2016年12月24日

永瀬清子の蔵 その4

PK_19647.jpg
合同新聞・・広告とか色々と、現代と変わらない構成の新聞ですが、これは歴史を感じるものです。この新聞には、昭和十七年五月二十八日と書かれています。(この画像をクリックすると、全文が十分に読めるよう拡大できます)
この時の首相は、東條 英機、戦争中の新聞のようです。
時期的には、ミッドウェー海戦の少し前の段階で、破竹の勢いで電撃戦を繰り広げていた頃でしょうか・・
結局のところ、メディアというものを考えさせられる内容のものと、今となっては言えることなのですが、当時は大多数がこれに乗せられたり乗せたりで、一歩引いた感じの目線はありません。
残念な事ですが、この頃と人間の本質が変わるということは無いと思うわけで、現代のメディアが同様に、将来的には「今となっては」というような事を書いたり、放送していたりしていることを思うこともできます。
物事には、一歩引いて見るということも大切なわけですが、今は何かとブームであったり、何かであったりで一極的に人が動く時代だと思います。もちろん以前からそういうところはあったにせよ、年々酷くなっているというのは気のせいでしょうか・・
これは、戦争とかそういう限定した事を言っているわけではなくて、皆が同様に同じ流ればかりに流される時代の思考停止状態について思うことです。

PK_19639.jpg
永瀬清子の蔵の中からは、随分多くのものが出てきました。多くは歴史を感じさせるものです。
この中で作業する中で、ぼくは左親指の爪をういで、右膝の靭帯を損傷してしまいました。
本来なら病院に行くところですが、ある日までに絶対にやっておきたいことがあるので、とりあえず後回しに・・作業中はアドレナリンか何かが出るのか、それほどまでに痛みを感じません。
こうして家で作業をしていると、ズキズキと痛むのですが・・

PK_19636.jpg
動物の死骸・・ミイラ化していますが、こういったものも何体か出てきました。
このまま固まってしまえば、化石のようでもありますし、個人的には美しいと思います。

PK_19649.jpg
メインの蔵の隣には、二階にもう一つの物置のような部屋があります。これは、そこに上る階段です。
これを撮影したときは、外は夜になっています。

PK_19644.jpg
日没前の隣の蔵の様子です。壁に大きな穴が空いています。
それ以外は、意外にも綺麗な状態ですが、ここも無くなるとのことです。

この日は、ある人が四国から訪ねてきてくれました。
遠くから興味を持っていただき、ありがとうございます。

posted by 超画伯 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | きよこのくら関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178158069

この記事へのトラックバック
リンク集