2019年09月11日

躁状態で体調が良くなったと錯覚、内科に行くと、良くなっているわけではないと・・

645D9099.jpg
明らかにハイになっていると感じます。ここ最近無いぐらい体調が良いと感じていたわけですが、内科に行くと、そうでもないみたいです。つまるところ、脳が、体調が良くなったと勘違いさせているようです。
脈拍は弱く、体力そのものは、今までと変わらないということらしく、気を付けなければならない状態のようです。
自分自身の体調が良いと感じるのも、悪いと感じるのも脳なわけで、これが誤作動すれば、体調が悪くても良いと勘違いしてしまうわけです。
完全に脳内麻薬ですね・・色々な感覚がマヒしてしまうわけで・・

とりあえず、昨日大勢で、某名物スナックに行ったのですが、今思えば、ぼくは完全に多弁になっていたと感じます。あまり話すべきではないところで話すのは良くないですね・・時間を置けば、客観的に見えるのですが・・あと、内科でも多弁でした。内科の先生ですが、精神系の病気にも比較的詳しい先生なので、分かりやくす躁状態に見えたようで、脳内物質が過剰分泌しているみたいだから、気を付けるようにと言われました。
というわけで、今は安静にしています。ですが、思考は止まりません。

色々な検査の結果ですが、やはり心臓が肥大しているようで、これは血圧を落とさないと治らないようです。というわけで、そちらの治療も始まりました。
明日からは、朝から薬を飲むので、今までよりも、更に楽になるかもしれません。これと躁状態で、動きが止まらなくなる可能性がありますが、意識して、大人しくしておく必要があるような気がします。
刺激を受けないよう、ニュースサイトや、情報も、コントロールして遮断しておかなければ・・
posted by 超画伯 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記