2021年06月16日

うつ病を経験したぼくは、その病気の症状を理解しているのか?

まずは、解答から述べるが、ぼくはうつ病についての症状を理解していない。
ぼくがより理解しているのは、(ぼくの身に起こったうつ病症状)としか言いようがない。

診断したのは医師、うつ病患者は、ぼくと、もう一人、患者Aだとしよう。

医師:うつ病を知識として知っているが、体感としては知らない。患者の症状に対する選別。

ぼく:うつ病を体感として知ってる、過労により発症したものと思われる。あまりの苦しさに安楽死を望んだ。

患者A:うつ病を体感として知ってる。ギャンブル依存により、追い詰められた事により発症。死にたいとは一度も思っていない。


おそらくは、うつ病を経験した医者もいることだろうが、その点は共感性という意味ではより患者に寄り添えるかもしれないが、治療に差が出るのか?は不明だ。

では、ぼくが言えるうつ病というものについて、それが万人に同じような事が起こるのか?と言われると何とも言いようがないという事例が、会話として出てきたので、忘れないように書いておこうと思う。

まず、言える事だが、ぼくに起こったうつ病に関してだ。これを言葉で言い表す事は困難を極める。何故なら、これまでに感じた、どの苦しみとも異なる感覚を経験したからだ。
その苦しみの波というものは、ある病気というか、多くが経験するであろう波と波長は似ているかもしれない。それは、強烈な腹痛に似ているということだ。波は、ずっと猛烈に痛いと言うよりは、上がったり下がったりする。そのピーク事に「苦しい!助けて!」というような痛みを感じたことがある人は多いだろう。腎臓結石等を経験した人も、同じような波を感じた事があるかもしれない。
ぼくのうつ病も、似たような波を感じていたわけだが、それは痛みではない別の感覚だ。そういう五感のようなものとは、まったく異なるものだと記憶している。
あと、その時の苦しみは、上に書いた、腹痛や腎臓結石とは比較にならない苦しみだった。ぼくは、「頼むから殺してくれ」と苦しんだ。それが、何時まで続くのか分からないほど続くわけだ。精神がダイレクトに攻撃されているわけで、脳に本来あったはずの防壁のようなものが取り払われているのが体感出来る。精神力という、よく言われる言葉には何の意味もなくなる。我慢がどうとか、そういう問題ではないわけだ。
そこを、ただ苦しいと言っても、何ら表現力はない。物凄く?この世のものとは思えない?何とも形容のしようがない。痛くも、暑くも寒くもないのだから。ましてや、臭いわけでも、辛いわけでも、眩しいわけでもない。
信心深くもないぼくだが、その時だけは、神秘的というか、人間以上の存在に、救いを求めた事も書いておく。藁をも掴もうとするし、突然そういうものがあるのだと、頭の中に作り出したのかもしれない。
極力分かりやすいように伝えたいが、文章としては、このくらいしか書けない。

この経験を患者Aに言うと「ええっ〜!なにそれ!」「ぼくのは、うつ病じゃないのかな?死にたいとは思わないし」
という、あっさりとした解答だった。
他の人にも、症状は聞いたが、どれも違う解答だった。ぼくの場合は、向精神薬の副作用でアカシジアを起こし、極度の頻尿で脱水状態を起こしていたので、なにかが違ったのかもしれない。事実、向精神薬を弱めることで、症状は劇的に改善した。
オマケにだが、インフルエンザも発症していた事を書いておく。脱水症状の処置に、頻繁に病院に行ったため、院内感染し
たものだと思われる。

ぼくは、患者Aに「いや、それもうつ病でしょう。たぶん個々で症状が違うのだと思う」と答えた。何故なら、彼は確かに苦しそうなのだ。なのにそれは、想像とは違うものだと感じた。
それに、ぼくは、彼の内部で起こっていることを体感しようもない。

医師が判断した病名は同じものだ、それは、おそらく、知識からくる客観性によるものだが、その実態としては、うつ病というものを知っている人はいないという事になるのだろうか?