2019年04月28日

インコのホモ化 ドリヤマはイケメン枠

IMGP0730.jpg
なんと言いますか、インコは同姓でも異種でも良いらしく、すぐにホモ化してしまいます。
もちろん相性も大切なのでしょうが、コボウシインコの緑山(通称ドリヤマ)の手の速さ?いやゲロの速さと言うべきか・・
この禁断のゲロによって、複数のオスのインコ(異種)がドリヤマの手に落ちてしまい、オオホンセイインコの皇次郎までもが、そのゲロの魔力にやられてしまったようです。
ドリヤマに関しては、それまでの恋愛対象であるオキナインコと合わせないようにしたのに、次はオオホンセイインコ・・

IMGP0725.jpg
これがドリヤマのゲロ流しですね。このように相手のクチバシの上を銜えるのが作法のようです。
このゲロが美味らしく、ぼくが与えるヒマワリよりも美味しいようです。
消化液と食料が混ざると美味しいのでしょうか?

IMGP0728.jpg
レロレロ
うん、このままのほうが、荒鳥である皇次郎は幸せかもしれませんね・・しかしながら、そういうわけにもいきません。
鳥の世話をするのは、同時に複数のほうが、かまってやれる時間も増えますし楽なんですが、ここ最近ドリヤマだけ単独のことが増えました・・
いえ、ドリヤマはモテるんですよ。インコ界では、どうやらイケメンらしいです。
中間的な大きさや、すぐに吐いてしまうゲロなど、他のインコからみた魅力は計り知れず、新参者はすぐにメロメロになるという。
しかし、問題は他にあります。
まず、他者に対して狂暴になり、普段はヘタレなのに、おそろしく勇猛になります。
その場合、自分の数倍ある相手にも攻撃するので、非常に危険です。
もう一つの問題はDVでしょうか・・相手に突然キレて、蹴りを入れたり、暴力をふるうわけです。
これって、よく聞くボウシインコの特徴ですよね。ペアにした相手を傷つけるとかの。

しかし、今のところ迷いもあるようです。
行動はそれほど大胆ではありません。
動画のような行動をします。
落ちてるゲロ食ってるのが個人的にポイント高いです。

IMGP0723.jpg
うーん・・引き離すべきか・・
しかしながら、一緒に遊んでやりたいのもありますね。
オキナインコが相手のケースより落ち着いているようなので、少しばかり様子見します。












posted by 超画伯 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物・ペット

2019年04月25日

ブログの家賃

ぼくが使っている、さくらのブログは、レンタルサーバーを借りたらついてくる機能の一つなんですが、そもそもこのサーバーを借りたのは、動画の転送等に使うためでした。
ですが、今はブログにしか使っておらず、それでも月々引き落とされているようなので、サーバーの家賃は自分で払ってもらおうと、いくらか広告を貼ってみました。
というか、貼れと以前から言われていたのです。
サーバーもいつかは使うことがあるだろうと思っていたわけですが、これといって最近これを使うことも無く、かといってブログを消滅するのも何なので、広告を付けてみたわけですが、今のサービスでは制約が多いようで、貼れないタイプの広告もあるようです。
ここまで、そういうものに興味が無かったわけですが、とりあえず貼れるものを貼ってみることに。
しかし、審査とか色々とあって面倒なので、とりあえず無審査の楽天でも貼ってみました。
自分も楽天で買うので、使う人はいるのだろうと思っております。
あとなんですが、ブログもテーマぐちゃぐちゃで、少々テーマごとに分けたほうが良いのではと思い、WordPressも検討している最中です。
ですが、ここそのものは残す予定で、主に、「その日の気分」を大切にという感じで続けていこうかと思っております。
posted by 超画伯 at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月23日

オオホンセイインコ皇次郎の手乗り訓練

皇次郎は荒鳥といえば荒鳥なんですが、段階的に手に乗せることができます。
ストレートに乗ってくれるのではなく、まずは棒に乗せて、次に手に乗せるという動作が必要です。
とりあえず棒に乗るのも嫌なわけですが、鳥の習性で、目の前に止まり木があると、つい乗ってしまうという習性が強いのです。
あと、鳥かご以外の場所が怖いので、そういう場所に行くと仕方なく手に乗ります。
つまるところ、周りがもっと怖いので、それよりマシな手の上に乗るという消去法です。
籠の中は、完全な縄張りなので、手を噛まれます。
なので、まずは棒に乗せる必要があるわけです。

ここからなんですが、最初は手から餌を食べてくれません。かなり長時間付き合って、やっと警戒が解けて手から餌を食べました。
ここから信頼関係をつくるわけですが、手から餌を食べるという事は、インコ芸が出来るのではないかと思ったわけですが、あっという間に「回れ」の芸は覚えてしまいました。
とりあえず、これはコミュニケーションの一種なので、何かを言われたら、それに応じるということを繰り返している間に、若干の信頼関係が出来た模様。
声を出して呼んだら、返事をしてくれるようになりました。
残念ながら、カメラを向けると返事をしてくれませんが・・










posted by 超画伯 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物・ペット

PENTAX K-30の絞り制御ブロック不具合(通称:黒死病)修理後

PK1N0010_edit.jpg
PENTAX K-30やK-50、および、その派生モデルには、絞り制御ブロック不具合(通称:黒死病)という持病が存在します。
経年によって、ボディー内部にある絞り制御ブロックに異常が発生し、真っ暗な写真を量産するというものです。
ぼくの機も、その症状に陥りましたが、結論としては修理しました。
↓以下に、修理の様子を書いております。


DSC04732.JPG
実は、このK-30ですが、ほとんど使ったことが無いまま、黒死病になったのですが、今更気に入って使用頻度が上がりました。
画素数含めて、非常に使いやすいのです。
はっきりいって、APS-C機には2400万画素必要ないような気がします。
見た目の差はほとんどありませんし、画素が多くても容量多くてうっとおしいだけで、冷静になれば、何故そのような画素数が必要なのか色々と疑問が生じます。
最近は、体調不良で、カメラの使用頻度が著しく落ちているので、とりあえずカメラ増やさなくて良いですね。
壊れるまでこれでOKでしょう。


posted by 超画伯 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

2019年04月21日

AI つづき

A!二話 - フレーム 20.png
前回のAI登場のつづきです。
アップできる容量のファイルを作るのに非常に苦労しました。




つづき
posted by 超画伯 at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | みどりの王様