2021年06月19日

老人の苦悩

入院患者の老人患者が、夜中に大声をあげていた。就寝時間であることもあるし、看護師もなだめていたが、呼吸用の酸素も外していた。
ぼくは、近くにいたが、気にもとめないフリをしながら、近くのソファーで読書をしていた。素人だし、余計におかしな状態になるかもしれないからだ。本のタイトルは「人はなぜ憎しみあうのか」蟻の研究者による群の行動学の本だ。

老人は、次のように言う。
「ここを出る!ここはダメじゃ!」
看護師の、制止を振り切って外に出てくる。
「廊下に出る!廊下に連れていけ!」
看護師は
「ここが廊下じゃがな、ここは違うん?ソファーがあるから座ってみて。」
老人
「ここじゃのうて、廊下に行くんじゃ!」
どうやら、他の場所を思い浮かべているようだが、他者が知るよしもない。
「部屋に戻ろう?酸素無いと苦しいじゃろう」
「いらん、あそこは駄目じゃ!」
「三分ここに座っといて、待てる?」
「わからん..」
看護師はいなくなった。
「もうええんじゃ..」
老人は、待てという言葉に対して、分からんと解答していたが、そのまま大人しく座って、うつむき頭をゆっくりふっていた。
看護師が薬を持って帰ってくる。
「これ飲んだら落ち着くから」
「いらん!」「苦しい、なんで、わしだけがこんなめに。。」「寂しい。。」
「ここに来た人たちは、皆そうなんよ」
「死にたい。。」
その後、男性の看護師も来て、老人は、部屋に戻された。
「なんで、お前らは、わしをいじめるんじゃ!」
と悲鳴のような声をあげる。
しかし、数分のやりとりの後、静かになった。
客観的事実としては、ここには書ききれないが、看護師たちの対応は丁寧だった。

そう、確かに、老人は、わしだけこんなめに合っているのだ、皆も何かを抱えているが、それを知る者は本人しかいない。
ただ、皆そうなんよ!という言葉に関しては、一部はそうだ。皆寂しいのだ。看護師も含めて。ぼくらは、他者の感覚を知らない事を、内心知っている。同様に他者も、自分の感覚を知らないということを知っているのだ。感覚は群れや社会の中でも孤立している島のようなものだ。
ただ、大いにある勘違いはあるかもしれない。これは、言葉の罠によって起こっているのかもしれない。言葉という同じツールを使うことで、「苦しいのは皆同じ」という簡略化もしているし。「私」を認識しているのは、言葉でしかないという錯覚からも起こりうる。そして、言葉は共通のツールだ。
言葉は、言葉では確認しようもない「他者」を知っているという勘違いを起こす。「私は皆の事を知っているのに、皆は私の事を知らない」という錯覚。
より孤独が強まるという苦悩の話しだ。

平穏な状態の人たちはの感覚は、より近いであろう事は、言葉でも想像できる。そして、その平穏さは、印のような形で認識される。しかし、明らかに違う感覚に陥ればどうなる。私には、平穏さも無く、年老いて多くの感覚は弱り、一部は無くなってしまった。昔は持っていた印は無く、自分と同じ印を持つ人はいない、もしくは少ない。マイノリティー的な感覚を彼が襲う。
そして、他者は、憎まれたのだ。

双極性障害 うつ


うつ状態に入ったようです。思考回路が回りません。
頓服もらいました。
しんどいので、ネット見れません。
考えれる状態になったら、記憶があるうちに続きを書きます。