2019年12月07日

自分の時代

120A0286.JPG
ざっと世の中を見ていくと、多くの人は自分の時代に生きていると感じます。例えば、自分が一番輝いていた時代だったり。そこから抜け出すことが出来ず、同じことを続け、時代についていけなくなると言いますか。

ぼくは、学習障害のせいなのか、過去の自分が何をしたのかについては、さほど感覚としては残っていません。あと、ぼくの人生は、あらゆる意味で自信を奪われるものでした。だから、確固とした自信を持つような出来事が無かったわけで、常に自分を疑ってきました。感覚としては、何時でも足元をすくわれるという感覚がこびりついていて、そこから抜け出すことが出来ません。

今は色々な事が出来るようになって、よく考えたら、何故足元を救われるような所にいるのかについて疑問を持つようになりました。以前よりも自己価値が上がったのかもしれません。考えてみれば、ぼくは自分をわざわざ不利な状況に追い込む癖がついていました。最近何度も自分に言い聞かせる事ですが、自分の有利なポジションで戦う事。不利な事をしなければ、ぼくはこの世の中でも有利に戦えるのではないか?そう思うようになりました。
ただ、若いうちは、自分の不利な状況で戦う事は、自分を鍛えることになるので、重要な事だと思っていました。若いうちから有利なポジションで戦えば、その時代が終わると、ぼく自身が終わってしまいます。そのための筋トレのようなものだったと考えることも出来ます。

現在、この世の中は成熟せず、幼稚になってきていると感じることがあります。というか社会そのものが老いたという印象です。それが認知症のようになって、浅い表現があふれかえっているように感じます。サブカルをメインカルチャーにしてしまっている現状も、もはや新しいものを受け入れることが出来ず二次的なものを何度も使いまわすしかないという、老化にも似た現象のようにも感じます。つまるところ、新たな事をするという感覚が社会に無いという感じかもしれません。この社会で、新しいものを作り出すのは困難だと感じます。
いわゆるアートと名乗るものまでがそうなのなら、社会における模倣というものは、おのずと許されるわけですが、その考えが蔓延することで、時代の流れに、この日本という社会が、ついていけないという現象が起こると思います。
模倣して魔改造すれば良い?今の時代の流れは速く、それをやっている間に、外の社会は、次の段階に進んでいるのではないか?と思えてしまいます。ですが、たぶんその考えを変えることは困難だと感じます。ぼくは田舎の社会に流されなかったというより、社会に馴染めませんでした。ぼく個人が、世の中に馴染むことも諦めましたし、世の中の心配はやめたほうが良いのかもしれません。

とりあえず、ドローンなど購入しました。
posted by 超画伯 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記