2017年01月20日

何が重要か

PK_19660.jpg
重要なことは色々とあると思うのですが、何故永瀬清子の生家がここまで荒れてしまったのかは、思うに非常に単純な話なのですが、彼女が一般的には有名ではないからだと思います。
もちろん色々と偉業のある偉人でもありますし、何故?と思われるファンの方も多いのではないかと思いますが、結論を申しますと、彼女の再評価が必要な時期に来ているのだと思います。
この記事の前に、雑ながら「御用文化人」の件について書いていますが、永瀬清子の反省の念は戦後に生かされることになると思います。
実のところ、既に感染の面では問題ではなくなったハンセン病についてですが、迷信や差別は根強く、日本政府は、ここに隔離政策を続けることになります。その舞台となるのは、岡山県の長島ということになるのでしょうが、これについては隔離されている以上、アンタッチャブルな面が存在したと思います。彼女はここに関わることになります。
今現在、約束された状況下では、「これはアウトサイダーとか言って一儲けできそうだわ」とかいう魑魅魍魎な連中も出てきかねないような世の中になりましたが、当時はそうではありませんでしたし、状況は大きく異なったのだと思います。たとえ、そこで詩を教えたりしていても、必ずしも良いこととは思われなかった時代だからこそ隔離されていたわけで、要は触れてほしくないところに出入りする有名人というものは社会においてはありがたい存在ではなかったのではないかと推測します。
世の常だとは思うのですが、それよりは世の中のそういうものを美しく隠蔽したりごまかしたりしてくれる人のほうがありがたがられるというのはあると思います。そして不都合なものは見たくない人が多数派ですし、目立たれても困るのです。
しかしながら、現代だからこそ、この部分についても、もう少し再評価されても良いのではないかと思えるところが多々あります。
というのも、記念館に行っても冊子を見ても、その件に触れているのは一行程度・・何十年も行ったわけですから、ライフワークのような一面もあるように思えますが、深く書かれている資料は非常に少なく、現在でも都合が悪いのかな?とも思える状況を目の当たりにします。
そうでなければ、そういった館等が、それほど熱心でもないのか?そうだとすれば、それ以外の本業の件でも永瀬清子が再評価される可能性は低いのではないかと思えます。
基本的に、岡山県民は個人主義ですし、あまり他者に関心が無い面もあるとは思うのですが、まさか在住の岡山県民に、そのような偉業があるはずもないというような感覚もあったのかもしれません。
とは言いましても、内容的には本来評価されるべきものですし、現在だからこそ読むべき内容のものも多いのが、ここまで関わっての感想です。
現在では読めないような難しい漢字などがあるのも事実ですし、人によっては難しいのでしょう。そして、軽い感じのものは決して多くはありません。
時代に合わないとおっしゃる方もいるかもしれませんが、今の時代は誰がみても自滅路線なので、世の中をみて見習うようなものは大して多くもなくて実にくだらないもので埋め尽くされている感もあると思います。それは、劣化した世の中が見事に証明してくれているので、言うまでもありません。
それでも、やはり、華麗に自滅を隠してくれる方こそが、時代の寵児なのでしょうか・・
こういう時代だからこそ、再評価してほしい人の一人だと思うのです。
それが実現したときは、生家も絶版になった本も、自然に生き続けたり、蘇ったりするような気がするのです。


posted by 超画伯 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | きよこのくら関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178488492

この記事へのトラックバック
リンク集