2016年10月13日

さっ・・制作制作

PA130763.jpg
オキナインコの荒鳥の”オクラ”さんです。
2歳で、手乗り経験無し・・人を見れば、この世の終わりのように心臓バクバクの慣れていない鳥さんです。
ぼくの使命は、このオクラさんから、人間に対する恐怖を取り除いてやることです。
ひたすら絵を描きながら、近くに寄り添ってもらうのです。
恐怖は恐怖のままで良いか?いんや、良くない。
ここは日本だし、彼(彼女?)の故郷からは、はるかに遠い・・ならば人間と楽しく暮らして美味しいご飯でも食べているほうがストレスなくて退屈も無いでしょう。

先日、とある劇団の劇を見ました。けっこう長かった。腰が痛くなりましたが、それ以上の感想はありません・・申し訳ありません。
最初に、「意味はありませんので」と、ことわりがありましたので、最後までそれを貫いたのだから、嘘偽りは無いのです。
そう、現代の最も崇高な使命というのは、従順な労働者の育成であり、ゆとり政策や、派遣労働における政策等を見ても分かる通り、思い通りになる従順な労働力が不可欠なのです。
そういう人たちに必要なのは喜怒哀楽の中の喜と楽だけであって、4つが揃えば思考に変わってしまうので、従順さも失われますし、疑いを持つという不幸を嚙み締めなければならないのです。
そう、成長することを諦めて、無力感からも脱却して、小さな喜びを噛み締めようと啓蒙する必要があるでしょうし、お上の言葉にあふれるネットやらTVやらセミナーやらこそが真理なのであり、ここに階級が固定されることにより、上流には安定を、下層には心の平穏を・・というのが、芸術の役割なのでしょう。それ以外をやろうものなら、皆様がネットでも監視しておられる!
すぐに切られる社会に必要なものは従順さですし、もしそこで矛盾を感じるならば、この世を去ってくれてけっこう。そういう社会こそが、これからの人間に必要な社会であり、そこに住む進化した人間なのであります。
そう、考えてはいけない。もう一つ必要なものがある。従順な労働力の繁殖と職からの離脱を避けるために必要なものは飢えでしょう。
そうなっても小さな喜びを噛み締めよう。考えてはいけない。魔法の言葉で世の中を覆いつくそう。そう、あなたは幸せなんだよ。
お上に逆らっては芸術は成り立たないのだから、それを啓蒙するのが芸術の役目なのです。お上は自らの声を発する芸術を求めているのでしょうか・・深層の部分で。

というわけで、それとは関係のない制作をだらだら始めます。
posted by 超画伯 at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177244461

この記事へのトラックバック
リンク集