2019年01月12日

ウロコインコを2年半飼育してみた感想

SDQH0342.jpg
ホオミドリアカオウロコインコのパキラを飼育し始めて、二年半になりました。
コボウシインコの緑山と、ほぼ同時に飼い始めたのですが、体が小さい分早く成長しました。
もうとっくに性成熟もしていると思いますが、あまりゲロ吐き行動などは起こしていない様子。
ただ、今日初めてゲロを緑山に与えていました。
パキラは緑山の兄貴分で、体が小さいながら、序列としては完全に優位に立っています。
昨年までは、あまり喋れなかったので、喋る鳥に嫉妬して、襲いかかっていました。対象はコボウシインコの緑山とオキナインコの宙太郎でした。
少々大きい程度の相手だと、物怖じしませんし、気が強いインコです。

SDQH0333.jpg
では、ウロコインコが狂暴なのか?といえば、そうでもなく、うちでは最も飼いやすい鳥だと思っています。
あと、触れるインコです。握れますし、ベタベタに触れます。
ただ、一度怖がられると、ずっと覚えていて、飼い主は怖がられています。
爪切りをしたら、怖がられてしまいました。
ですが、好きな人とはべったりです。
インコは総じて、爪切り役の人を恐がる傾向があります。そうでもない場合でも、爪切りは嫌いですね。

SDQH0371.jpg
コミュニケーション能力は、極めて高く、発音は下手ですが、言葉も覚えました。
覚えるのは遅いですが、じわじわと覚えていって、今ではかなりの単語を話しています。
知能は非常に高く、大型インコと遜色無いような気がします。
言葉は、きちんと状況を理解して話すようになりました。
その間、およそ2年でした。







つづき
posted by 超画伯 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物・ペット

ペヤングが気になる あと、勝手にカメラメーカーに例える

main_end.png

ペヤングやきぞば激辛MAX END
最近、ペヤングのこういう商品を貰い、ありがたく頂いたわけですが、一口食っただけで「なんじゃこりゃ〜!!?」とまぁ、これまで食った中でもMAXな辛さだったわけです。
で、ぼくは辛い物に耐性があるから良いものの、いったい誰がこれを食べるんだろう?とも思いました。
辛ラーメンなんか目じゃない辛さでした。

main_yakisoba.png
これは普通のペヤングやきそばです。
実は、ぼくは、カップやきそばとか、何でも同じだろうと思っていまして、トップブランドであるペヤングは高いので避けていました。これは金持ちの食い物でしょう。金持ちが、ジャンクな食い物をたしなむときに、これを選択するのだと・・
他のよく分からんやきそばだと、40円ぐらいは安い気がします。
というか、こういうのにこだわりが無いわけです。
所詮は、小麦粉とソースが混ざったジャンクな食い物だから、腹に入れば一緒という冷めた考え方を持っているわけです。

main-giga2019.png

ペヤング焼きそば 超超超大盛 GIGAMAX
流石に2142Kcalは、体に悪いだろうと思う商品も出ているようですが、こちらは西日本なので、まだ見たことはないのです。
個人的には糖尿も気になりますので、避けるのが吉だと思いますが、一日4杯のカップ麺を食うのも似たようなもん・・
面倒くさい時は、そういうこともしたかもしれません。
ならば一度は食ってみたい一品でもあります。
しかしベースは、あの高級なペヤングです。
身分につりあわないので、もっと安価なものならば食べようかとも思います。
少しばかり、まるか食品の応援でもしたい気分になりました。

peyoung2019.png
そんなぼくが目を付けたのが、このペヨング焼きそばです。
このパクリ商品のような商品は、まるか食品製だったので、これを食って応援したいと思いました。
ネタとしても優れていますし、同じ社内でパクリ商品を出すなんて粋だと思いませんか?
確かに、日本の食品事情では、トップブランドをパクったパッケージが多いのです。
たぶん、一目見て「これだ!」と分からなければ、なかなか売れないのでしょう。
もちろん、身分相応なものとして、パクリ商品ばかりをありがたがって食っているわけですが、由緒正しい、まるか食品のまがい物を食えるなんて幸せではありませんか。
でも、今のところ発見できていないのです。
やっぱり西はUFOなんですかね?
でもUFOもなかなかの値段です。
それならば、普通のまがい物でも良いのです。

ダウンロード.jpg
せめて、このペヤングソースだけでも欲しいのですが、店になかなかありません。
通販だと送料が高いので、買う気になれません。
見つけるまでは、オタフクソースのまがい物で我慢します。

つづき
posted by 超画伯 at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記