2021年11月19日

帝釈峡

645Z2437_DxO.jpg
とりあえずなんですが、帝釈峡など行ってきました。
一応仕事で、これはボツ写真ですね。もう少しマシな設定で撮ってるのもあるから、電線消そうかな?ホント観光地はこういうのが駄目ですよね。秘境に行きたい。
使えなくもないのですが、なんというか、余計なものが写ってるなぁ・・と。
クリックすると画像拡大しますよ。

DJI_0524_DxO_DxO.jpg
これは、小さなセンサーだからなのか、画像がうるさい気がします。
現像でなんとかしてみようかと思います。

645Z2410_DxO-1.jpg
これも帝釈峡で、橋の上からですかね?
紅葉というよりは、既に枯れ葉?
そうだとすれば、もう少し気温が下がったほうが面白いかもしれませんね。
しかし、今日は暑かったわけですが・・

久々に風景など撮ってみたわけですが、やはりズームレンズだとイマイチですね・・面倒くさがらず、単焦点でいくか・・
posted by 超画伯 at 22:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真日記

頑張りすぎないという努力

たぶんなんだが、ある意味ぼくは頑張りすぎなのだろうと思う。というか動きだしたら止まれなくなるので、結果としてはそうなるのである。べつに、頑張るつもりなど最初から無いのだ。これは、完全に性質の問題であって、どうにかするにも、かなり気合いが必要というか、学習力が無いので、いつも頑張っていないと嘆いている。
しかし、疲弊した体と頭だけが、何かを証明しているわけで、そうなっている場合は注意しないと危険なわけだ。
どうすれば良いのかは、ぼく自身も分からない。
何もしないということも出来るが、この場合は本当に寝たきりになり、気力も何もかも無くなるわけで、要は双極性障害の鬱状態の前の状態でしかない。
極端すぎて困る。どうするべきか?