2020年06月18日

社会の単位

02_0021.jpg

作品そのものは、社会というものがテーマとしてありますが、作品の焦点として社会の単位をある程度決める必要があります。
それがあることで、作品に入り込みやすくなるといいますか、そこは絵画的な焦点、視覚としての焦点のようなもので、作品に入り込むためのきっかけになる物の見方です。他の焦点に移動することで、その世界は広がりを見せます。
個人的には、薄々は決めていたのですが、一定の年齢で、ある種強制的に組み込まれる(そして、自分が選択したわけではない知らない人と出会い過ごす)という意味でも、学校という単位を考えます。
つまるところ、構成するものは、ぼくとパートナーを含めて40人という社会の単位です。

映画のロケーション的な考え方ですが、残された時間で確実に作品を制作するために、色々と手配しております。
こらからは、コロナ禍の中での作品制作というものも考えていかなければなりません。合理化が必要です。
近いうちに、母校をロケ地として考えております。


posted by 超画伯 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

2020年06月15日

ハードディスク壊れる 復旧に1日半

hd.jpg
数日前から、なぜか、USBからのデータ転送がまともにできず、更にOSまで調子が悪くなり、これはヤバいと思いシステムをバックアップ。
先日夜から、今日一日消費してしまいました。作品を作るために帰宅したのですが・・
先日の時点では、原因が分からなかったのですが、もしかしたらCPU(RYZEN7)が原因かもと思い、その関係で調べると、同じような症状があることが分かったのですが、それにしてもOSまで調子が悪くなり、オマケに何度も再起動・・
いざ動いても、デスクトップが真っ暗とか、非常に厄介・・
その状態が、復旧したので、再びUSBからデータ転送しようとすると、またも同じ症状・・このままでは、OSごと壊れてしまいます。しかも、保存用ハードディスクとOSは、別のディスクなわけですが、なぜこのような事に・・
でよく聞いてみると、中からカチカチ音が出ると、USBからの転送が止まることに気が付きました。
もしや、データ用のハードディスクが原因?
これをあわててバックアップ。見てみると、HITACHI製です。。トラブルが少ないということでHITACIのを半年前に搭載したわけですが、意外にも早い故障です。そもそも本当に故障なのか??
試しに、別のハードディスクを同じ場所にあてがい、データ転送してみると、やはり止まりました・・・
これは、電源の仕業かもしれませんね。電源供給が安定しないので、ノッキング音のような音がしていた可能性があります。
電源の、ほかのコネクターをハードディスクに差してみると、症状は緩和されました。完全かどうかは分かりませんが、とりあえず、データの転送は完了。
そういえば、以前も、調子が悪くなったときに、電源だった事が何度かあります。ただ、これで傷んだハードディスクは、それほど信用できるものではないので、結局新しいハードディスクを買うことに・・

しかし、今までもそうですが、制作が忙しくなり、使い方がハードになると、このようにPCが壊れるのも恒例になってしまいました。まぁ、無理な使い方しとるんだろうね・・
電源は、余ったのが何個かあるから、それを使うことにします。
posted by 超画伯 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

2020年06月14日

フィルムの複写をしたのですが壊滅

K_1N3119.jpg
一週間ほど前、複数人のポートレートのような写真をフィルムで撮ったのですが、それをデジタル化するために、デジカメで複写しました。
そこまでは良かったのですが、残念なことに、すべての写真にゴミの跡が・・

けっこう念入りにゴミはブロアーで飛ばしたわけですが、何故か残っていることが残念で、すべてRAW現像してみると、すべての写真にゴミがあるじゃないですか・・

しばらく考えてみて、ごみの位置を見てみると、すべて同じ場所に・・
これって、デジカメ側のゴミじゃん!全部現像して損しました。
ゴミなんて、最近、ダストリムーバルの関係で、めったに見なかったものですから気がつきませんでしたが、そういえば、重要なところでゴミが入っていることが多いのです。
重要な場面で、こういうのつかないでほしいなぁ・・

まぁ撮りなおせば良いのですが、フィルムのRAW現像、やたらと時間かかるんですよね・・おそらく16時間ぐらいのロスかと・・丸一日分ですね。
posted by 超画伯 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

2020年06月12日

活動再開

画像1.jpg

三か月ほど、何も出来ない状態が続きましたが、今月に入り、ようやく動けるように。
制作規模など、大幅縮小するものの、制約のある良さというものもあるように思います。大風呂敷は、自分の特徴ですが、ここ近年は、体力や、コロナ等で、作品はこじんまりするものの、それでも作品強度は、ある程度強固に出来るのではないかと思っております。
とりあえず、これから一月で、三か月のロスをある程度取り戻す必要があります。

コロナの件もあり、ロケは、野次馬防止のため、多くの撮影は、事前告知無しで行っております。
人数制限が必要なため、人が集まらない工夫も必要。
市や、某テレビ局、フィルムコミッションの方々の協力もあり、今のところ対策も上手くいっている感じです。

ネットなど、ほとんど見る余裕はありませんが、とりあえず、個展に向けてのご挨拶まで。

あとですが、大変な中、エキストラの参加、ありがとうございました。
必ず良い作品にします。

よろしくお願いいたします。

posted by 超画伯 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

2020年06月01日

VEGAS POSTを導入してみた

もう何年も映像編集ソフトを更新していなかったので、VEGAS POSTを導入してみました。
ぱっと見は、普通の映像編集ソフトっぽいのですが、操作の仕方が、まだ分かりません。
使っていたら、そのうち覚えるかな?
まぁ、これまでのソフトも覚えてませんが・・
posted by 超画伯 at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像日記