2021年07月19日

写真教室でした

K_5S9772.jpg

今日は、写真教室でした。
頭痛は酷かったのですが、なんとか乗り切れましたね。
今も痛いですが、少しばかり寝たら回復するでしょう。
なんだか、面白い一日でした。
posted by 超画伯 at 04:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

2021年07月16日

頭痛治らず・・困った

生活に支障が出るほどの頭痛が続いております・・
気になって、左の頭の体温測ってみたら、37.7°・・なにこれ・・炎症?
なんですが、仰向けになって安静にすると、平熱に戻ったりで、わけが分かりません。

とりあえず、一番ダメなのはネット、次は読書なわけです。いや、ネットは出来なくてもいいけど、読書出来ないのは困る・・
そういえば、ネットには、ろくな情報が無い。怖ろしく俗っぽい情報じゃないとウケないからでしょうが、それにしても最近は酷すぎます。なんか、ひろゆきやらの情報が勝手に上がってくるあれは何なのか?見てないんだから、頼むから消えてほしい。ああいうのは、役に立つ情報じゃなくて、ああいった人たちにとって役に立つ情報でしかありませんし・・つまるところ、養分とでも言いましょうか・・あれを信じて特をするのは、多くは、ひろゆきでしかないわけですよ。ほんと養分システムはヤバすぎる。

というわけで、読書したいのですが、激痛ひどすぎて何ともなりません・・困ったなぁ・・
posted by 超画伯 at 23:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

酷い頭痛だけど、オオハナインコについての記事でも書いてみた

645Z0870.jpg
オオハナインコ 花太郎

酷い頭痛が、ずっと続いております・・
なんだけど、何もしないわけにもいかずで、何かしようと日記でも書いてみます。

オオハナインコを4年飼育してみた感想

とりあえず、記事はこちらです。

K_1N5561_DxO.jpg

というわけで、頭痛の話に戻りますが、最初は入院中、読書をしていると、毎度頭の左だけが、頭痛になっておりました。
ところが、最近は、何もしなくても酷い頭痛で、まともに作業も出来ない状況です。
それでも、何か事を進める必要はあると思いますので、色々と撮影などもしていたわけです。
ただ、今日は本当に無理。歩けません。振動がダイレクトに左頭にこたえます。
というわけで、明日は頑張ります・・
posted by 超画伯 at 04:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年07月05日

子供の社会 複雑さの変容

ふと思ったのだが、ぼくが知る子供の社会というものが、少々気になった。というのも、少なくとも、ぼくが子供のころとは、大きく変容しているからだ。
情報量と質についても大きく異なる上に、子供のうちからイデオロギーというものを感じる事になる。というのもネットの影響もあると思う。ネット社会の動きというものは、むしろ社会性昆虫に近く、何かの信号で、大きく人の動きが変わるのである。それが、嘘が本当か?等は、さほど重要ではなく、そのように動くから動くのである。

同年代の人たちは、今の若い連中はヤバいと言っている。確かに、今のような社会は危ういし、故にヤバさというものはあるかもしれないが、そのヤバさには、ぼくたちの年代も含まれる事も忘れないでほしい。両者があってヤバいということになる。

では、ぼくの子供時代の情報量が少なかったのか?と言われるとそうではない。家族というか、社会としての教育システムだが、祖父母等の老人が参加しており、親もいて、比較的兄弟も多い、そして、面倒を見るのは、近所の住人、他者の親や祖父母も含まれていた。つまるところ、世代と価値観を超えた教育を受けていたことになる。故に、共通項のズレからか、随分と間違いだと叱られるケースも多く、基本的には自己肯定感は、現在の子供のような感じではない。
今の子供の対人関係は、少なくともそれよりはシンプルな場合が多いだろうとは思う。なので、正解の幅は広く、根拠もなく、自分が正しいというケースを見る事は多い気がする。表現世界を見てもそうだが、今は随分とあっさりしているケースが多い。
ぼくたちの場合も、基本的に自分が正しいのではあるが、何かが根本的に異なる気がする。何か言いようのない、ドロドロとしたものが、ぼくたちの時代にはあったような気がする。大人からの抑圧というものもあっただろうし、その大人によって教えられた社会の約束事も、大人になってすぐに崩壊したのだ。

世の中が進むにつれて、ぼくたちの時代のドロドロ感は否定されていくことになる。それが起こり始めたのはネット以降だろうか?匿名では、相変わらずドロドロとはしているものの、人の意見の流れというものは、随分と単調だし、ある印のようなものを持って、ある種の集団を仲間だと思い、ある種の集団を敵だと思って、互いを駆逐しようとしているように見える。まさに社会性昆虫の、それに近い動きだ。それが、あまりにも単調な意見にしか発展しないため、これを真に受けるとするならば、かなり単調な思考の持ち主にしかなり得ないような気がしなくもない。
一方で、実名制では、聖人のような振る舞いをする人が多いのも事実だ。その両者を上手く切り替えられるのが今の世代なのかもしれないし、現実でも切り替えの出来ないような人には高齢者が多いのも事実だ。

ドロドロとした中には、自分の正しさ、つまるところ正義と、それに対する悪への葛藤があるのだろうか?
年をとって認知が衰え、対応出来ずに、表の世界でも同じように振舞う人が多いとも聞くが、彼らがそういうものへの対応が出来ないとするにしても、50代とかは若すぎる気がしなくもない。
そもそも彼らの育った社会の中に、そうなる要素があったのではないか?ぼくたちの時代は、少なくとも正しさの幅は狭かったし、それで少なくとも今よりは上手くやっていた。
その正しさの幅の狭さというものが、ネット社会ではイデオロギーのように動き、歪な形で現れているのが現在ではないのか?

そして、子供たちは、声の大きい大人を見ながら育つ。彼らは自分が正しいように振舞うのだから、馬鹿なように見えても、少なからず影響はあるはずだ。そして、今の若い世代は、表と裏の顔を使い分ける事には、長けているように見える。最初から、そのネット社会を知っているのだ。どのような形で育ったのであれ、完璧な社会というものは無いのが事実だ。
それを見てドライと感じるのか?ただ、社会に対してのドロドロ感の無さが、関心の無さに繋がりうるというのもあるだろう。そして、子供時代の実社会の狭さを含め競争心は低いと思う。もちろん、全員がそうではないが、相対的な意見として広く見ればそう見えるということだ。ここでの話は、個人のケースと、社会とでは、ある程度切り離さないと理解するのは難しい。そもそも個人の話をするならば、ぼくなど、過去も今も、おかしな人間ということになる。

とりあえず、今の社会というものが危ういというのは、あらゆる面から危ういのだが、その危うさの量が、社会のキャパを上回ったのか、その危うさすら言ってはならない社会になりつつある。それが、ドロドロ感の否定にも繋がってはいると思う。

2021年07月04日

退屈さと創造性

645D2002_DxO.jpg
最近、入院してから気が付いた事だが、退屈というのは、買ってでも欲しいものだということに気が付いた。嘘のような話だと思うかもしれないが、おそらくは間違いない。
入院以前のぼく自身の状況としてあったのは、過度なネット依存状態であり、特にSNSは思考を奪うものだった。多くの人は、情報から取り残されないためにも、ネットを見なければと思うかもしれないし、単純に退屈だからネットで紛らわす、或いは自己承認欲求を満たすためにネットに依存するという事もあるかもしれないが、単純に情報ということを考えれば、大した情報を毎日ネットから得ているとは考えられない。それよりは、脳を休めたほうが良いし、そういうものが無い状況になると起こる現象として、自らが色々と考える事を始めるというのがある。
ぼく自身にとって重要だと思ったのは、その自らが色々と考えるという状況そのものにある。退院して気が付いたが、恐ろしいまでに、その考えるという状況に持っていけない。世の中の雑音が多すぎるからだ。
その、非常に退屈な状況に持っていくには、入院というのは良かったのだが、今の状態で、退屈な状況を作り出す事が重要だ。まずは、ネットの遮断、あと、多すぎる「やる事」を減らす事。何でもやらないといけない状況を克服することだ。
しかし、そんな事が可能だろうか?ホテルに泊まるという方法もあるが、けっこうなお金がかかるし、日数にも限りがある。他の似たような状況として、車でのドライブというのもあるが、街中だと、やたらと情報が多い。
情報の多さというのは、必ずしも正義ではない、というか、脳が、その情報を処理しきれないのだから、洗練された何かを考えるにも、非常に良くない状況だと言える。
最近関わった多くの人からは、ほとんど二次創作の話しか聞かない。ぼく個人は、あまり他人の作品には関心が無いため、二次創作については考えないほうだと思うが、考える事が出来なければ、何も作れない状況に陥る。過去のアイデアのストックもあるが、よく考えたら、それは、ぼくの病気と非常に深い関係がある。冷静に考えてみたら、そういうものは、病気で動けない時に考えていたものが多いわけだ。
しかし、病気でなくとも、退屈な状況を作り出す事は可能なはずだ。