2019年08月20日

闇夜に脳が興奮状態に

ぼくの脳は、どんなに抑えようとしても、コントロール出来る代物ではないのです。
寝ているなかで興奮状態に陥り、ハイな状態に。。起きて寝られなくなってしまいました。

この状態は、今なるべき状態ではなくて、例えば多くの人の前で喋るときになってほしい状態なわけです。

ハイな状態が続けば、脳は疲弊して、鬱の状態が待っています。それだけは避けたいのですが、脳内物資による脳の動きというものは、自分でコントロール出来るものではありません。
根性とか、そういうものは無意味。脳内物質に抗える人などいないと思います。

脳の平均的な能力は決められていて、ハイな状態は、脳を一時的にオーバクロックしているだけにすぎません。
この時の自分の能力は、平常時に比べて異様に高くなるようですが、放置すれば破滅。。

明後日は病院の日です。

抑える必要はあれど、展覧会まで、能力を抑えるわけにはいきません。
人前で喋らなければならないのです。
その時、今の状態なら、ぼくは間違いなく他者を圧倒するでしょう。恐ろしいまでに頭が回転するからです。ですが、恐れるのはその時に鬱になること。。
今は、ナチュラルに低空飛行が必要なのです。

posted by 超画伯 at 05:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月18日

久々の写真撮影

今日は、久々の写真撮影でした。というのも少々暑さが和らいだからですが、それでも野外は暑く、やはり活動時間は2時間が限界でした。
撮った写真は、とりあえずの作品クラスなので、ネットにはアップ出来ませんが、今後もこれを続けていく必要があります。
今は、寝転んでいて、動くのもしんどい状態。。
まっこんなもんでしょう。
人生って、すべてが上手くいくわけではないですから。

明日も、可能ならば撮影します。
人が見たら、奇妙な風景かもしれませんが、普通のもの撮っても意味ないですから。
体力が無いので、座ったまま撮影していますが、この制限のおかげで、逆に良い発想で撮れている可能性だってあります。
動ければ何でも撮ろうとするわけですが、それが逆に良くなかったりすることだってあるのです。とにかく情報量増やそうとしてしまいますから。
posted by 超画伯 at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月16日

所詮サブカルが限界なのか

645D9549.jpg

最近、サブカルの面白さが分かりません。
そもそもあるものを焼き直すだけの文化でもあり、これをアートとして見るのにも違和感を感じてしまう事もあります。
あと、新しいものが登場してくる時にある、独特の緊張感もありません。あくまでも、慣れ親しんだものを焼き直しして、それを高度なものだと多くの人が錯覚しているだけのように感じます。文化としての発展性というか、少なくとも社会を何らかの形で向上させるものには見えないわけです。
とりあえず、日本人は、昔から他者を真似る事を好みます。僕の周りを見ても、ほとんどそうで、焼き直しから、受験テクニックのように、無難であたかも答えがあるようなものを作り、何らかの形で庶民受けする作品を作っているだけのように感じてしまいます。

今は、景気も悪く、とりあえず売れる作品というものが尊いことになっている気がします。となると、芸術など興味のない人々を対象にしたりするわけで、ある種の分かりやすさ、あと品の無さも必要かもしれません。別に意味もなく、風変わりな下ネタでもOKだったりもします。そこに、深い意味でもあれば、それは感心するのですが、別に珍しくもないものが大半だったりするわけです。
とりあえず、売れるものが最も尊いのであれば、日本においてはアイドルでしょうか?そういったものが、文化の頂点として君臨することになるのでしょうか?

個人的には、新しいものを知りたいので、科学とかのニュースのほうがよほどに面白いと思っています。何度も見たネタの焼きまわしには飽き飽きしているのです。そして、それは人から知性を奪っているようにも見えるわけです。
皆、頭が悪くなることを望んでいるのでしょうか?と思えるぐらい、最近は色々なものが酷くなったように思います。
人に好かれる要素として、頭が悪そうに見えるというのが実際あるように思えます。少年漫画等でも、バカが世界を救うようなネタが尽きないような気がします。実際、世の中を見る限りそんな事などあり得ないわけですが、多くの人はバカに親近感を抱き、共感するようになったと思います。一国の首相等でも、頭が悪そうに見えたほうが可愛く見えるのか、好かれたりします。それに何らかの安心感を覚えるのでしょうが、バカがトップで安心する世の中ってどうなんでしょうかね?
とりあえず、日本人は、そういう文化を作ってきたように思います。

多くの人は、劣化していく世の中に馴染もうと必死です。落ちていくスパイラルから逃れられない流れを作り出してしまっています。その事に気が付いたとしても、空しくなるほど世の中は無関心。
とりあえず、周りが皆同じで、バカなほうが安心できるということでしょうか?バカは分かりやすいから?それでは、ますます皆バカになってしまうような気がします。

個人的には、新しいものが見たいと思っています。そんなものがあったのか!と刺激を受けたいわけです。ですが、世の中を見ても、サブカルまでが限界という感じに見えてしまうのです。見たこともないものに反応できる人はほとんどいません。
何らかの文化があるとして、サブカルに取り上げられるとして、それに深い意味はあるでしょうか?サブカルはサブカルがサブカル内で有名になり盛り上がれば良いというような振る舞いをしているように見えます。それほど広い視野を持っているようにも見えません。
サブカルが尊い芸術・・それも、もうそろそろ終わるのかもしれませんが。
posted by 超画伯 at 04:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月11日

狂っている

ぼくは、頭がおかしい。
ここ最近は、作品の手続きや、まとめ、資料作成をしていますが、動けるのは2時間が限界です。それ以上動くと最近は非常に危険な状態になってしまいます。体のコントロールだけでなく、頭のコントロールも効かなくなり、暴走を始め、そのまま倒れたりしてしまうのです。
分かっていても、コントロール出来ず、この世の事象が頭を駆け巡り、言葉も止まらなくなるのです。そして、疲弊して、倒れてしまうのです。
他者からすれば、完全に狂っているわけで、これは良いことではありませんが、分かっていても、コントロール出来ないのです、
激しく頭が動くので、この世の構成とか、そういうことを考えたりしてしまうわけです。
興奮状態を沈静化させたいいのですが、どうすれば良いものか。
posted by 超画伯 at 00:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月10日

乗りかかった船だけど、では何を描くのか

DSC08110_-684x1024.jpg
写真展出したら、通ってしまったけど、今後どうするのか。。

ぼくを選んだのは、オランダの写真家、リネケ.ダイクストラさんです。
「素晴らしい作品に出会えた」とのことだったそうです。
シンプルですが、とても嬉しい言葉ですよね。

キヤノン写真新世紀でのオリエンテーションがあったわけですが、ぼくは学習力が低いので、その名前を紙に書いて帰りました。
その後、どういう写真を撮っているんだろう?と思って調べてみたのですが、それはじわっとくる感じの写真でしたが、その強度に心が折れそうになりました。ぼくは、現在、作家として、そういった強度を持ち合わせていません。圧倒的な格差があると感じました。
正直な話、写真で驚いたのは、これが初めてかもしれません。
シンプルな日の丸構図のポートレートにも関わらず、多くの人の社会的背景が見えてくるのです。そして飾っていない。
たぶん、これは、天がぼくに与えてくれたヒントなのだと感じました。
そう、ぼくの情報処理は無駄が多いのです。もちろん、これは自閉症スペクトラムとも関係があると思いますが、情報を表すとして、最小限の情報で多くを記すということをしてきませんでした。

色々と考えるものがあるけど、乗りかかった船ですから、乗ってみるのも悪くないような気もしました。そういった表現が出来るのであれば。
ただ、何を描くべきなのか。
ただの綺麗な写真とか、昔の写真を模しただけの意味のない写真とか撮りたくないわけです。
シャッター押したら簡単に撮れる写真だけれども、作品として考えるならば、そんなに簡単なものでもありません。
作品となると、当然ながら社会的領域問題も発生しますし、そのキワの部分を撮ることになります。それに耐えうるだけの強度も必要なわけです。
世の中、ファッション写真が蔓延しておりますが、そういったものは多々あるわけで、今更それを撮ったところで埋没するのは目に見えていますし、基本的には深い意味も発生しません。

作品ならば、意味ありげでは成り立たないわけで、明確な意味を持つ必要があるでしょう。
難しく考えても仕方ありませんが、現在一つは、一応意味のあるものを作りました。ただ、そのアイデアは、映像のためのものでした。
なんだろうかな。
ぼくは、基本的に、この世の中が好きではありません。生い立ち上好きになれるわけがないとも言えます。個人的には、ここを偽ってはいけないとも思っています。
好きでもないのに、好きと言って、その輪にいれてもらうという方法もあるかもしれないけど、その時点で、ぼくの表現は終わってしまうかもしれません。
あと、その輪の中で大した意味もない、人よりも劣った人になりたいとも思わないわけです。
さて、どうするのか。。

posted by 超画伯 at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記