2018年05月26日

意味がない

K_1P7344(1).jpg
何とか立ち上がろうとするも、体が重く、立ち上がることができない日々・・毎日歩いてはいますが、それがむしろダメージになって、ますます体が動かなくなってしまったりで思うように回復してくれません。
同時に、何事も空虚に感じてしまって、何を見ても面白く感じることはありません。これが病気のせいなのか、もともとそうなのかは分かりませんが、何か心の動くものを探そうとしても見つからずの状態・・日々の散歩でもそういったものは見つからずで、いったい何に期待して歩いているのでしょうか?
この世界は、そもそも面白くなかったのではなかったのか?
素晴らしいと思い込もうとしていただけなのでは?
ぼくは、何枚も絵を描いていますが、いったい何のために描いているのでしょう?そもそも意味なんかは無いことは以前から理解はしていましたが、他に出来ることが無いのだから仕方がないと思いながら、絵を描くという行為を行っていました。
その絵は、自分に負荷のかかる動画の一枚一枚です。負荷のかかる、やってる感こそが今までの価値だったのかもしれません。

SDQH1067.jpg
作品を作ることには、必要以上の時間を要します。要領が悪いのかもしれません。
絵を描くへりには、いつも黒く大きなカメラが置いてあります。そもそも、作品をつくるための一工程の道具にすぎなかったのですが、一瞬で絵が出るという安易さから、いつまでも作業工程の先が見えないアニメーションのストレスから逃げるための道具になりました。それほど深い意味はないのですが、それを思うとき、なんとも言えない気持ち悪さを感じることがあります。
この黒い物体は、何のためにあるのか?どう考えても、今の自分には過剰なものです。目的を逸脱しているとしか思えません。おそらく、買うときは高揚感でもあるのでしょうが、今は、それがどうだったかも思い出せません。
当然出てくる絵が面白いわけもなく、ただあるものをフレームにおさめているだけです。
新たな発見があるとするならば、素晴らしい道具なのかもしれませんが、正直絵を描く行為に比べても創造性に劣りますし、肝心の発見も出来ないのであれば、ただの黒い気持ち悪い物体にすぎません。

posted by 超画伯 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

2018年05月25日

夜中に歩いています

PK1N8161_.jpg
(PENTAX K-1/SMC PENTAX-FA 35mm F2)
なかなか体力が回復せずですが、とにかく筋力が落ちているため、体にダメージの少ない夜に散歩をしています。
今のところ、まだ涼しいので、なんとか歩けます。

最近は、自律神経も弱って、ネットもあまり見れませんし、炎天下だと、すぐにへばってしまって、一日を台無しにしてしまう感じなので、極力ダメージの少ない方法で運動しなければなりません。

つづき
posted by 超画伯 at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

きよこのくら 名曲喫茶「時の回廊」 上映会

きよこのくら_表面-[更新済み].jpg
「きよこのくら」

2018年6月20日(水) 名曲喫茶 時の回廊にて上映

第一回上映 13:30開場 14:00上映  第二回上映 16:30開場 17:00上映

中村監督のトークあり ※中村の体調によって変更あり 名曲喫茶 時の回廊 岡山県倉敷市下津井田之浦1-16-22 TEL:070-5522-1622
上映案内は随時更新してまいりますので fb永瀬清子生家保存会 及び公式サイト www.nagasekiyoko-hozonkai.jp を閲覧ください!

入場料金1500円 入場料+珈琲付
※制作支援のお礼としてお送りした鑑賞券は、こちらの会場でもお使いいただけます。鑑賞券使用の場合は、
+珈琲代金500円を受付でお願いします。

きよこのくら時の回廊_裏面-[更新済み].jpg

↑クリックで拡大します。

よろしくお願いいたします。
posted by 超画伯 at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 上映会

2018年05月11日

忘れ去られていたレンズ

PK_17767_.jpg
(PENTAX K-1/SAMYANG 8mm f2.8 umc fish-eye)
今日は、車検に行きました。
車自体に興味が無く、こんなにコストがかかり、リスクのある乗り物に、できれば乗りたくないのですが、地方暮らしもありますし、しぶしぶ乗っています。
以前は、車も興味がありまして、それはそれは夢を抱いていたものですが、いつの間にか、ただただ面倒で、掃除も怠る始末です。

デジカメなんかもですが、始めたころは、それはそれは夢を抱いておりまして、初心者にありがちな、いかにも特徴の分かりやすいレンズといいますか、魚眼レンズとか購入していました。
今は、ハイクオリティーなものも含め色々と出ていますが、SAMYANG(サムヤン)というブランドのレンズが店に出回りはじめたころは、8mmの魚眼と14mmの超広角と85mmの中望遠の3種類しか無かったように思われます。実は、それ以前からOEMで何種類かのレンズが売られてはいたのですが、そんなこと知るよしもありません。韓国のブランドですね。
とりあえず、29800円と格安だったこともあって、3種類とも買ってしまいました。
最初はうれしかったのですが、左上の隅の減光が著しくて、気になってくるとすぐに飽きてしまいました。で、何年も防湿庫で眠っていたわけです。
これにかかわらず、他のレンズに関しても飽きははやくて、最近は買わないほうが良いのではないかと思っていたりします。
テレビが4Kになってもつまらないのと同じで、実のところ面白い意図のある写真でも撮らないと、いくら高精細に撮れても意味はないのです。
ぼく自身映像作品を作ったり、絵を描いていたりするので、その点はよく分かっているつもりではあります。なんですが、なんでもかんでも作品となると重すぎるので、ちょっと気楽に遊べて、あっさり出力できる、デジカメでストレス発散とかできたらという言い訳から、惰性で写真を撮っていたりします。作品ではないということにすれば、プライドも必要ないですしね。
今年、仕事で病気になったこともありまして、ますます無理はできません。

ところで、このレンズ、K-1のクロップ機能だと左上の減光無くなりました。万歳!

つづき
posted by 超画伯 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

2018年05月07日

最近カメラを見なくなった

SDQH1051.jpg
(SIGMA SD Quattro H/ TAMRON 90mm F2.5 MACRO[52BB])
最近、カメラを持って歩いている人が少なくなりました・・
もしかしたら、自分が、そういう人たちのいるところに行かないからか、それとも、自分自身が動かなくなったからなのか?観光地や名所などに興味がない・・
普通に考えてみれば分かるのですが、カメラをもっている人は、より増えています・・スマホですね。
より簡単な手段が増えたのだから、大きなカメラを持ち歩く人が少なくなるのも当然でしょうし、SNS等で共有するならばなおのことでしょう。
ぼくは、最近、うつ病を患ったことによって、以前よりSNSを圧倒的に見なくなりました。なんか馬鹿馬鹿しいと思うからです。ちょっと飯を食ったり遊びに行ったりしてそれをアップして承認欲求を満たすとか何の意味があるのだろうと思ってしまいます。

PK_18788.jpg
(PENTAX K-1/SIGMA 20mm F1.8 EX DG ASPHERICAL RF)
では、スマホとの差別化からか、ミラーレスも含め、年々巨大化するカメラシステムを持って何ををするのかといえば、無意味なものを撮ったりして歩いているだけです。
以前は、外に出れば何かあるという期待感から、レンズも沢山持って歩きましたが、最近はカメラに1つレンズをつけて、それで撮ってみたりしているだけです。以前のは、写真に対する興味から、レンズを比較するという意味もあって多く持ち歩いていました。
でも、しばらくそれを繰り返してみると、好みはだいたい決まってきます。好まないものは当然使わなくなってしまい、防湿庫の中で眠っています。
まず、ズームレンズ・・これは本当に使わなくなりました。基本的に絵が好みではない場合が多くて、便利といえば便利なんですが、収差もあって好きになれません。たぶん、新機種にも興味を持たないと思います。
そういえば、ぼくは、あまり便利さというものに興味がないのかもしれません。
最近使っている機材は、PENTAX K-1、SIGMA SD Quattro H、SONY α7Uの三機種です。その中でも多く使っているのはSIGMA SD Quattro Hで次にPENTAX K-1です。α7Uは、もっぱら便利な道具として使っている感じで、時々サブ機として使っている感じです。撮った物体の輪郭のキワの処理と言いますか、どうも絵が好きになれませんので、ブログにアップすることも少ないです。
ただ、αには、ズームレンズは買ってみようとは思っています。将来性が高いシステムだし、とりあえず利便性を考えたものだからどこかに行くときに使うかもしれません。

SDQH1359.jpg
(SIGMA SD Quattro H/SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM)
結局のところ、なぜ意味もなく写真を撮るかと言いますと、買ってしまった機材がもったいない気がするからです。あと、何か行動に意味を持ちたい・・
何か仕事が無い限り、機材の更新は当分ないでしょうが、本当に必要なのはごく少数。
スポーツを撮らず、飛行機や車を撮らずで、動き物は撮らないのだから、もう十分すぎるのかもしれませんね。

posted by 超画伯 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記
リンク集