2021年07月24日

世の中とは異なり

一応、うちにはテレビも無いので、当然オリンピック等は見ていない。あと、駆り立てられるものがあり、自分が可能な限りは、撮影や、編集を続けている。人に与えられた時間は、とても短い。

自分の中で、自分を探している。この行為で自分というものが見つかる可能性は、0%だ。ただ、それを行う必要があると思っている。
結論として分かっている事を何故行うのか?それは意味が無いのでは?という言葉もあろうが、知識の上で、その0%を知っている事と、それでも探すという事では大きく意味が異なる。何故なら、そこには思考というものが、間に入ってくるからだ。
この思考無しでは、強度というものはあり得ない。

思考というものは、言語だけで行うものでもない。他の感覚も駆使する。それは、一瞬で何かを構築することもあれば、時間を要するものもある。ただ、経験上優れているのは、一瞬で出てくるものだ。これを時間を要するほうの思考で補完する。そうすることで、作品が成立するのかどうかを決める事になる。

ぼくが、現在何をやっているのか?を知っている人は、ほとんどいない。パートナーですら、一部しか知らない。
これまでの経験からの思考の純度を高めるためだ。それを、可能な範囲で行っている。
頭痛が続き、体力も無いが、休みながらの作業になる。

ぼくの価値観が、他者と大きく異なっているのは、もはや、ぼくが生きるための力になりつつある。この段階で、他者と触れる事は、ぼく自身が持つオリジナリティーを破壊することになる。他者の意見に、オリジナリティーなど無いわけで、それは、過去の何かと照らし合わせた何かにすぎない。「もっと、○○みたいにしたほうが良いいよ」という感じで。

凄くもないものを凄いと言う愚

この件に関しては、非常に簡単に答えたい。

ここ数年の日本という国は、誰の思いつきなのか、凄くもないものを凄い凄いと言いながら、何かの錯覚に陥っていた。その症候群なのか、多くの人が、ある種の妙な洗脳に陥っているのも事実だ。

単純に個人として考えてほしいのだが、凄くもない自分を凄い凄いと言ったところで凄くはならないどころか、それは成長を妨げるのではないか?少なくとも、自己を見つめた上で凄いという言葉は選んで言う必要がある。重要なのは、ある種の成長体験なり、それを理解した上でその言葉を言わなければ、ただの勘違いにしかならない。

少なくとも、成長というものを体感し、理解し、成長方向に意識し、努力を重ねた上でそれを言わなければ、劣化にしか繋がらない。

今のところの、ぼくの体験上分かるところはそこまでだが、自分に凄いと言い聞かせる事は、一時的にはドーピングのようにテンションを上げるのは事実だ。ただ、長くは続かない。快感だけのために、そういうことを言うのではなく、自分を深く見つめ続ける事が必要だ。

と、ぼくの教室の受講生にも理解してほしいところ。
posted by 超画伯 at 04:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記