2019年12月21日

KAMLAN FS 28mm F1.4 が安かった

K_5S8897.jpg
KAMLAN FS 28mm F1.4が、セールなのかどうなのか分かりませんが、非常に安くなっていたので、思わず購入、15000円ほどでした。KAMLANは台湾メーカのレンズなので、中華レンズとは少々異なるのかもしれませんが、構造的には、絞り羽が多く、クリックレスタイプの絞りが、動画撮影では威力を発揮します。

根本的な所で思うのは、このKAMLANのレンズはNEEWERや七工匠のレンズに対して明らかに写りが良いと思われる所があります。もちろん、だから良いとも、こういうレンズに関しては言えないわけですが、オールドレンズのようなものを求めている方にはNEEWERや七工匠をおススメします。これは、明らかに現代のレンズの部類だと思いました。

ACS-Cなので、換算40mm前後の焦点距離。現代で言えば、標準域という考え方も出来ますし、むしろ換算50mm前後よりも使いやすいかもしれません。というのも日本は道も建物も狭く、外国で生まれた標準域の概念では、少々狭いのではないかと思われる所もあります。

標準域となると、中華レンズは随分増やしてしまいました。主に好んで使うのは、NEEWER 35mm F1.2と七工匠 7Artisans 35mm F1.2、あとはBrightin Star 35mm F1.7というレンズ。どれも中華レンズで欠点も多いですが、むしろその欠点が絵の個性になっていると思われるレンズです。そういった意味では、純正レンズと明確に差別化出来るので、ありがたい面もあるのです。追加として、このKAMLAN FS 28mm F1.4というわけです。大きさは、他よりも一回り大きく、自然に写りに期待できるという感じもありますが、重くなるという欠点もあります。だいぶ重いです。フルサイズ用の標準中華レンズとかに近いかもしれません。
絞りリングなど、滑らかに動くものの、かなり硬いという感じです。これはNEEWER 35mm F1.2に近い硬さだと思いました。

DSC02644.JPG
(SONY NEX-6/KAMLAN FS 28mm F1.4)
まずもって、すぐに分かるのは解像度、他の中華レンズとは一線を画しますが、そもそもは価格帯の違うレンズでもありました。何故か、同一価格帯になっていたので、これはありがたいとしか言いようがありません。もしかして、撒き餌にする気でしょうか?コントラストなども国内メーカーのものと遜色なさそうです。

DSC02659.JPG
(SONY NEX-6/KAMLAN FS 28mm F1.4)
色は寒色系でしょうか。個人的には、現在は寒色系を求めているので、その点もありがたいです。
とりあえず付けっぱなしでしばらく撮影してみるという感じでしょうか?

posted by 超画伯 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

学校の夢

見る夢の多くは、学校の夢だったりで、危機感のような感覚を残して起きることになります。
今日もまた学校の夢・・まぁ、その中で良いことなど何もないわけで、ある種の競争の中で自分が生きることが出来ないという現実を見せられるものです。
それでも、最近は学校の夢は減ってきて、それ以外の夢も見ることがあります。ただ、記憶に残っているのは学校で上手くいかないという内容のものが多いです。
起きると大体調子が悪く、今日は猛烈に体調が悪いです。気分も低く、何かやろうにも、しんどくてエネルギーがありません。体というものは、驚くほど上手く調整できませんね・・
posted by 超画伯 at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月20日

アスペルガー談義

DSC02659.JPG
一応、アスペルガー症候群とは診断されていないわけですが、どうも色々な人の話を総合すると、ぼくはアスペルガーだと思われているようです。冷静に考えて、数年前は、自分は普通過ぎてダメと思っていたものですが、ぜんぜん普通じゃないそうです。ですが、自分ではさっぱり分かりません。
ぼくの自閉症スペクトラム障害の領域とアスペルガー症候群の領域は、医学的に、どうやらかなり近いらしいです。

というわけで、人に迷惑かけないように、もっと自分の事を勉強しなさいと説教されたのですが、そんなの勉強したら洗脳されて、いよいよこじらせてしまいそうじゃないですか?
そうでなくても、ネット診断程度で、自分を発達障害だと思い込み、こじらせている人が多いのが今という時代です。
そういうのに流されない自信はあるのですが、アスペルガーなんて4千人に一人ですよ?そんなもんに簡単にヒットするもんでしょうか?正直、人間関係の中にいない確率のほうが高いと思うのですが、それが自分だって?
まぁ、素人診断だから信じる必用もないわけですが、ともかく、ぼくはそう思われているようです。

ぼくのパートナーはテオ扱いされているらしく、中村さんの栄光の影で、月影さんは・・ウッウッ(涙)とか言われているようです。ということは、ぼくはゴッホなんですか?それって誉め言葉のようにも聞こえますが、基本的には、その行動や異常ぶりがゴッホのようだと言われているようで、別に褒められているわけでも無さそうです。「いや、ぼくはそこまでではないし、栄光とかどこにあるんよ?」と言ったら、そこが認知の歪みなんだそうです。そういう考えでは困るとの事でした。とりあえず、底なしでどうしようもないそうです。

というか、自分の身の回りの人まで、自分をそこまでヤバいと思っていたというのには驚きです。稀に見るキチガイだとか?どうも、自分の認識がおかしいようで、ぼくは世間様とはかけ離れた存在だと見られているようです。しかし、自分の認識とは違う事を言われても嬉しくはないわけで・・まさかの自閉症スペクトラム障害、しかもかなりの・・と診断された時には衝撃を受けたものです。個人的にはADHD程度だろうと思っていましたので。
昔からキチガイ扱いされて嬉しがる作り変人には呆れたものでしたが・・
しかし、ネットとかに書かれているあの情報本当に正しいのでしょうか?自分では、あのような感じだとはとても思えないわけですが。

まぁ変な人には興味ありますし、そういう人を探すのが人生の旅だとも思っていたりもします・・

色々な障壁に立ち向かわない

PK1N0002_.jpg
色々と、色々な人に学んだというか、親や教員に聞かされたものですが、困難や障壁に立ち向かえという考え方。これは、ある意味正しいのですが、適応力すらない人間が、それをする意味は無いのかもしれません。考えてみれば、時間の無駄でしたし、それによって障壁を乗り越えた事もありません。「そうしないと生きていけないから」と聞かされたものの、ぼくに関して言えば、後れを取り、ますます生きていけない状態に陥ったわけです。たぶん、ぼくにとっての有利な生き方は、それではなかったと思うわけです。

ぼくは年をとりました。時間は刻一刻と無くなるわけで、あまり無意味な時間を過ごすわけにもいきません。今までの数十年受けてきた洗脳から解き放たれる必要があります。出来ない事を克服するのではなく、出来る事に注力するのだと自分に言い聞かせています。

posted by 超画伯 at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

倉敷芸術科学大学の人とコンタクト

わけありまして、倉芸の先生とのコンタクトをとろうとしていたのですが、噂として、昔の知り合いが、大学で講師をしているという事を聞いて、その彼に連絡。どうやら、本当に大学に勤めているようです。
というわけで、そこから教授クラスに連絡をとっていただくことに。ただ、間を持つことになりますので、色々とややこしく、すぐには連絡がつかない模様、ですが、近日中に連絡可能にするとの事。よろしくお願いします。

関係ありませんが、郵便物がまったく届かなくなりました。追跡してみると、局まで来ているものの送り返されている模様。これってかなり困ります。いつまでたっても一向に届かないものが何点かあり、それが佐川やヤマトだと届くわけです。
一応、きちんと住所書いている物なんだから、こちらに連絡ぐらいしてほしいものです。どうも、ぼくが存在しない事になっている気がします。一度郵便に行ったのですが、未だ物が届かないので、明日はもう一度行ってみる予定。
局の人を責めても仕方がないので穏便に済ませますが、こういうトラブルは初めて。どうにかしてほしいですね。
posted by 超画伯 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記