2018年10月05日

必要以上に物事を大きく言う面々

PK1N6274.jpg
日本人がそうなのか、岡山県民がそうなのかは分かりませんが、必要以上に話を盛る面々には注意するべきでしょう。
特に、自分が真面目に仕事をする場合は、気をつけなければならないことです。
物事を大きく見せて言うということは、自分のやっていることを何倍にも大きく膨らませて見せることで、その点に何の問題があると思う人もいるかもしれませんが、つまり言っていることの何分の一しか実際には仕事をしていないということです。
実のところ、そういう虚構の中で話を膨らませて人気を稼ごうとする人は多いと思います。
おそらくは、そういう人のインチキを理解した上で話に乗るという事もあるでしょう。これは、自分も楽が出来るという計算もあるかもしれません。
この状態で回るのであれば、実力者不在で、大した結果にはならないのだから、そう問題は無いのかもしれませんが、真面目に働く人が中にいるのであれば、その人がすべて尻ぬぐいすることになってしまいます。
そして、その実際に働いた人は実績をすべて持っていかれることになります。

個人的に信用できない連中というのは以下のような特徴があります。

●物事をとにかく大きく話す
●知り合い自慢ばかりする
●自分が目立てそうな場合だけ寄ってくる
●表と裏で話が違いすぎる
●「あの人は良くない」とか実像とはかけ離れた人物像を作り上げて、こちらに話してくる
●絶対にあり得ないポジティブ系の未来像を話てくる
●自己批判はできず、何でも人のせい
●自己批判はするが、謙虚な自分を演出しているのがみえみえ
●腰ぎんちゃくで主人と人格を同化している
●八方美人

実際に、自分と「あの人」は知り合いという手口で近づいてくることは多い・・で実際にそうなのか?と「あの人」に聞いてみると、「いやそんな人は知らない」という回答がかえってくることも多い。
とりあえず有名人らしき人の知り合いであることで、そういう知り合いがいるのは凄いという田舎イズムを利用しまくる人も多いと思います。

これらと関わらないで済むのであれば問題はないのですが、こういう連中はあまりにも多いということです。
関わらないことは不可能なので、言っていることは話半分以下で聞いておいたほうが良いのでしょう。
ともあれ、こういった虚構で作られた世の中であるのならば、今の社会の劣化も頷けるところではありますが・・

posted by 超画伯 at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
リンク集