2022年01月04日

今まで避けていたこともやってみる

今年は、今まで避けていたこともやってみようと思います。
特になんですが、ぼくは書類関係が苦手で、要はその構造を理解できず、まったくもってダメだったわけですが、そこも協力者を得てやってみようと思っています。そもそも書類などは、書式というものがあって、学習能力の権化のようなものなわけです。
とりあえず、コンペのような、実力正面突破とかは、ほどほどにできていたわけですが、面接や書類が必要なものに関しては全滅で、今までそのようなものに通った事が無いのが実情です。
つまるところ、ぼく自身が、学習障害や自閉症を抱えているにも関わらず、無謀なことをしてきたということでしょうが、そこで意地を張らずに、それが得意な人に任せれば良いのだと思いました。
あと、面接に関して言えば、虐待ともとれるような発言を受けてきたわけですし、書類に関しても、出来レースに参加してしまっていたりと、余計に自信を無くすような事に参加した事に関しては、今後冷静に考えるべきだと思っております。ともかく、面接に関して言えば、ぼくはすべて健常者として参加していて、そもそも無理でした。
ともかく、現在の自分を受け入れる事からでしょうね。これまでを覆してみようと思っております。

2022年01月01日

あけましておめでとうございます

IMG_20220101_221631.jpg

あけましておめでとうございます。

今年は、ぼくのこれまでの経験、世の中の状態をイメージして、主に「共存」というテーマをもって活動していこうかと思います。
ここれまで、世の中は、ある意味共存不可能な状態のまま進んできた感もありますし、そもそも、そういうのは不可能だという、ある種の現実主義が支配的で、事実そうあってきたわけですが、どうであれ、「共存」に関しては、そうするしかこの先の道はないという事を頭に抱きながら、世界を広く見ながら考えてやっていこうかと思います。
現在、よく使われる「共生」ではなくて「共存」と言ったのは、異なる相容れない考え方も含めて、同時に生きていく。そうするしかないように世の中はできている。という、やや強めな意味もあって、そうしました。

今年は、がんばります。
よろしくお願いいたします。




posted by 超画伯 at 22:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記