2019年09月30日

足枷を外して楽になる 得意な事しかしない

645D9549.jpg
ぼくは、生まれた時代柄なのか、どうもスポコンな所があります。自分を鍛えるという意味で、作品の中に、常に自分の理解が及ばない要素や苦手な要素を盛り込んできました。そうやって自分の能力を鍛えようとしていたわけです。なので、あらゆる装備は変態的で、すべて王道とは異なる方法で物事をやってきました。しかも、わざと苦労する方法で・・そうすれば、筋トレのように自分を鍛えることが出来ると思ってきたわけです。

病気以降、ぼくの能力は、著しく下がりました。思考力も下がり、得意の知能系の問題も全然ダメになりました。心臓が肥大し、歩くのも一苦労、自律神経も乱れ、体温も血圧もコントロール出来ない状態。
2年前には普通に使えていた道具も、色々感覚から忘れてしまって、使うことができません。過去のファイルとか見ても、自分はこんな事が出来ていたのか・・今の自分にはとても出来ないものばかり・・メモも、まったく理解できません。
作りかけのデータは、明らかに自分に負荷をかけることを目的としていて、次のその次で最大の力が出せるようなやり方で作っていたりします。

作品アイデアも何十種類、たぶん他人とも被らない・・映像、絵画、立体、写真、ここでは言いませんが、それ以外もあります。その中でも、自分に負荷がかかり、難度の高そうなものから作ろうとしていました。完成度云々よりも、自分を鍛えることを目標にしているようなものばかり。毎度知恵熱で頭痛になりますし、それらは、間違いなく、体力的にも完成度を下げるものです。あと、それらを一度の人生で実現することは不可能です。そもそも不可能な事を急いでいたわけで、それを無理に作る必要も、本当はなかったのだと思います。

「蟻のような」は映像作品のためのアイデアであり、その映像がどういう姿なのか?に関して、自分の脳内にははっきりとあります。もちろん、体力があるならば、制作は可能です。アイデアに関しては、病気以降のものなので、その内容は、自分に課した足枷を外したものです。そして、これまで培った能力のみを使うのだから、それは確実に成熟した作品になります。完成すれば、これまでの作品とは比較にならない強度を持つことになると思います。得意な事しかしないわけですから。
あと、自分にとってのオーソドックスは、世の中のオーソドックスにはなり得ないのではないかと思います。常に他者とは、興味の対象が異なっていたわけで。

足枷に関しては他にもあります。基本的にアニメーションのような映像作品に関して言えば、どこかで他者の要素を入れる必要が生じます。ですが、それは一種の足枷にもなり得ます。完全に自分と一致するイメージとか、他者から得ることはあり得ないわけです。作るならば、完全に一人で制作することが望ましい。スタッフは、ぼく一人、それならば、完全にコントロール出来ます。それは、自分だけの作品になるわけで。

さて、疲れるので、SNSは何日か休もう。

posted by 超画伯 at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月28日

山陽新聞 キヤノン写真新世紀関連

K_1N0365.jpg
山陽新聞に、キヤノン写真新世紀の中村智道 優秀賞関連の記事が掲載されました。  クリックで拡大します

関連


posted by 超画伯 at 06:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 記事

2019年09月27日

文化庁ご乱心?

なんか、文化庁が、あいちトリエンナーレへの補助金不交付とのこと・・
なんか、つまんない前例作ったような気がしますが、そもそもの炎上商法なわけで、その炎上はどこまで広がるのか・・

最初に思ったのは、津田というのはスパイみたいな奴だなということ。実際にスパイではないにしろ、そのようなふるまいをする人というものは存在すると思います。

個人的には、結果として起こる事に関心があって、現在起こっている事が何か?を考えると
国内の分断 在日に対する差別の増加 日韓関係の更なる悪化 ネトウヨの増加 表現の自由の大きな後退 左派思想の後退 等色々あるかと思います。
正直、津田を後押ししているような人にとっても、良い事が何もない感じです。
こういう事実を言うこと自体ダメという人もいるかもしれませんが、正直事実を無視していたらとんでもないことになると思います。少なくともそういう人が歴史云々を言うべきでもない。事実を無視して、精神が尊いとかあり得ません。

しかし、ここで国が出てきた事に関しても、想像の出来た話のように思えます。何故なら、慰安婦像自体が、反日国家である大韓民国のプロパガンダでもあるということ。一個人の表現ではなく、バックに国という強大な存在があるということで、国が出てくる事も考えられた話だと思います。日本という国は日本を守る義務も権利もあるわけで、何でも韓国の言う事聞いて良いわけではないわけです。反日に身をゆだねるならば、当然国民にも不利益が生じるわけです。韓国は、韓国という国の都合で反日をしているという点も多分にあって、過去にどうこうだけでは、もはやないというのは、多くの人が気付き始めている事実でもあります。

日本は、右も左も韓国を軸にしているのか、それに振り回されすぎのような気がします。日本の左右というのは韓国主義か、反韓国主義かというぐらい韓国に支配されているようにも見えます。ここは日本なんですが・・韓国が反日である事が事実なのであれば、それなりの距離感を持ち、冷却期間を持てば良いのに・・と思ったりします。実は、その点を認められない人が、色々とこじらせているようにも見えます。

韓国は反日ではない!という方もいるかもしれませんが、それはいったい何を見てそう思えるのか聞いてみたいものです。日本のアニメが好きな人がいるから親日?そもそも金正日も金正恩もディズニーやら日本の文化が好きだったと思いますが、だからといって北朝鮮が親日や親米にはなり得ないと思います。親日か反日かは、そういう単純な問題ではないわけです。
正直な話、韓国が反日であることを認めて、ならばどうするのか?と話したほうが、よほど解決に近いと思えるのですが。。反日では無いという意見が、事実を歪めておかしくしているとは気が付かないのでしょうか?

とりあえず、韓国が、反日によって政権が動かされるほどの反日で、親日であることで社会的にも潰されるような、それこそ不自由な国であることは間違いなく、そして民主主義である以上、それが民意なわけだから、実は非常に厄介なものを展示したと言わざるをえません。その背後には国民と国という、巨大な力があるということです。

しかし、文化庁のやった事は、ある意味自殺行為だと思えます。これで表現の自由が終わったという人も続出することでしょう。余計な事をしたなと思いますが・・スルーは出来なかったのでしょうか?

ぼく個人の意見は、そもそも表現の自由などハナから約束されていないという考え方なので、そういうのと関係なく、作品を自由に作る予定ではあります。

posted by 超画伯 at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

彼岸花咲いた

DSC08383.jpg
なかなか咲かないなぁと思っていた彼岸花なわけですが、やっと咲いてるのを見つけました。今年は遅いのかな?
彼岸花といえば、ぼく的には重要なモチーフで、撮影しまくりたいのだけれど、忙しすぎて、そういう暇が無いのが実情です。

頑張って来週ぐらいに撮りに行きたいものですが、体力が持つかどうか・・
普通に色々なものを撮影したいのですが、どうしてもつまらないと思ってしまって、結局撮らずが多い日々、つまらないと思っても、無理やり撮って、置いておけば、そのうち良いと思える日が来るかもしれません。
その方向で行こうかな?
posted by 超画伯 at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月24日

環境問題はセクシーに解決

いや、黙っていようかと思ったのですが、飲んでる炭酸水吹き出しそうになったので日記書きます。
正直、今の地球環境ってかなりヤバいと思うわけですが、この深刻な問題をセクシーに解決するという強者が現れたとの事。その名は小泉進次郎!

いやー、これで「キメてやったぜベイベー!世界の女心を鷲掴み!」と本人は思ったかもしれませんが、個人的な感想としましては、日本に相応しいリーダー現る!という感じです。
つまるところ、今の日本のレベルがこの程度であり、それ故の、この大臣の人気なわけです。
テレビも連日デキ婚を貴族か皇族かのように優雅に扱い、オマケに嫁さんをファーストレディー扱い。ついに日本も階級社会が完成したんだなぁ・・と感慨深く思っていたわけですが、ここでのセクシー発言!
いやはや、最も期待出来る大臣のセクシーな発言なわけですよ。次期総理確定ですね。

とりあえず、日本始まったなという感じです。なんせ、サブカルをメインカルチャーにしてしまうようなアホ国家なわけですから、知性が育まれることなど無かろうし、これからもどんどんやらかす事でしょう。劣化が止まりませんよ。
posted by 超画伯 at 00:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記