2015年07月03日

孤高の天才 中村智道の世界

Nakamura Tomomichi no sekai from Tomomichi Nakamura on Vimeo.


東京、下北沢のトリウッドにて、特集上映が以下の情報で行われます。

孤高の天才
中村智道の世界

2015年8月8日(土)〜8月21日(金)より2週間   ※火曜休映 
※土日:18:30 平日:19:00より上映 
料金:1000円

トークイベント開催
8月8日(土) 中村智道×七里圭(映画監督)対談  8月9日(日) 中村智道×本田孝義(映画監督)対談
上映後、会場にて、監督とゲストによる対談を行います。是非ご参加ください。

中村智道の世界アウトラインB5たて_表面-[更新済み].jpg


中村智道の世界B5たて_裏面-[更新済み].jpg

各作品解説


『ぼくのまち』[2007年 カラー 17]


監督:中村智道 音楽:上山朋子

中村智道、アニメーション作家デビュー作。2004年より、重度の適応障害に陥った中

村が、自分の精神の断片を拾い集めるべく、まずPCを覚えるところから開始した、

まさに初心者作品。

イメージフォーラム・フェスティバルにて受賞後、映画評論家トニー・レインズに認

められ、バンクーバー国際映画祭に正式招待。

その後も評価され、世界各地で上映された、原点にして傑作。


『蟻』[2008年 カラー 11]


監督:中村智道 音楽:坂本竜一

アニメーション作品2作目。「ぼくのまち」にて、採用しなかったシーンと、新たに

作られたシーンを再編集して作られた。「ぼくのまち」と同時に制作されたが、より

実験色は強く、ドイツのオーバーハウゼン国際短編映画祭をはじめ、ポンピドゥーセ

ンター、ソフィア王妃芸術センター等、各地の美術館でも発表された、コンテンポラ

リーアニメーション。


『天使モドキ』[2014年 カラー 13]


監督:中村智道 音楽:石田雅彦 池田洋子 声:大西千夏 他

中村初のストーリ作品。特殊な視点から構築されるストーリーは、難解ながら、話題

となった。

フィンランド、タンペレ映画祭で、インターナショナルコンペティション部門にノミ

ネートされた他、イメージフォーラム・フェスティバルに正式招待。


posted by 超画伯 at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 上映
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/148497035

この記事へのトラックバック
リンク集