2019年07月31日

タイムリミット 自閉症スぺクトラムとぼく 生存をかけて

PK1N0002_.jpg
自閉症スペクトラム障害(ASD)を持つ人間の平均寿命は、通常より18年、更に学習障害を持っている人間の寿命は30年短いと言われている。
理由として、遺伝的に弱いだけではなく、社会的要因も多く関係する。

ぼくも、残念なことに、外れくじを引き、診断の結果、その両方、ASDと学習障害の両方を持ち、更にADHD、てんかんも持っている。言語的発育の遅れも、もちろん持っている。そして、社会的要因により、双極性障害も発症、肝機能も低下し、自律神経も乱れ、血圧をコントロールする力も失っている。
この障害の多分に漏れず、ぼくの体も、これまでの疲弊により、崩壊し始めている。
実際、昨年の入院は、ぼくの生死と関係のあるものだった。

ぼくは、この日本から逃げ出したかった。だから、海外へ出るための研修制度の面接も何度か受けた。だが、それは、ぼくの学習障害が阻止してしまった。ぼくが、他の作家名や芸術世界に関する事象を覚えていないからだ。当然ながら、一般社会でいえば、それは勉強が足りず、努力が足りないのだ。
以降、ぼくは、面接という面接は、落ち続けてきたのだ。特にだが、ぼくは人物の名前や作品の名前を覚えることが苦手なのだ。イメージとしては分かっているでは、この世では通用しない。

ただ、ぼくが、この世界で生き残るための手段は、”表現”によるものだった。そこにしか、この社会との強い接点は無かったのだ。

ですが、現在のぼくは、映像作品を制作する力を残していない。

ぼくが、社会への進出が断たれた時、ぼくを救ってくれたのは、表現そのものだった。そこでの社会との接点が、ぼくを生かした。
ぼくにとっての生命線は、この世界に関わること、それが無ければ、ぼくが死んでいた可能性は高い。
ぼくが何を言っているのか?に関しては、多くの定形脳の方には、本質的には理解できないかもしれない。しかし、同じく自閉症スペクトラム障害を持つ皆様には理解できるものだと思っている。

ぼくの作品は、常に死を漂わせる。それは、ぼくと死は密接に関わっていたからだ。幼い時、ぼくはこの世界で生きていくことが出来ないと思った。ぼくは、自分がおかしいことに気が付いていた。
だから、いつも消えたかったのだ。
世の中のためを思うなら、ぼくは消えるべきなのだと思っていた。
ぼくの存在は、ごく身近な人々に、必ず災いを呼ぶ。

だが、希望はあるかもしれない。それは、ぼくの能力を、何の役にもたたないものから、ギフトに変えることだ。おそらく、ぼくは、他の人が持たない能力を持っているはずだ。
そして、それを社会に知らしめる事。自閉症スペクトラム障害が持つ力を証明すること。
それをするならば、ぼくの存在には意味がある。

最近の研究で、人類の進化と、自閉症スペクトラム障害は、密接に関わっていたことが分かりつつある。ならば、この定形脳で固定化された社会に風穴を開けることが出来るかもしれない。

これからの戦いは、自らの生存を懸けたものだ。そのために必要なことは、ぼくのような人間が、生きることが出来る社会を創り出す事だと思っている。

2019年07月30日

心臓検査

今日は、心臓のCTスキャンでの検査でしたが、血圧と脈拍が高すぎたので、薬で鎮静化。
血圧や脈拍って薬で下がるものなんですね。
今日180あった血圧が106まで下がり、103あった脈拍が70に。
で、体が熱くなる薬を流して、CT撮影。
その時は、面白かったのですが、その後テンションが下がり、少々うつ状態に・・
急激に色々と下がりすぎたからでしょうか?
とりあえず、思考力が下がりましたので、寝る事にします。
posted by 超画伯 at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

自閉症スペクトラム障害の持つ能力を社会的に認めさせる機会

PK1N0001_.jpg
ぼくは、自閉症スペクトラム障害(ASD)を持っています。障害等級は2級。
初期の段階では、言語能力に乏しく、社会に馴染む能力も低いものでした。
個人的に、ぼくの成人式は30になってからのもので、それまでは、多くの面で、他者に後れをとっていたのも事実です。現在でも学習障害があり、言語に関しては弱い事もあるかもしれません。

ただし、ぼく個人に特殊な能力があるのは確かで、確率としては考えられない事を、これからしようと思っています。
それは、表現世界を股にかけた実験とでも思ってください。
診断により、自閉症スペクトラム障害を持つことは分かっていますが、これから起こる事は、ぼく自身に紛れもなく、自閉症スペクトラムの症状がある事を明確に表すと思います。
今後、通常の定形脳の人たちに仕方なく合わせた表現は極力行わない事とします。
ぼくが何を創るかに関しては、ぼく自身が考えます。ぼくは、一般社会に対する、非常に大きな未練を感じていましたが、それには受け付けられず、一般社会への回帰は非常に困難だと判断しました。

もちろん、生きていく上で、そういった一般社会への接触は必要な事です。
ですが、受け入れられないのだから、媚びても仕方のない部分もあります。ですから、ぼく自身が力を発揮しやすい方向に、これからの表現は全フリしていこうかと思うわけです。迷いが、ぼくの表現力を鈍らせているわけです。

もし、ぼくが成果を上げることが出来るのならば、今一度、この障害について考えてほしいと思う次第です。
この障害は、人類の進化とも深いかかわりがあるとも言われていて、ぼく自身は遺伝子の戯れといいますか、自然界の実検体のような形で生まれてきたのだと認識しております。

成果をあげた、その時は、今一度考えてほしいと思います、ぼくが本当に社会不適合なのか。

2019年07月29日

衰退途上国で何を描くのか

PK1N5939-2.jpg
日本が衰退していくのは、もはや決定的な事のように思えます。
バブル崩壊から、もうすぐ30年になると思いますが、その間、日本という国が浮上してくることは無かったように思えますし、条件としては、以前よりも遥かに厳しい状況になっているように感じます。

対して、世の中はTV、ネット等のメディアにより、バーチャルな感じで動いていて、「日本は素晴らしい!」「世界の中で輝くニッポン!」と、世界から憧れの目で見られている日本という像を語り、それに社会そのものが自己洗脳され、虚像の世界を作り出している、言わば、SF映画や小説にあるような、地球ではない、それに懐古する人々が作りだした、宇宙船の中でのストーリーのような異世界を演出しているように感じます。要は、宇宙船の中に、虚像の地球を作り出して、住民はその事を知らないというような。

自分たちの中でだけ日本は輝いているのかもしれませんが、そう思い込むことで、良くもない社会を素晴らしい社会と認識することは可能でしょう。これを集団で行っているのが、現代の日本という感じで、ぼくは見ています。

世の中は、反知性の方向で動いていて、知性というものは批判される時代になったと思いますし、もしかしたら、その方向性は、更に厳しくなることも考えられます。
言うならば、嘘の地球の中で、その嘘に気が付く人間というのは都合が悪い存在だということ。

ユートピアは人間の心の中にあって、現実世界に実現させるためには、多くの人を賛同させる必要があると思います。そういう意味でもユートピアは実現不可能ですが、思想統一によって、最大公約数としての社会の実現は、ある意味可能でしょう。
そして、それは、その世界が虚像であるということに気が付かない反知性の下での実現が可能だということ。
ある種の理想を追い求める場合、粛清というものが起こるのは必然なのだと感じます。
彼らにとって重要な事は、言論による社会の均衡ではなく、バランスそのものを排除して一つの方向にすべてを注ぐ事にあるのかもしれません。完全な社会に異なる意見は無用という、ある種分かりやすい思考に捉われるのではないかと思います。
反知性は、自らが反知性なのだと気がつきません。自らは、自己洗脳に陥って、知性だと感じているのだから当然かもしれません。そこには、言論に対する理解など無く、彼らは排除という方向に動くでしょう。絶対的真理というものが存在するのであれば、他者の意見など不要と考えるのが合理的な考え方だと感じるからだと思います。言わばカルト的な考え方に陥ると言いますか。

現在の表現というものは、増えつつある反知性というものを感じ取っていて、それになびいているように感じられます。或いは、それが表現というものの限界なのかもしれません。
いつの時代でも、ネタというものは強いものだと感じます。ネタに必要なものはキャッチーな分かりやすさであると思いますし、反知性にも感じられる安易さも重要な要素。そいしてバックグラウンドに感じられる大きな力という感じでしょうか?
彼らに重要な事は、その大きな力と同一化することで、自らを万能だと信じる事。

こういう感じの時代だと思いますが、その中で自らの表現を考えるというのは可能ですが、実現は困難になると思います。
それでも、その困難に挑むのか?それとも・・という選択肢を迫られる時代になっているように感じます。

posted by 超画伯 at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月28日

東京日帰り

DSC01911.jpg
東京まで行って日帰りでした。
ですが、色々な人と色々と面白い話が出来ましたので、後日書くことにします。

DSC01919.jpg
写真は、新幹線の中から

DSC01948.jpg
こちらは在来線
posted by 超画伯 at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記