2021年08月11日

ネットの中で怒声を浴びせたりするような連中には注意するべし 嘘の可能性が高い

最近は、SNSもしていないので、精神衛生的にも良いのだが、つまるところ、ネットの中は、嘘だらけだと言って良い。鵜呑みにするようであれば、もはや見ないほうが世のためだし、ましてや、その中でオラついたり、論破とかわけの分からない事を言っていたり、怒声を浴びせてくるような連中の言う事など、一切信用しないほうが良い。あまりの甘言にも注意したほうが良いだろう。そもそも、事が事実であれば、普通に理論的に答えることで、事実は証明出来るはずだ。それが無いのであれば、信じるに値しないと言って良いと思う。
このような手法は、古くからある手法ではあるが、効果は大きい。だから、やる人間は後をたたない。
考えてみれば分かるが、そういうものがネット空間を支配しているという印象はないだろうか?そんな中で、日本の社会は劣化し続けているし、今や、そういう連中が、国そのものを滅ぼそうという悪意すら感じるところがある。
つまるところ、よく言われる”ネトウヨ”とか”ビジウヨ”言われる人間が、嘘ばかりついている事は、普通に考えれば分かる事だろう。コロナの件でも明らかだが、彼らは感染者を増やそうとしているとしか思えない発言が、あまりにも多い。
例えば「コロナは只の風邪」とか「検査をすれば感染者が増える」とか「只の風邪なのだから、普通にしていれば良い、医療崩壊などしない」等だろう。
こんな事は理論的に分かりやすく言えば良いわけだし、根拠があれば分かりやすく説明も可能だろう。にもかかわらず、何故か怒声を吐きながらオラついて、他者を抑えようとしているのは、根拠など無く、ただの願望を事実として信じているからではないだろうか?彼らの発言には、妙な陣営意識もあり、随分と意見が統一されているようにも見える。言わば自分で考えたわけでもなく、上からそう言われているのではないか?と感じる事もある。その陣営意識をもって多様な価値観のある世界の中で嘘をつき、それを声の大きい人間の多数決で事実ということにしようとしているのではないか?一般の世界は多様であり、べつに思想統一されているわけではないのだ。
ぼくにも、知人にネトウヨはいる。この点に関しては、ただただ、ビジウヨの意見を鵜呑みにしているように思えるし、一切話は通じない。何かを考えているわけでもなく、個人崇拝の信心のようにも見える。ぼく自身が、政権批判をしたことで絶縁してきた人もいるぐらいだ。本来ならば、民主主義国家においては、政権というものは常に国民(マスコミも含め)が監視しなければならないものだ。つまるところ、そういった言論すら許さない態度に関して言えば、民主主義を否定しているとも取れなくもない。というか日頃の言論からしてナチズムに近く、民主主義者とは程遠いものだったのだから、どちらにせよどこかで決裂は避けられなかったものとしか言いようがない。こういう経緯からも、ぼく自身は、想像力の欠如というものを非常に恐れている。思考停止というものは、憎むべきものだと思っている。
そうして、この十年間を見ると、日本はただただ劣化してきたような気がするわけだ。そもそも、公文書を黒塗りにして消すような国に、法が存在するだろうか?そうなると、法というものは順守するものではなく、上層部からすれば、都合でいつでも破れるものという事になるのではないか?そうなれば、間違いなく国は腐敗するのではないか?もはや、トップがそうなのだから、守るべきものなど、そもそも無いわけなのだから。
事実として、腐敗を理論的に否定できる人間が、どれほどいるだろうか?

これと直接関係あるかどうかは分からないが、日本の右派ジャーナリストとして有名な、櫻井よしこ氏が、大韓民国国家情報院(韓国の諜報機関)と通じていたというスクープが、韓国であったようだ。韓国MBCテレビによるものだそうだ。話としては、つまり韓国の諜報機関の支援を受けていたということになる。まるで、スパイ映画のような話ではあるが、つまるところ、彼女等の発言、嫌韓煽りやその方向に民衆を向かわせる事は、韓国内の誰かに利するものであることは間違いないであろう。しかし、どんなに日本という外国で、韓国を落としたり馬鹿にしたりしたところで、相手にダメージを与える事は無いのだ。相手は日本の村社会にいるのではなく、別の国なのだ。日本国内でよくあるような、足の引っ張り合いのうような方法で何とかなると思っているのであれば、それは日頃の行いによる錯覚だとしか言いようがない。それどころか、相手を見くびり、己の力を過信して堕落し、見くびった相手に負け、やがて背中も見えなくなるというのは、日本の病気なのではないか?日本必負の法則だと言って良い。よく見れば分かるが、勝つ人間というものは、敵を侮ってはいない。コロナに関してもしかり。自ら努力しないで、どうして外国と競争できるとか思っているのか?
そうなれば、彼ら(ビジウヨ等)は、韓国の言う事を信じるのか?ということになるのだろうが、では果たして日本の政府やマスコミの発言にどれほどの信用があるというのか?明らかに、特にこの五輪、或いはコロナ禍では、見え透いた嘘をついているのではないか?言ってしまえば、明らかに腐敗しているのだ。まさか、公文書を改ざんしたり黒塗りしたり偽造するような輩が腐敗していないなどあり得ない話なのではないか?もはや、信じるに値する情報そのものが少ないのだ。仮に、ぼくの発言に間違いがあるにせよ、それは腐敗の産物とでも言っておこう。もはや、ネットなど嘘まみれであり、その嘘で攪乱される中の中心に誰がいたのかは明確なのではないか?そう彼らが崇める人物、安倍晋三ということになるだろうか。少なくとも、黒塗りの公文書というものは、彼の政権下で見たものなのだ。


追記
櫻井よしこ氏は、韓国MBCテレビに抗議との事。
今までの威勢の良さを考えると、なんとも弱弱しい。
普通ならば、名誉棄損で、裁判を訴えるものではないだろうか?正当な意見があるならば裁判をするべきであろう。愛国者を自称するのであるのならば、これほどの侮辱はあるまい。事が重大なわけで。
posted by 超画伯 at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記