2017年06月09日

壊したカメラが帰ってきた

写真日記なんだけど、写真はありません・・
カメラが壊れたのは落としたからであります・・どんくさくなったものです。
最近、座りっぱなしで作業しているので、本来は一時間ぐらいは歩くべきなのでしょう・・それも、最近は体力を無駄に食ってしまい眠くなってしまうので、ひたすら作業をしています。
しかしながら、やはりと言いますか、ブクブクと太りますし、ストレスで日記も増えてしまうわけです。
どうこう言いながら壊れたカメラは家に何個か転がっています。
これを直せばよかったのでしょうが、デジタルの印象的なサービス期間の短さを思うと買い替えというか買い足しになってしまっていたのが現状です。実際は以前からサービスの保証期間は長くなかったのですが、10年という歳月があまりにも早く感じるようになってしまったことも大きな要因です。

つづき
posted by 超画伯 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真日記

比較的早く目覚めるが

seisaku.jpg
今日は、はっきりと夢を覚えています。

何かの研修旅行のような感じの夢で、船に乗って出かける。
世界や登場人物は、なぜかドラえもんのような絵柄
おそらく学校の研修なのですが、3人組で、行先で遺跡調査しようという話になる。
到着後、水の中にアクアラングを付けて潜る。
調査を続けようとしていると、アクアラングを付けた他の男が調査を阻止しようと潜ってくる。よく見れば、研修先の講師のようだ。
自分以外の残りの二人、一人は女性で一人は遺跡が専門の男の学生だが、調査を諦めてしまう。
講師が多くの人に説明して、結果としては、夢物語を探そうとしていると、他の研修生たちにバカにされることになる。
自分だけ再び潜る。これは海ではない。水は汚い。
今度は講師三人が阻止するために潜ってくる。
なんとか戦っているうちに、水の入り口の水門のような部分の壁に、メガマウスザメらしい化石を見つける。
全身の化石なのだが、軟骨魚であるサメの全身の化石なんかあるのだろうか?と疑いを持つも、諦めてしまった二人に報告のために水の中から顔を出して。
「メガマウスの化石があった」「遺跡ではないけど、学生としての成果としては十分なものじゃないだろうか?」
と話しかけたところで目が覚める。

こんな感じですが、色々と半信半疑な気分はあるものの、気分の良い目覚めを迎えました。
その後すぐに制作にとりかかります。
これは一種の覚え書き。
posted by 超画伯 at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | きよこのくら関連
リンク集