2019年09月04日

感情論

IMG_20190903_212534.jpg
世の中、不思議なぐらい感情論で動いている感じです。
冷静に考えれば、現時点で、韓国との交流を断つことも出来なければ、日本から在日を追放することも出来ないことは、冷静に考えれば分かることです。
仮にですが、在日を追放出来るような社会を想像してみると、ある程度分かるのは、そういう社会は、それを行った後に、一般の日本人にも矛先を向ける可能性が高いということ。何を尺度にしているかは、感情論ということになりましょうか。
そうだとすれば、マジョリティからすれば、不都合な存在は常に出てくるものだと言えると思います。
「私たちが上手くいかないのは◯◯のせいだ!」といった感じ。
これが無くなることは、永遠に無いと言えると思います。世の中には常に、そういった不都合が存在するものです。

結論を言えば、ならば、その相手と、どう付き合えば良いのか?ということになると思いますし、より良い社会というのは、如何にそういう相手と上手くやっていくのかしか無いと思えます。

なんか週間ポストが断韓について書いて炎上したとのこと。
ぼく自身の考えを述べると、それは書きたければ書いても良いという意見です。もちろん、そこに、ある種の民族差別とか、そういうものが無いのであればという話ではありますが。
当然ながら、書いてる人も、それで断韓など出来ないことは分かっての記事だとは思います。どうこう言いながら、法的にどうであれ、北朝鮮相手ですら、何らかの形で関わっているわけです。
結局のところ、不可能な事を感情論にうったえているだけなのだと思います。
もちろん、関わりかたの質は変えることは出来ると思います。正直、日本と韓国の関わりは深すぎる気がしますので、適度に距離を置くことは可能だと思います。むしろ、距離感が無さすぎて良くないということもあるのではないかと思えます。

ここ何ヵ月かの問題で、韓国が悪かったのか?に関して言えば、正直、悪いとしか言いようが無いとは思います。いつもそうですが、その点は無かったことにして、仲良くしろ!と迫られれば反韓感情が強くなるのも当然と言えば当然。そもそも、それでは良いようにされてしまいます。相手は神様ではなく、感情的な人間の集団なわけです。あと、この構造から、日本が無駄に右傾化していることは疑うことも出来ない事実だと思います。感情抜きに考えれば、日本の周辺国は強大すぎて、極端な右傾化は、自身の立場を危うくするものでしかないような気がします。

少し事情を知っている人からすれば、韓国の国是として反日が存在するということ。これは政策ですし、国民すべてが、そういう教育も受けているということ。この事実を感情抜きにして少し考える必要があると思います。
いつか分かり合える?韓国が韓国である以上、それは無いと思います。国そのものが別の国になるならば、話は別ですが。
そういう政策がある以上、国として日本と韓国が仲良くなれることは無いという事を理解して付き合っていくしかないのではないでしょうか?

posted by 超画伯 at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記