバル化の応援を未だに続けているからです。何故かは簡単で、広告料でやっているからですし、多くの企業はグローバル化したからでしょう。

企業そのものにとっては国という枠は重要ではない時代でしたが、国民にとっては仕事を奪われたり格差を強いられるわけで、良いことは無いのですが、それを必要なことだと洗脳してきました。その余韻もあると思います。TPPのことも未練がましく言っています。
日本のグローバル化は遅ればせながらの周回遅れだったため、国民もあまりその弊害を感じていないのもあるかもしれません。あと、世界を繋げるという理念(経済で)が、文面として美しかったこともあるでしょう。
マスコミが企業優先であることは、広告というものが存在するかぎり有り続けることだと思いますが、国という力が強まってきて海外との繋がりが弱くなってくるとどうでしょうか?
企業は、国内に商品を売る必然性が生じてくるため、国民が豊かである必要性が生じると思います。そうなれば、そうなるようにマスコミを動かすことになるかもしれません。よほどに愚かでなければの話ですが・・
必要なのは再分配、これは国が企業よりも強固でなければ実現不可能な問題ですが、これをかつての日本は行っていました。
日本は社会主義国と言われていたんですね・・冷戦時の他の社会主義国とは異なって、民主主義制度の下でこれを可能にして、陣営としては自由主義側にいました。

グローバル化のもとでは、国民というのも社員同様多くは必要なくて、非正規ならぬ人口調整しやすい外国人を受け入れることが重要なため、少子化対策とか言いながら、実は少子化歓迎だったのではないかというぐらい何もしていないという感じで見ていました。
まぁ、この件に関しては手遅れ感も否めませんが、まさかのグローバル化の終焉でどうしましょう?と思っている役人とかもいそうですね。
グローバル化は終焉しかけているのは間違いないでしょうね。完全になくせば良いかと言えばそれも違うと思いますし。
前の日記でも書いたことですが、何事も一方に走りすぎない事が重要だと思います。
国家主義が強くなりすぎれば、それはそれで弊害があるわけで。

posted by 超画伯 at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178517732

この記事へのトラックバック
リンク集